ホーム » おすすめ » Lenovo Yoga Slim 750i Carbon

[レビュー]Lenovo Yoga Slim 750i Carbon おしゃれで超軽量なノートパソコン



Lenovo Yoga Slim 750i Carbonは、13.3インチのサイズで1kgを切る超軽量なノートパソコンです。カバンに入れてもかさばらずにスッキリと入り、楽に持ち運ぶことができます。女性にも優しいノートパソコンです。

筐体はホワイトのカラーとなっていて、とても美しいデザインです。性能も高く、高いパフォーマンスを発揮するノートPCだということを証明する、インテルのevoプラットフォーム認証を受けています。

ポート類がUSB Type-Cのみとなっているので、周辺機器をつなぐときには外付けのアダプターを用意した方が良い場合があるかもしれません。

Lenovo YOGA Slim 750i Carbonを実際に使用してみましたので、レビューをご紹介します。


詳細はこちら →  Lenovo YOGA Slim 750i Carbon(直販サイト)




このページの内容





1kg以下の抜群の軽さ


Lenovo YOGA Slim 750i Carbonの大きな特徴の1つが、重さが1kgを切る超軽量ノートパソコンだということです。非常に軽くて、実際に持った時は「かるっ!」と思わず声が出てしまいました。それくらい軽いです。




実際に重さを計ってみると962gとなっていました。パソコンを使う時に、ちょっと移動したり、自分の部屋からリビングやキッチンに移動して使うということがありますが、そのような場合でも簡単に持ち運べます。また、仕事で会社などの外出先に持ち運ぶということもあります。そのような場合でも、肩が凝らずに疲れにくくなるので良いですね。特に女性にとってはうれしいです。




サイズは13.3インチで、本体の大きさはほぼA4サイズです。下の写真はA4ノートと比較したところで、横幅や奥行きはぴったり一致しました。




本体がとても薄くできているので、カバンの中に入れても十分なスペースがあります。仕事で会社と自宅を往復したり、ネットカフェなどに持って行ったりというようなことも簡単にできます。A4サイズの超軽量なノートパソコンなので、携帯性は抜群です。








作業がはかどる高い性能


搭載されているCPUはインテル製のCore i5またはCore i7となります。いずれも、前の世代のCPUよりも30%以上性能が高くなっていて、高速な処理が可能です。

また、最新世代のインテル製CPUは、グラフィックス性能も高くなっています。ゲーミングPCやクリエイティブ向けのPCほどではないのですが、従来の一般向けノートPCよりも2倍以上も高いグラフィックス性能になっています。ライトな画像や動画編集が快適に実行できます。




実際、上の写真にあるように、高速な動作や長いバッテリー駆動時間など、インテルの厳しい基準をクリアしたEvoプラットフォームの認証を受けています。



透明感のあるカラーとスリムなデザイン


Lenovo YOGA Slim 750i Carbonのもう一つの特徴が、非常に透明感のあるカラーが採用されていて、スタイリッシュなデザインのノートパソコンであるということです。カラーバリエーションはホワイトのみとなります。他の色は用意されていません。




天板もキーボードも、すべてホワイトで統一されています。インテリアにも良く調和しそうですね。また、スタバなどのカフェで使ってもかっこ良く使えそうです。






高精細なディスプレイ


ディスプレイはIPS液晶が搭載されていて、とても映りが良いです。実際、sRGBカバー率は98.6%となっていて色域が広く、豊かな色彩表現が可能です。動画や画像が綺麗に映ります。また、解像度は2560×1600(WQXGA)となっていて、一般的なフルHD(1920×1080)のディスプレイよりも高精細です。




IPS液晶ということもあり、違う角度から画面を見ても綺麗に表示されます。見やすいディスプレイです。





タッチパネルではありませんので、指で触って操作することはできません。








キーボード


レノボ製品全体に言えることですが、キーボードはとても入力しやすいです。特に打鍵感はとても良く、心地良くキーをたたくことができます。




キーの大きさや間隔など、特に気になる点はありません。Enter周りのキーで隣同士のキーがくっついている箇所がありますが、それぞれのキーの大きさがしっかりあるので、打ち間違えるということはありませんでした。






タッチパッドも良い感じで使うことができます。




キーボードバックライトにも対応しています。暗い場所で作業するときに便利です。







周辺機器と接続するためのポート類


周辺機器の接続に必要なインターフェース(ポート類)は以下のようになっています。
   
・USB Type-C×3(うち2つはThunderbolt 4)
・マイク・ヘッドフォンジャック

基本的にはUSB Type-Cポートが3つだけのシンプルな構成です。USB Type-Aポートを採用する周辺機器がまだまだ圧倒的に多いので、USBハブやアダプターなどがあると良いかもしれません。






とはいうものの、Thunderbolt 4に対応しているUSB Type-Cポートは結構便利です。ディスプレイ出力にも対応しているので、USB Type-Cに対応したモニターをつないで表示することができます。テレワークなどで外部モニターをつないで、2画面で作業するということができるようになるので、作業がはかどります。




もし、USB Type-Cポートに対応したモニターがないという場合には、下の写真のようなUSB Type-CポートをHDMIに変換するアダプターがあると安心です。





このアダプターを使ってモニターを接続してみました。下の写真のように、問題なく画面を映し出すことができます。


詳細はこちら → USB Type-C & HDMI変換アダプター









カメラとマイク、スピーカー


カメラとマイクはディスプレイ上部に搭載されています。カメラは顔認証に対応しています。




スピーカーは本体底面に搭載されています。Harman Kardon製のスピーカーで、サウンドシステムはDOLBY ATMOSが採用されているので、音質はとても良いです。音楽や動画をしっかり楽しむことができます。




カメラとマイク、スピーカーが搭載されていますので、テレワークや資格取得などのオンラインレッスンでZoomやSkypeなどを使う際にも、しっかりと対応することができます。



セキュリティ


上述のように顔認証に対応したカメラが搭載されています。他人の顔ではログインできなくなりますので、自分以外の人がPCを使用することを防ぐことができ、セキュリティを高めることができます。

指紋センサーは搭載されていません。

顔認証に用いられる情報は、TPMセキュリティチップと呼ばれる強固なセキュリティを持ったチップ内に厳重に保存されます。PCを破壊してこのチップを取り出しても、絶対に情報を抜き取ることはできないので安心です。







最大14時間のバッテリー駆動時間と小型で超軽量のACアダプター


バッテリー持続時間は最大で14時間となっています。

ACアダプターは下の写真のようになっています。本体と合わせたホワイトのカラーです。非常に小型で手のひらの半分以下のサイズです。重さはわずか181gとなっていて、ノートパソコンで使われるACアダプターの中でもトップクラスの軽さです。カバンに入れて持ち運ぶのも全く邪魔になりません。






また、USB Type-CポートはPower Deliveryにも対応しています。今回、最大20W出力が可能なPower Delivery対応のモバイルバッテリーを接続してみたところ、電源OFFの状態で充電することができました。




詳細はこちら →  PD対応モバイルバッテリー





スペックと仕様の確認


Lenovo Yoga Slim 750i Carbonのスペックと仕様は以下のようになっています。

OS Windows 10 Home  
CPU Core i5-1135G7 / Core i7-1165G7 
メモリー 8GB / 16GB
ストレージ SSD 512GB / 1TB
 サイズ 13.3インチ 
無線LAN
有線LAN -
光学ドライブ -
SDカードスロット -
HDMI -
USBポート USB Type-C × 3
(うち2つはThunderbolt 4)
ディスプレイ IPS液晶
解像度:2560×1600(WQXGA)
バッテリー駆動時間 最大14時間
重さ 966g


今回のレビューで使用したノートPCの主な仕様は以下の通りです(メーカー貸出機)。

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i7-1165G7
メモリ:16GB
ストレージ:SSD 1TB


Lenovo Yoga Slim 750i Carbonは、CPUにCore i5、メモリ8GB、SSD 512GBのモデルと、CPUにCore i7、メモリ16GB、SSD 512GBのモデルの2種類がラインナップされています。

この2つのモデルそれぞれについて、Officeを搭載したモデルとそうでないモデルの2つがあり、合計で4種類のモデルがあります。

インターネットやメールをしたり、WordやExcelなどのOfficeソフトを使って書類作成や閲覧をする、動画や画像を見たりするといった一般的な用途であれば、Core i5、メモリ8GBのモデルで問題なく使うことができます。

もし、より負荷のかかる作業をしたり、より高速で快適な環境をということであれば、Core i7、メモリ16GBのモデルを選択すると良いでしょう。

Officeソフトを搭載したモデルには、Office Home and Businessが搭載されますので、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteを使うことができます。






ベンチマーク


CPUとストレージ(SSD)の性能を専門のソフトを使って計測しました。計測に用いたPCのスペックについては、この上の「スペックと仕様の確認」の項をご確認ください。

まず、CPUです。Passmarkというソフトを使って計測した結果、スコアは11139となりました。とても高い値で、快適に使うことができる性能です。




続いてSSDの読み書きの速度です。スコアは17309となりました。十分に速い速度です。パソコンの起動や修了、アプリの動作が高速になり、快適に使うことができます。







外観のチェック


それではLenovo Yoga Slim 750i Carbonの外観を確認してみましょう。

まず、天板になります。クリアなホワイト色がとても清々しいです。手で触っても指紋がつきにくくなっています。




本体はとてもスリムです。くわえて、A4サイズで綺麗なカラーなので、デスクの上に置いても爽やかです。




正面から見たところです。ディスプレイのフレームがとてもスリムで、画面を広く使える感じがします。見た目的にもとても洗練された印象があります。










後ろ側から見たところです。










本体の各側面の写真になります。













まとめ


Lenovo Yoga Slim 750i Carbonは重さがわずか966gしかない、非常に軽量なノートパソコンです。A4サイズでコンパクトなので、カバンに入れて持ち運ぶのも全く問題ありません。

美しいカラーとデザインというのもうれしいですね。とてもかっこ良く使うことができます。

ポート類の種類が少なく、必要であれば外付けのアダプターを用意する必要がありますが、性能も高く、しっかりと快適に使うことができます。

軽量でデザインの良いノートパソコンを探している方は、是非検討してみてください。


詳細はこちら →  Lenovo YOGA Slim 750i Carbon(直販サイト)




  1. Lenovoの持ち運びに便利な軽いノートパソコン
  2. [レビュー]Yoga C740(14) デジタルペンが標準で付属したスタイリッシュな2in1 PC
  3. [レビュー]レノボIdeapad Flex 550(14)シリーズはペン標準付属でタブレットにもなる軽量ノートPC
  4. 1kg以下の超軽量ノートパソコン
  5. おしゃれで持ち運びできる軽量ノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー