ホーム » おすすめ » レノボIdeapad Slim 550 14型(AMD)レビュー

[レビュー]レノボIdeapad Slim 550 14型(AMD)は10万円以内で購入できる高性能な軽量ノートPC



レノボIdeapad Slim 550 14型(AMD)は、14インチのサイズで約1.4kgの軽量なノートパソコンです。13型と15.6型の良いところをあわせ持ち、持ち運びのしやすさと作業のしやすさが両立しています。

非常に性能の高いRyzenをCPUに搭載していて、とても高速に動作します。指紋センサーやカメラのレンズカバー、周辺機器との接続に必要なポート類もしっかり搭載しています。

しかも、価格は6万円台からとなっていて、非常にコストパフォーマンスが良いです。

実際にレノボIdeapad Slim 550 14型(AMD)を使ってみましたので、レビューをご紹介します。


詳細はこちら → Ideapad Slim 550 14型(AMD)(直販サイト)




このページの内容



最新の高性能CPUを搭載し、10万円以下の価格で購入できる


レノボのIdeapad Slim 550 14型(AMD)は、ADM製のCPUであるRyzenシリーズを搭載したノートパソコンです。最新世代のCPUとなっていて、今回のレビューではRyzen 5 5500Uを搭載したモデルを使用してみたところ、前世代のRyzen 5 4500Uよりも約20%性能がアップしていました。非常に高速に動作します。




ネットやWord、Excelを使った書類作成などの一般的な作業はもちろんのこと、プログラミングなどの作業にもしっかり使える性能です。とても快適に使うことができるでしょう。

とても高い性能で快適に使うことができるうえ、価格は6万円台からとなっています。コストパフォーマンスが非常に優れた製品です。



14インチのサイズ、約1.4kgの軽さで自宅だけでなく、外出先へも携帯できる


サイズは14インチとなっています。軽くて持ち運びに便利な13インチのノートPCの良いところと、広い画面で作業がしやすい15.6インチのノートPCの良いところを兼ね備えています。

本体の大きさを確認してみたところ、A4ノートよりも横幅が少しだけ大きかったです。奥行き方向はA4と全く一緒でした。A4の資料やノートと一緒のサイズ感で使いやすいです。




重さは約1.41kgでした。1kgを切るような超軽量モバイルノートPCと比べると重くはなりますが、十分に軽くできています。簡単に部屋から部屋へ移動して使うことができますし、カバンに入れて外出先に持ち運ぶことも問題ありません。ただ、長時間持ち歩くのであれば、もう少し軽いほうが楽だと思います。車で移動するような場合や、歩く場合でも30分程度であれば問題ないでしょう。





本体の厚みは下の写真のような感じになります。スッキリとしています。




A4ノートと一緒にPCをカバンに入れたところです。A4サイズで厚みが抑えられているので、カバンに入れてもスッキリ入りました。仕事で使う資料や、私物を入れるスペースもしっかりあります。




テレワークでノートPCを持って自宅と会社を往復したり、ノマドワークでカフェや図書館で作業をするというような場合でも、持ち運びがしやすいノートパソコンです。

14インチの画面サイズがあるので、作業がしやすいというのもうれしい点です。




使いやすいシンプルなデザイン


天板のカラーはシルバー、キーボードはグレー(パームレスト)+ブラック(キー)の組み合わせとなっています。シルバーを基調としたカラーなので、場所を選ばず使えるのがうれしいです。




天板は下の写真の通り、とてもシンプルです。製品のロゴはなく、変わりにメーカーのロゴが小さくあるだけ。とても控えめなのが良いですね。部屋の雰囲気にもあわせやすいですし、会社やカフェで使っていてもしっくり馴染みます。




前から見たところです。スタンダードなデザインなので作業に集中でき使いやすいです。






ディスプレイ


ディスプレイのサイズは14インチで、フレーム部分がとてもスリムになっているので見た目も良いです。

IPS液晶が搭載されています。sRGBカバー率は68.1%となっていて、一般的なディスプレイです。色表現が重要になる画像や動画編集などのクリエイティブな作業には向いていないかもしれませんが、WordやExcelなどを用いた書類作成などの一般的な作業には全く問題なく使うことができます。




上や横からなど、角度を変えて見ても色合いが変わるようなことはありません。見やすいディスプレイです。




解像度は1920×1080(フルHD)です。タッチパネルではないので、画面に触って操作することはできません。







キーボード


キーボードです。両端にはスピーカーが搭載されています。テンキーは搭載されていません。キーの配置や間隔などに特に気になる部分はなく、快適に入力できるでしょう。




打鍵感が良いキーボードで、心地よくタイピングできました。




Backspaceキー、Enterキー、Shiftキーとすぐ左隣のキーがくっついていますが、個々のキーに十分な大きさがあるので、問題なく使うことができます。




タッチパッドです。




バックライトにも対応しています。セミナーやプレゼンなど、照明が暗くなる部屋などで作業をするときに便利です。








セキュリティ


セキュリティとしては、カメラのレンズカバー(プライバシーシャッター)と、指紋センサーが搭載されています。なお、カメラには顔認証機能はありません。

レンズカバーがあると、気がつかないうちにカメラに映っていた、ということを防ぐことができます。ZoomやTeams、Skypeなどでオンライン会議をしているときに、確実に撮影をOFFにすることができるので安心です。




指紋センサーは電源ボタンと兼用になっています。コロナ禍でマスクをしていることも多いので、マスクを外す必要がある顔認証よりも指紋認証の方が使いやすいかもしれません。





スピーカー


スピーカーはキーボードに搭載されています。左右の端に1つずつ、大きめのスピーカーが搭載されています。




実際に音楽を聴いてみたところ、音質は良かったです。音楽を聞くことはもちろんのこと、Zoomミーティングなどでの音声も聞きやすいと思います。よりしっかり聞きたい場合には、イヤホンやヘッドフォンを使うと良いでしょう。






テレワークやオンラインレッスンの受講もOK


上で解説したように、レノボIdeapad Slim 550 14型(AMD)には、カメラとマイク、スピーカーが搭載されていますので、テレワークで仕事をしたり、英会話や資格取得などのオンラインレッスンを受講することが問題なくできます。




自宅で仕事をしたり、また子供や自分自身の学習のために、オンラインで学べるようになります。




バランス良く搭載されたポート類


搭載されているポート類は以下のようになっています。

・HDMIポート
・USB3.0ポート×2
・USB Type-Cポート×1
・SDカードスロット
・マイク・ヘッドフォンジャック



ポート類の構成としては使用頻度の高いものが搭載されていますので、周辺機器を接続するのに困ることは少ないでしょう。






HDMIポートがあるので、プレゼンで使ったり、モニターを追加して作業をすることも簡単にできます。




実際にHDMIケーブルを使ってモニターと接続してみたところ、問題なくPCの画面を映すことができました。




また、USB Type-Cポートは画面出力にも対応しています。USB Type-Cに対応したディスプレイをつなげば、プレゼンなどにも対応することが可能です。







バッテリー持続時間は最大14時間


バッテリーの持続時間は最大で14時間となっています。実際はもう少し短くなりますが、フル充電しておけば半日程度はしっかり作業することができるでしょう。

ACアダプターは下の写真のようになっています。アダプターとコードが一体になっています。コンセント部分が折りたためないのが少し残念ですが、アダプターとコードが一体だとどちらかを忘れる心配がないので、持ち運ぶときなどに便利です。




全体の重さは218gでした。手のひらの半分程度の大きさです。




USB Type-CポートにPower Deliveryのモバイルバッテリーを接続すると、充電することが可能です。今回は最大20W出力のモバイルバッテリーを用いて、PCの電源がOFFの状態で充電することができました。






性能と仕様の確認


レノボ Ideapad Slim 550 14型(AMD)の性能と仕様を確認してみましょう。

モデル名  Ideapad Slim 550 14型(AMD)
OS Windows 10 Home   
CPU Ryzen 3 5300U
Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U

Ryzen 5 4500U
メモリ 8GB / 16GB 
ストレージ
SSD 
SSD 256GB / 512GB  
光学ドライブ -  
サイズ 14インチ     
液晶 1920 ×1080(解像度) IPS液晶 フルHD
光沢なし 
グラフィックス  AMD Radeonグラフィックス
HDMI  〇  
USBポート USB3.0 × 2
USB Type-C × 1 
Office 選択可
Office Home and Business  
有線LAN なし  
無線LAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac  
重さ 約1.4kg  
バッテリー駆動時間 最大14時間 
保証 1年(有償で3年)  



今回レビューに使用したモデルの仕様は以下のようになっています(メーカー貸出機)。

OS: Windows 10 Home
CPU: Ryzen 5 5500U
メモリ: 8GB
ストレージ:SSD 256GB


OSはWindows 10 Homeとなります。Windows 10 Proは選択できません。

CPUは最新のRyzen 5000シリーズと一つ前のRyzen 4000シリーズから選べます。CPUの性能は以下のようになっています。Ryzen 3 5300Uでも高い性能ですが、Ryzen 5 5500Uを選択しておくと、より長く快適に使い続けることができるでしょう。
 




メモリは8GBまたは16GB、ストレージはSSDとなっています。快適に使うことができるでしょう。


Microsoft Office Home and Businessを搭載したモデルも選択することができます。Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteが含まれていますので、ビジネス用途にも問題なく使えます。



ベンチマーク


CPUとストレージのベンチマークをPassmarkという専用のソフトを使って計測しました。使用したパソコンのスペックは上述の性能と仕様の確認の項をご参照ください。


まず、CPUです。スコアは14961となりました。非常に高いスコアです。インターネットやメール、SNS、WordやExcelなどのソフトを使った書類作成などの作業はもちろんのこと、負荷のかかる処理にもしっかりと使うことができます。




続いてストレージのアクセス速度です。スコアは9727となりました。やや低めのスコアとなりましたが、体感的には全く問題ありません。高速に動作する性能です。パソコンの起動や終了、アプリの動作やデータの読み書きがとても快適になります。







レノボIdeapad Slim 550 14型(AMD)の外観チェック


レノボIdeapad Slim 550 14型(AMD)の外観をチェックしてみましょう。

まず、天板の様子になります。天板のカラーはシルバーで、とても上品な仕上がりです。Lenovoのロゴが小さくあるだけのとてもシンプルなデザインです。




厚みが抑えられていて、圧迫感を感じずに使うことができます。




見やすいディスプレイを搭載していて、快適に作業ができます。










後方から見たところです。




天板がシンプルで、シルバーの爽やかな色合いなので、場所を選ばずに使うことができます。







各側面の写真です。













まとめ


レノボIdeapad Slim 550 14型(AMD)は、非常に性能の高いCPUを搭載し、高速に動作するにもかかわらず、10万円以内で購入できるコストパフォーマンスに優れたノートパソコンです。

周辺機器との接続に必要なポート類やディスプレイの品質なども問題なく、必要に応じて持ち運べる携帯性の良さもあります。

非常にバランスがとれているノートパソコンで欠点もほとんどないので、良い性能のノートパソコンを安く購入したいという人は是非検討してみてください。


詳細はこちら → Ideapad Slim 550 14型(AMD)(直販サイト)



  1. Lenovoの持ち運びに便利な軽いノートパソコン
  2. [レビュー]Lenovo Yoga Slim 750i Carbon おしゃれで超軽量なノートパソコン
  3. [レビュー]レノボIdeapad Flex 550i (15)は持ち運べる軽量な15.6インチノートPC
  4. [レビュー]Lenovo Yoga Slim 750i (14)は自宅でも仕事でも使いやすい軽いノートPC
  5. 持ち運びに便利なおすすめの軽量ノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー