ホーム » 選び方 » モバイルノートPCに光学ドライブは必要?

モバイルノートPCに光学ドライブは必要?


以前、出張にノートパソコンを持って行ったことがありました。Windowsノートパソコンで光学ドライブ(DVDマルチドライブ)がついているタイプのものです。よくある一般的なノートパソコンです。


ノートパソコンを持って行った理由は、顧客に開発中のソフトウェアの動作状況を見せるというもので、システム一式をインストールして、さらにPowerPointで作成した資料をパソコンの中に入れていました。


出張先には電車に乗って1時間半ほど行き、さらに駅からバスに揺られて20分ほどかかりました。都内でしたので、 途中車内で立っている時間も長く、パソコンが重いなと思ったことをよく覚えています。夏の暑い日だと、ノートパソコンが入った鞄が背中にびっちりくっついて汗だくになりました。あれはちょっとうんざりしましたね。


ただ、そうは言っても、ノートパソコンが便利だなと思うのは、システムの動作確認や実際の資料などをお客さんにパソコンの画面を見ながら確認してもらえるということです。紙に印刷した資料だけでは、どうしてもイメージをつかみきれない部分がたくさん出てきてしまいます。納品近くになって、「考えていたのとちょっと違う」ということになってやり直し ということにもつながりかねません。持って行ったパソコンを実際に触ってもらってイメージを掴んでもらえるので、打ち合わせにノートパソコンは欠かせません。


何回か出張に行って気がついたのですが、顧客先では動作確認をしてもらったり資料を見せるというだけで、DVDマルチドライブなどの光学ドライブは一度も使う場面がありませんでした。もし、光学ドライブがなければノートパソコンは もっと軽くなって持ち運びに便利になっていたと思います。電車で立っている間も、もう少し快適な気分でいられたので はないかと思います。


ホテルに宿泊したときに光学ドライブは必要になるか?


別の機会には出張で飛行機を使って千葉から九州に飛び、そこで2日ほど宿泊するということがありました。 このときもノートパソコンを持参していました。


顧客のところで実際に打ち合わせやプレゼンをするのは上で書いたのと同じなのですが、今回は宿泊するホテルで打ち合わせの議事録をWordでまとめたりといった仕事をしたり、 パソコンを使ってネットを見たり、動画鑑賞をしたりしました。テレビを見ていてもしょうがないですし、ネットの方がニュースなどを簡単にチェックできますしね。


このようなホテル滞在型の出張も何回も経験しましたが、残念ながら光学ドライブにDVDやCDを入れることは 全くありませんでした。



出張や旅行中に光学ドライブが必要になる場面とは?


光学ドライブを使う場面というのは、ソフトをインストールする、音楽を聴く、動画DVDを見る、データをバックアップするという用途がほとんどです。


出張や旅行先でCDからソフトをインストールすることなどほとんどありませんし、データをバックアップするとしたとしても大容量のUSBメモリにコピーすれば大丈夫でしょう。光学ドライブである必要性はあまりありません。


ホテルなどでリラックスしたときに音楽を聴きたいということはあるかもしれませんね。 ただ、好きなアーティストのCDを持って行ってパソコンで聞くというのはあまりお勧めできません。 今は音楽もデータ化して持ち歩く時代ですので、もし好きな音楽を出張先でも聞きたいということであれば、 予めデータ化してパソコンに取り込んでおきましょう。



持ち運び用にはDVDドライブがないタイプのものが実用的


結局、出張や旅行用に持っていくノートパソコンにはDVDドライブは必要ないです。 DVDドライブがあるタイプのノートパソコンというのは、ないものと比べて厚みがありますし重くなります。 出張や旅行ではパソコンを持って移動することになるので、できるだけ軽くて薄いタイプの方が快適です。 電車で立たなければならなくなっても、重くてストレスになるというようなことがありません。


最近は光学ドライブが搭載されていないノートパソコンが増えてきました。私が出張で持ち運びする際も、以前は光学ドライブつきのパソコンでしたが、とうとう光学ドライブがない薄くて軽いノートパソコンに変わりました。 そして、このパソコンになってからというもの、出張がとても快適なのです!


何しろ軽い!移動がとても楽になりました。そして、薄いので鞄にいれてもかさばりません。


使わない光学ドライブ付きのノートパソコンよりも、光学ドライブがないノートPCの方が持ち運びには実用的ですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加












プライバシー・ポリシー