ホーム » セキュリティ » おすすめのハードディスク暗号化ソフト

おすすめのハードディスク暗号化ソフト




おすすめのハードディスク暗号化ソフトをご紹介します。

DESlock Plus Pro


暗号化対象 ・ハードディスク全体、SSD全体
・外付けハードディスク、USBメモリ、SDカード等のリムーバブルメディア
・メール
・ファイル、フォルダ
その他機能 PC起動時に認証することにより第3者による起動を防ぐ
ゴミ箱内のデータなど不要になったデータを完全抹消
 開発元 キャノン 



Canonの製品です。CanonはESETセキュリティという高いウィルス検出率を誇るセキュリティソフトも開発していて高い人気があります。そして、このソフトも同様に暗号化や不要なデータの削除機能など、セキュリティを高める機能について高い信頼性があります。


市販されている暗号化ソフトのほとんどはPCに内蔵されたハードディスク(SSD)全体を暗号化することはできないのですが、このソフトは内蔵ハードディスク全体(ブートドライブ、データドライブともに)を暗号化することができます。唯一といってもいいくらいのソフトです。


ハードディスクの暗号化は内蔵のハードディスクを取りだして別のパソコンで読みだすのを防ぐのには強いのですが、元々のパソコンを起動してIDとパスワードでログインすると中身が見れてしまいます。万が一パソコンが盗難にあって第3者にIDとパスワードが知られている場合にはデータを見られてしまいます。


しかし、このソフトではOS起動時に認証をかけることができますので、パソコン自体の起動もブロックすることができます。暗号化にパソコンの起動制御をくわえることで、よりセキュリティを高めることができます。


また、外付けハードディスクやUSBメモリなど、紛失しやすい外付けメディアも暗号化することができます。ハードディスク全体だけでなく、ファイル単位やフォルダ単位で暗号化することも可能です。


最近ではネットワーク通信からの情報漏えいも増えています。メール本文の暗号化やファイル自体の暗号化にも対応していて、機密性の高い情報を安心して送信することができます。


詳細はこちら →  DESlock Plus Pro


LB メディアロック3


暗号化対象 ・外付けハードディスク、USBメモリ、SDカード等のリムーバブルメディア
・ファイル、フォルダ
その他機能 秘密領域の有効制限の設定
パスワード入力回数制限機能等
 開発元 ライフボート


ハードディスクやリムーバブルメディアの空き領域に対して、暗号化領域を作成するソフトです。暗号化領域内に保存されたデータはすべて自動的に暗号化されます。外付けハードディスクやUSBメモリなどは、まっさらな状態で暗号化領域を作成すれば全体を暗号化することができます


システム領域があるため、内蔵ハードディスク(Cドライブ)全体の暗号化には対応していません。ただし、内蔵ハードディスクでも空き領域に暗号化領域を作成することはできます。


ファイルやフォルダ単位での暗号化にも対応しています。


パスワードの入力間違いによる入力回数の上限を設定することができ、パスワードの認証失敗による制限回数に達した場合は、秘密領域は自己破壊される機能もあります。パスワードの総当たり攻撃を防ぐことができます。


米国標準技術局(NIST)による暗号化方式AES(256ビット鍵)を採用していて、強固なセキュリティを実現しています。


家族とPCを共用しているが自分だけのデータを保存したい場合や、仕事のデータを持ち帰ることがあるがメディアの紛失に伴うデータの流失が心配、手軽にデータを暗号化したいというような場合に最適です。



詳細はこちら →  LB メディアロック3


アイアンセキュリティ ファイル暗号化4


暗号化対象 ・ファイル、フォルダ
・テキスト
その他機能 USBキーの作成(暗号・複合をUSBから自動的に実行)
パスワード入力回数制限機能等
 開発元 シルバースタージャパン


ファイルやフォルダ、テキストを暗号化するソフトです。内蔵ハードディスク(Cドライブ)全体の暗号化には対応していません。ディスク全体ではなく、一部のデータだけ暗号化したい場合には手軽に利用できます。


民間企業や財団法人、公的機関など多くの組織での導入実績があります。


米国商務省により新しい暗号化方式として承認されたRijndael(ラインダール)に加えて、ECB暗号化方式を結合することでファイルを暗号化しています。解読には、スーパーコンピュータを使用しても100年以上かかる計算です。


ドラッグアンドドロップでの暗号化・復号化の操作や、メインプログラムを起動しなくても、エクスプローラからのファイル操作で暗号化・復号化が行えます


一般的なパスワードによる暗号化・複合化に加えて、USBキーによる方式も利用することができます。通常暗号化すると暗号化に必要な鍵情報も同じハードディスク内に保存され、鍵情報を読み取られてしまうリスクがあります。


しかし、USBキーを利用すると、鍵情報が同一のハードディスクではなくUSBキーに保存されますので、セキュリティを高めることができます。また、毎回パスワードを入力する手間が省けますし、そのUSBがないと複合化することができなくなり、セキュリティ面でも安全です。


USBキーの合いカギを作る機能があるので、USB自体をなくしたり壊してしまった場合の心配がありません。


パスワードの入力ミスによる入力可能な回数を制限することが可能です。第3者に間違ってそのファイルが渡ってしまった場合でも、指定した回数を越えてパスワードの認証に失敗した場合は、ファイルは自己破壊され復元不可能な状態になります。もちろん、この制限を設定せずに無制限とすることもできます。



詳細はこちら →  アイアンセキュリティ ファイル暗号化4


このエントリーをはてなブックマークに追加












プライバシー・ポリシー