ホーム » おすすめ » ThinkBook 14

[レビュー]レノボThinkBook 14は広い画面で快適に作業できる軽量ビジネスノートパソコン



レノボのThinkBook 14は14インチの広めのディスプレイで、快適に作業ができるノートパソコンです。

最新のCPUと高速に動作するSSDを搭載しているため、サクサクと快適に動作します。カメラとマイクも搭載し、テレワークにも使うことができます。

指紋センサーやカメラカバー(ThinkShutter)も搭載し、セキュリティ機能もしっかりしています。周辺機器との接続に必要なインターフェースも充実していて、有線LANポートやHDMIポート、複数のUSBポートも搭載されています。

しかも、5万円台の価格からラインナップされていて、コストパフォーマンスにも優れています。

Lenovo ThinkBook 14を実際に使用してみましたので、レビューをご紹介します。

詳細はこちら →  Lenovo ThinkBook 14(直販サイト)





このページの内容



広めの画面で作業がしやすく、時々持ち運べる軽量なノートパソコン


Lenovo ThinkBook 14は14インチのディスプレイを搭載しています。少し広めの画面なので、文字が見やすくて快適に作業することができます。ディスプレイが小さくなると、文字サイズが小さくなりますので、これくらいの大きさだと見やすくて良いですね。




14インチなのでA4ノートよりは少しだけ大きくなります。A4サイズの資料と一緒に運ぶのも問題ありません。




今回レビューに用いたPCの重さは約1.58kgでした。カタログ掲載値も約1.5kgとなっています。とても軽いというわけではありませんが、持ち運ぶことができる軽さです。頻繁に持ち運ぶというよりはむしろ、自宅や会社などに据え置いて使うことをメインにして、必要に応じて時々持ち運ぶという使い方が良いでしょう。




本体の厚みは約17.9mmとなっています。厚みが抑えられているので、カバンに入れてもかさばりません。




実際に筆者が使っているビジネスカバンにも問題なく入りました。肩から提げても、問題なく持ち運べます。







シンプルで使いやすいデザイン


ThinkBook 14はシルバーで統一されたさわやかな色合いをしています。天板には製品名であるThinkBookのロゴと、メーカー名のLenovoのロゴが刻印されています。




ディスプレイを開いて後ろ側から見ると、下の写真のような感じになります。材質の色合いを活かしながら、シンプルなデザインに仕上がっているので、プライベートで使うのも仕事で使うのも問題ありません。使用する場所にうまく溶け込んでくれます。




ディスプレイ側から見ると、下の写真のようになります。キーボードやディスプレイはスリムになっていて、さわやかに使えます。




キーボードです。グレイのキーにホワイトの文字が刻印されていて、本体のカラーともマッチしています。






最新CPUを搭載し、コスパが良いノートパソコン


ThinkBook 14は最新世代のCPUを搭載しています。実際に使用してみると、パソコンの起動や終了は速くて快適に使えました。高速に動作するSSDを搭載しているというのも効いています。

もちろん、アプリの動作も快適で、ファイルもストレスなく開けますし、ネットや動画閲覧も全く問題ありません。Officeソフトを使った書類作成や閲覧なども、サクサク動く性能です。

価格は5万円台からとなっています。Officeを搭載した高性能なモデルでも10万円前後で購入できます。コストパフォーマンスがとても良いです。





インターネットへはWi-Fiと有線LANで接続できる


インターネットはWi-Fiで接続できるのはもちろんのこと、有線LANポートがあるのでLANケーブルを挿しても接続できます。

Wi-Fiの接続が安定しない場合や、より高速な通信を行いたい場合にLANケーブルで接続できるので便利です。

テレワークでZoomなどのビデオ会議ソフトを使って仕事を進める場合、接続が切れないようにLANケーブルが使えると安定して仕事ができます。





キーボード


キーボードは下の写真のようになっています。中央下部にタッチパッドがあり、電源ボタンが右上に配置されています。




キー同士の間隔や入力したときの打鍵感は問題ありません。快適に作業ができます。Lenovoのキーボードは定評がありますので、とても使いやすいです。




キーボードの右側については、右端のキーが隣のキーとすき間なしで引っ付いている部分がありますが、それぞれのキーに十分な大きさがあるので問題なく入力できます。




タッチパッドです。




キーを拡大したところです。




バックライトにも対応しています。照明が落ちるセミナー会場や夜行バスの中で作業をするようなときには、手元が見えて作業がしやすいです。







ディスプレイ


ThinkBook 14のモデルの多くはIPS液晶が搭載されています。下の写真のように、真正面からだけでなく、上や横からなど、角度を変えて見ても鮮やかな表示が可能です。

テキスト情報を使った作業をするだけでなく、動画や画像を見るときも綺麗に表示されるので、とても見やすくなります。








ただ、一部のモデルではIPS液晶ではないディスプレイが搭載されています。IPS液晶は視野角が広い(どの角度から見ても綺麗に表示される)というのが特徴ですので、非IPS液晶では見る角度によって映り方に変化が出るかもしれません。下の画像のように、IPS液晶には「IPS」という表示がありますので、ディスプレイを選ぶ際の参考にしてもらえればと思います。



非IPS液晶の方は若干価格が下がります。もし映り方や見え方にこだわりがなく、少しでも安いほうが良いという場合には、非IPS液晶を選択してみてください。



テレワークに使えるカメラとマイクを搭載し、必要に応じてカメラを遮断できるカメラカバーを搭載


ThinkBook 14にはディスプレイ上部にカメラとマイクが搭載されています。

テレワークで自宅やカフェなど、オフィス以外の場所でも、ZoomやSkypeでコミュニケーションをとりながら仕事を進めることができます。

また、カメラにはカバーをかけることができます(ThinkShutter)。
カメラが動作している状態であっても、カバーがあることによって絶対に撮影されることはありません。レンズカバーは手で左右にスライドさせることで、ONとOFFの切り替えができます。




ZoomやSkypeなどのビデオ会議で、自分自身や自分の部屋を見られたくないような場合などに使えます。間違ってビデオ通信の設定になっていたとしても、カバーをかけておけば絶対に自分が映ることはありません。

また、セキュリティを高める効果もあります。最近ではカメラを乗っ取って、PCを操作する人の情報を盗むビジュアルハッキングを行うウイルスも出回っています。万が一ウイルスに感染しても、カバーがあれば撮影される心配はなくなります。


標準でインストールされているRealtek Audio Consoleを使用すると、マイクの調整ができます。ビデオ通話で自分の声の音質を高めることができます。







指紋センサーを搭載しているから他人の使用を防止でき、ログインも簡単になる


電源ボタンに指紋センサーが搭載されています。電源ボタンを押すのと同時に指紋認証が機能しますので、ログイン画面で二度押しする必要がありません。文字通り、ワンタッチでPCの起動とログインが完了します。




指紋センサーがあれば、他人が勝手にPCを使うのを防ぐことができ、セキュリティの向上に役立ちます。





すぐにSkypeに応答できる


キーボードの右上部にはSkype着信・切断用の専用ボタンが配置されています。仕事でSkypeをよく使う人はとても便利になると思います。









有線LANなど、充実のインターフェース


ThinkBook 14に搭載されているポート類は、下の写真のようにとても充実しています。






USBポートが3種類で合計5つ搭載されています。USB3.1×2、USB2.0×1、USB Type-C×2となっています。外付けハードディスクやUSBメモリーなど、複数のUSB機器を同時に接続することも可能です。

USB2.0ポートは下の写真のように、カバーを開けることで使えるようになっています。無線マウスのレシーバーを挿しっぱなしにしておくことができ、しかもカバーをすることで、誤ってひっかけたり壊してしまったりすることを防ぐことができます。邪魔にならずに使うことができます。




また、有線LANポート、SDカードスロットも搭載されています。SDカードスロットはフルサイズのものに対応していますので、デジカメやビデオカメラ、スマホやポータブルプレイヤーなどで利用するSDカードを使うことができます。








モニターにつないでプレゼンを行ったり、ディスプレイ2つで作業が快適にできる


ThinkBook 14にはHDMIポートも搭載されています。HDMIケーブルでパソコンとモニター・プロジェクターをつなぐと、プレゼンにも対応できます。




また、ノートPCの画面だけではなく、別モニターを新しい作業画面としても利用することができます。デュアルディスプレイ(2つのディスプレイ)で作業が進みやすくなりますので、テレワークなどで作業する際にも役立ちます。



Windows 10 Proを選択可能


ThinkBook 14はOSにWindows 10 Homeだけでなく、Windows 10 Proも選択することができます。

Windows 10 Proを選択すると、リモートデスクトップやHyper-Vという仮想環境が使えるようになります。

また、bitlockerと呼ばれる機能が使えるようになり、ストレージ全体を暗号化することができます。外に持ち出したときに万が一パソコンが盗難にあっても、ストレージが暗号化されているのでデータを盗み見られる心配がなくなります。大事なデータを守ることができるので安心です。






最大8.9時間のバッテリーとACアダプター


ThinkBook 14のバッテリーは最大8.9時間使えます。1日フルで使うのにはやや短いかもしれませんが、短時間の作業であれば大丈夫です。



ACアダプターは手のひらに収まるサイズで、344gとなっています。






スペックと仕様の確認


Lenovo ThinkBook 14のスペックを確認してみましょう。

 OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i3-10110U / Core i5-10210U
Core i3-1005G1 / Core i5-1035G1 / Core i7-1065G7 
メモリー 4GB / 8GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
ハードディスク: 500GB / 1TB / 2TB
SSD + ハードディスクの構成にカスタマイズすることも可能
無線LAN
有線LAN
光学ドライブ -
SDカードスロット
 HDMI
USBポート USB3.1 × 2
USB Type-C × 2 
USB2.0×1
ディスプレイ Full HD IPS液晶(1920x1080)
Full HD (1920x1080)
光沢なし
サイズ 15.6インチ
 Officeソフト Office Home and Business 
Office Personal
重さ 1.5kg
バッテリー持続時間 約8.9時間
 保証 1年(有償で2~5年まで延長可) 
価格  5万円台~


今回のレビューで使用したのは、以下のものです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-10110U
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB


CPUはCore i3 / Core i5 / Core i7で、それぞれUシリーズのものとGシリーズのもの(CPUの末尾にUまたはGがつく)がラインナップされていましたが、現在はGシリーズを搭載したモデルのみ選択できます。最新世代のCPUで、性能はCore i3 < Core i5 < Core i7となります。

メモリは最大8GB搭載することができます。

インターネットやメールの送受信、Officeソフトを用いた書類作成などの軽めの作業が中心であれば、CPUにCore i3やCore i5を選択すれば大丈夫です。Core i5、メモリ8GBを選択すると、長く快適に使うことができるでしょう。この構成であれば、価格も抑えられてコストパフォーマンスがとても高いです。

もし、より高い性能ということであれば、Core i7、メモリ8GBの構成を選択してみてください。この組み合わせの構成でも、他のノートPCと比較しても十分に割安で購入できます。

OfficeソフトはOffice Home and BusinessまたはOffice Personalを選択できます。Word、Excel、PowerPoint、Outlookが必要であればOffice Home and Businessを、Word、Excel、PowerPointだけでよければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはPowerPointが含まれていません。





CPUとストレージの性能評価


CPUとストレージの性能をPASSMARKというソフトを用いて測定しました。

まずCPUです。CPUはCore i3-10110Uです。Core i5、Core i7よりも低い値ですが、ネットやOfficeソフトを使うなど、軽めの作業であれば軽快に動く性能です。




続いてストレージです。SSDを搭載していて、非常に高いスコアが出ました。とても高速に動作します。





外観のチェック


それではThinkBook 14の外観を確認してみましょう。

天板のカラーはシルバーとなっていて、左右の両隅にLenovoとThinkBookのロゴが刻印されています。中央に何もないので、全体的にシンプルな印象を受けます。




本体の厚みは約17.9mmで、厚みが抑えられています。




前から見たところです。










スリムな作りなので、圧迫感が抑えられてスッキリ使うことができます。




真横から見たところです。




キーボードです。




後ろ側から見たところです。








本体の各側面の写真になります。
















まとめ


Lenovo ThinkBook 14は14インチで約1.5kgの重さのノートパソコンです。14インチの画面があるので作業がしやすいです。頻繁に持ち運ぶのは少し難しいかもしれませんが、十分に持ち運べる軽さなので、時々は外に持ち出して使用することも可能です。

性能面も良く、またシンプルなデザインなので、プライベートからビジネスまで幅広く使うことができます。テレワークに活用するのも良いですね。


詳細はこちら →  Lenovo ThinkBook 14(直販サイト)



  1. [レビュー]ThinkPad X390はビジネスで使えるコンパクトで軽量なモバイルノートPC
  2. [レビュー]レノボIdeapad S540(15)は持ち運べる軽い15.6インチノートPC
  3. [レビュー]ThinkBook 13sは高性能で持ち運べるビジネスノートPC
  4. [レビュー]DELL Latitude 14 7400はテレワークにも便利なビジネスノートパソコン
  5. 指紋センサー搭載のノートパソコン
  6. SIMフリー/LTE対応ノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー