ホーム » ネット接続 » mineo

[レビュー]mineoのデータSIM(シングルタイプ)の通信速度はどれくらい?


mineo(マイネオ)は、MMD研究所「2020年3月格安SIMサービスの満足度調査」1位に選ばれるなどの多くの賞を受賞していて、顧客満足度が高いサービスを提供しています。

docomoやau、ソフトバンクの回線が選べるだけでなく、通信容量も細かく選べて目的に合ったプランを見つけやすいです。

とても評判の良いmineoについて、どれくらい快適に使うことができるか、実際に回線の通信速度を測定してみました。



通信速度の計測条件


今回のレビューでは、mineoのシングルタイプ(データ通信のみ)のDプラン(docomo回線)で計測を行いました。計測条件は以下のようになっています。

プラン シングルタイプ(データ通信のみ)
回線 Dプラン(ドコモ) 
調査日時 2020年5月 
調査場所 神戸市中央区 
使用端末 [パソコン+モバイルルーター]
東芝dynabook (OS: Windows 10 Home)
+
NECモバイルルーター

[スマホ]
Sharp Aquos R2 Compact (OS: Android)




平日と休日の通信速度


mineoのデータSIM(シングルタイプ)を使って、平日と休日の各時間帯の速度を計測してみました。結果は以下のようになりました。

[平日の通信速度]

 時間帯 通信速度(平日)下り/上り
7:30 ~ 8:30  
10:00 ~ 11:00  
12:00 ~ 13:00  
15:00 ~ 16:00  
18:00 ~ 19:00  
21:00 ~ 22:00  


[休日の通信速度]

 時間帯 通信速度(休日) 下り/上り
7:30 ~ 8:30  
10:00 ~ 11:00  
12:00 ~ 13:00  
15:00 ~ 16:00  
18:00 ~ 19:00  
21:00 ~ 22:00  



まず、休日は一日中安定して25Mbps以上の速い速度が出ていて、とても快適に使うことができました。

平日は、昼間の時間帯(12:00 ~ 13:00)で速度の低下がみられました。下りの速度が2Mbps前後となっていました。ただ、少し遅いかなとは思いましたが、意外と動画を見るのは問題ありませんでした。途中で止まることなく最後まで見ることができました。インターネットについては、画像が多いページでは、テキストは高速に表示され、しばらくたってから画像が遅れて表示されるという感じでした。文字を読んでいる間に、画面の表示が完了するというイメージです。

また、朝の時間帯(7:30 ~ 8:30)でも10Mbpsとなっていて、若干速度の低下が見られましたが、この速度であれば問題なくインターネットを使うことができます。


平日の昼間と朝の1時間くらいを除けば、とても快適に使うことができる


mineoのデータ通信は、昼間のランチタイムに速度が大きく低下しました。また、朝の通勤時間帯も速度の低下が見られます。ただ、この時間帯(各1時間程度)を除けば、通信速度は安定して25Mbps以上出るので、とても快適に使うことができます。

速度が安定して高速なので、スマホで使うのはもちろんのこと、モバイルルーターに挿してパソコンやタブレットから使うのも全く問題ありません。

動画を見たり音楽を聞きながら、メールの送受信やネットで調べ物をしたりするのも快適です。





パケット放題にすると最大500kbpsで使い放題になる

   

mineoではパケット放題オプションがあります。通信速度は500kbps程度になりますが、ネットが使い放題になります。月額350円で利用できます。

スマホアプリや管理ページにある「mineoスイッチ」を押すだけで、簡単にパケット放題に切り替えることができます。ONにすると即時反映されます。




実際にパケット放題にして通信速度を測定してみると0.67Mbps(670kbps)となり、500kbpsよりも高速でした。測定するタイミングによっては、500kbpsを下回ることもありますが、結構使える速度が出ています。





500kbpsがどれくらいの速度かというと、以下のようになります。

用途 状況 
インターネット テキストはサクサク表示されるので気になることはない。画像が多いページは、表示完了までに時間がかかるが、テキストを読んでいる間に、少しずつ表示されていく。
YouTubeの視聴 画質を360p程度に設定すると停止することなく見れる。画質もそれほど悪くなく、快適に見ることができる。
Yahooニュースを読む 画像は遅れて表示されるが、テキストの表示は速い。多少もたつく感じはあるが、ニュースを次々読んでいくのも問題ない。
LINEの送受信 テキストやスタンプのやり取りでは問題なし。
ファイルサイズの小さな画像は大丈夫だが、大きな画像を含める場合は少し時間がかかる。
メールの送受信 テキストの送受信やサイズの小さなファイルを添付するのは問題ない。ファイルサイズの大きな添付ファイルを送受信する場合は少し時間がかかる。 


500kbpsの速度を使ってみると、「意外と快適に使える」というのが正直な感想です。

インターネットは多少もたつくことはありますが、テキストの表示は速いです。画像が多くなると、すべてを表示させるのに時間はかかりますが、テキストを読んでいる間に順次表示されていきます。

LINEやメールの送受信も、ファイルサイズの大きな画像やファイルを使わなければ問題なく使えます。

意外だったのはYouTubeで、画質を360p程度にすれば停止することなく快適に見ることができました。

ノートパソコン+モバイルルーターの組み合わせで使ったり、スマホから使ってみたりするのも問題ありません。


パケット放題オプションは月額350円で利用できるので、使い勝手が良さそうですね。それほど速度を必要としない使い方が多いのであれば、容量500MBのプランと組み合わせれば、月額1,050円程度から利用することができます。料金を安く抑えてネット通信ができますし、必要であれば高速通信に切り替えて使用することができます。


   

まとめ

    

mineoのデータ通信は、平日の昼間や朝の通勤時間帯は混みあって速度の低下がみられましたが、それ以外の時間帯は高速な速度が出ていて、とても快適に使用することができます。

また、500kbpsの速度でパケット放題プランは意外と使えることがわかりました。通信容量500MBのプランと組み合わせることで、料金を抑えて利用することができます。


 mineo (公式サイト)





  1. mineoのデータSIMを申し込む方法
  2. [レビュー]UQモバイルのデータSIMの通信速度はどれくらい?
  3. UQモバイルでデータSIMを申し込む方法
  4. ノートPCで格安SIMを利用したネット通信を行う方法
  5. データ通信用の格安SIMカードの選び方
  6. WiMAXのおすすめプロバイダー
  7. 国内・海外のホテルでノートパソコンを使う時に気をつけたい5つのこと
  8. カフェや空港など公衆wifiの危険性とセキュリティ対策
  9. 空港でノートパソコンを取り扱う時の4つの注意点



このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー