ホーム » ネット接続 » カフェや空港など公衆wifiの危険性とセキュリティ対策

カフェや空港など公衆wifiの危険性とセキュリティ対策


外出先で無料で接続できるwifi接続サービスが増えています。駅の構内や空港、カフェや博物館などでこのようなフリースポットと呼ばれる無料の無線LAN接続サービスを使うと、通信費を気にすることなくネットにつながることができます。


出張や旅行などでノートパソコンなどを持っていったときに、このようなサービスを使うとネットで検索ができたり必要な情報を探すことができたりするのでとても便利ですよね。


ただ、このような無料のwifiサービスはたくさんの危険が潜んでいるので注意が必要です。何も知らずに使ってしまうと、メールアカウントを乗っ取られたり、クレジットカードの情報を盗み取られたり、銀行口座にアクセスされてしまいます。


公衆無線LANはのぞき見される危険性がある


多くの人が利用する公衆無線LANで、専用のソフトを使用するとネットーワークを流れる通信内容を簡単にのぞき見できる場合があります。


普通にインターネットで検索をしてアクセスするだけなら特に気にする必要はないのですが、困るのは、出張などで大事な仕事のメールを送った際に、送信先や内容を見られたり、ログインに必要なIDとパスワードを盗み見られたりといったことです。


機密事項にあたることや個人情報につながるデータが悪意のある人にわたってしまうと、非常に怖いですよね。他人が自分になりすまして勝手にメールを送ったり、twitterやfacebookのアカウントを乗っ取られたり、最悪自分の銀行の預金が盗まれたりなどするという危険性があります。


このような危険性があるため、公共の場所での無線LANサービスを利用する際は、十分に注意する必要があります。


でも、公共の無線LANサービスは暗号化されているから大丈夫なんじゃないの?と思われるかもしれませんね。しかし、それは大きな間違いです。



暗号化されているからといって安全ではない


公共のwifi通信で暗号化されていないネットワークは論外として、たとえ暗号化されていたとしても通信が覗き見される可能性は残ります。


というのも、公衆wifiでは暗号化のためのキーが公開されています。同じwifiネットワークであれば誰もが同じキーを使ってアクセスできます。暗号化のキーが公開されているということは、そのキーを使えば暗号化した通信を復号できることになります。つまり、暗号化された内容でもその中身を見ることができるようになるのです。


結局のところ、通信が暗号化されているからといっても公衆無線LANでは暗号化されていないのとあまり変わらない状況なのです。





SSLを使っているから大丈夫?


通信を暗号化するには無線LAN自身の暗号化に加えて、インターネットではSSLでの通信があります。ネットでメールアカウントやtwitter、facebookのアカウントにログインする際には通常SSLで暗号化された状態になっています。これはとても安全な方法なのですが、2014年にはPOODLEというSSLの脆弱性が見つかり、SSLでもその通信内容を盗み見することができることがわかりました。


自宅や会社など正しい通信が保証されている場合には全く問題ないのですが、公衆無線LANのように不確かな通信が行われる場合には、SSLといえども安全とは言い切れません。



オンラインバンクやクレジットカード番号入力、IDとパスワードが必要なログイン操作は避ける


かといって、出張や旅行などで外出した際に公衆LANを使いたい場合がありますよね。


どうしても使いたい場合には、ネット検索でホームページを閲覧するだけに限るなど、人に盗み見られても問題ない操作だけにすると良いです。


間違ってもクレジットカード番号を入力するような操作や、インターネットバンキングで銀行口座にアクセスしたり、メールアカウントやfacebookなどのIDやパスワードを入力するような操作はしないことです。出張などで重要なメールを送るようなことも避けましょう。個人情報や機密性の高い情報は扱わないということを覚えておきましょう。


通常のサイト閲覧やネットサーフィン程度なら全く問題ありません。



個人用VPNで安全にアクセス


公衆無線LANでは通常のサイト閲覧程度におさえておくのがいいと書きましたが、出張や旅行などの外出時にノートパソコンやタブレットなどを安全に公衆無線LANに接続させる方法があります。それは以下に紹介するVPNを利用することです。VPNは通信自体を暗号化する方法で、これを導入している企業も多くあります。自宅から会社のパソコンに接続するなど、利用したことがある人もいると思います。


でも、個人で利用するのは無理なんじゃないの?と思うかもしれませんが、最近は個人でもVPNを利用することができるようになりました。


まだまだ個人用VPNサービスは少ないのですが、ソースネクスト社からWi-fiセキュリティというソフトが発売されています。Windows、Mac、iOS、Android含めて5台までインストールすることができます。公衆無線LANからでもVPN接続できますので、安心してネット接続できます。


これで安心してメールも送れますし、facebookやtwitterなどのウェブサービスも利用できますね。


このエントリーをはてなブックマークに追加












プライバシー・ポリシー