ホーム » おすすめ » ThinkBook 13s

[レビュー]ThinkBook 13sは高性能で持ち運べるビジネスノートPC



Lenovo ThinkBook 13sは13.3インチの大きさで、薄くて軽いノートパソコンです。出張に持って行ったり、自宅とオフィスの往復で持ち歩くのにも便利です。性能も高く、Intel製のCore iシリーズのCPUと、8GBまたは16GBのメモリを搭載でき、快適に動作します。

指紋センサーやカメラカバーが搭載されていてセキュリティも高く、大事なデータを守ることができます。シンプルなデザインで様々な場面になじみやすく、ビジネス用途にも使いやすいです。

しかも、価格もこなれていて、10万円を大きく切る価格帯から購入できるのもうれしいポイントです。

Lenovo ThinkBook 13sを実際に使用してみましたので、レビューをご紹介します。


詳細はこちら →  Lenovo ThinkBook 13S(直販サイト)





このページの内容



13.3インチ、約1.3kgの軽いノートPCで持ち運びがしやすい


Lenovo ThinkBook 13sは重さが約1.3kgのノートパソコンです。1kgを切るモバイルノートPCと比べると若干重さがありますが、片手でも簡単に持ち上げることができ、十分に軽くて持ち運びがしやすいです。




実際に重さを計測してみました。約1.3kgとなっていてカタログ掲載値とほぼ同じでした。




サイズは13.3インチです。A4ノートとほぼ同じ大きさです。仕事ではA4サイズの資料をよく使いますが、それらと重ねてもサイズがほぼ同じでかさばりません。








本体は薄くできています。奥から手前にかけて薄くなるようになっていて、デザイン的にもかっこいいです。デスクの上に置いても圧迫感がなく、スッキリとしています。





筆者の使っているビジネスカバンに、Lenovo ThinkBook 13sを入れてみました。A4ノートとほぼ同じ大きさなので、かさばることなく収まりました。本体が薄くなっているので、カバンの中のスペースにも余裕があります。











ビジネスに最適なスリムでシンプルなデザイン


Lenovo ThinkBook 13sはカラーがシルバーで、しかもとてもシンプルなデザインをしているので、仕事で使いやすいです。オフィスで使う、顧客の元でプレゼンをする、カフェで使うなど、様々な場面にすぐに馴染みそうです。




ロゴは天板に2つあります。右下に製品名のThinkBookのロゴがあり、左上にメーカーのLenovoのロゴがあります。ロゴが隅っこにあって中央部分が何もないので、シンプルな印象を受けます。肌触りも良く、アルミニウムでできた素材の質感とシルバーの色合いが高級感を感じさせます。




ディスプレイとキーボードが薄くなっていて、とてもスリムです。




本体がスッキリしていると、使っていてとてもかっこよく見えますね。




キーボードはシルバーの背景にダークグレーのキーが並んでいます。









振動や衝撃に強い堅牢なボディ


本体はアルミニウムでできていて、丈夫な作りになっています。耐久性テストもしっかり行われていて、持ち運びが多い環境でも安心して使うことができます。




また、データを保存するストレージはSSDとなっていて、振動や衝撃に強いのが特徴です。PCを持ち運ぶ場合でも、データを安全に保存できます。





インターネットへの接続はWi-Fiで


インターネットはWi-Fiで接続します。LANケーブルを挿したり、SIMカードによるLTE通信はできません。





カメラレンズカバーを搭載していて、安心してカメラが使える


一般的なノートパソコンでは、カメラだけしか搭載されていないことが多いのですが、Lenovo ThinkBook 13sにはレンズカバー付きのカメラが搭載されています。

レンズカバーがあることによって、カメラ自体にカバーをかけることができるようになります。カメラが動作している状態であっても、カバーがあることによって絶対に撮影されることはありません。レンズカバーは手で左右にスライドさせることで、ONとOFFの切り替えができます。




Skypeミーティングで声だけで参加したいような場合などに使えます。間違ってビデオ通信の設定になっていたとしても、カバーをかけておけば絶対に自分が映ることはありません。自宅からSkype会議に参加するような場合などにも役立つでしょう。

また、セキュリティを高める効果もあります。最近ではカメラを乗っ取って、PCを操作する人の情報を盗むビジュアルハッキングを行うウイルスも出回っています。万が一ウイルスに感染しても、カバーがあれば撮影される心配はなくなります。






指紋センサーを搭載しているから他人の使用を防止でき、ログインも簡単になる


電源ボタンに指紋センサーが搭載されています。電源ボタンを押すのと同時に指紋認証が機能しますので、ログイン画面で二度押しする必要がありません。文字通り、ワンタッチでPCの起動とログインが完了します。




指紋センサーがあれば、他人が勝手にPCを使うのを防ぐことができ、セキュリティの向上に役立ちます。





キーボード


Lenovo ThinkBook 13sは、下の写真のようにスタンダードな日本語配列のキーボードになっていて、わかりやすいものになっています。

アルファベットキーや数字キー、記号キーなどの大きさが揃っていますし、EnterキーやShiftキー、半角全角切り替えキーなどの良く使うキーも十分な大きさがあり使いやすいです。




キーボードの左半分です。




キーボードの右側です。BackSpaceキーと「\」など、くっついているものもありますが、特に問題なく入力できました。




本体は13.3インチの大きさがありますので、キー同士の間隔やキーを押したときの深さ(キーストローク)も問題ありません。快適に入力できます。




バックライトにも対応しています。部屋が暗くなるセミナー会場で入力作業を行う場合や、飛行機や夜行バスなどで作業をする場合などにも使えます。







すぐにSkypeに応答できる


キーボードの右上部にはSkype着信・切断用の専用ボタンが配置されています。仕事でSkypeをよく使う人はとても便利になると思います。







フルHD・IPSディスプレイ


ディスプレイはフルHD画質(解像度1920×1080)でIPS液晶となっています。下の写真にあるようにどの角度から見ても綺麗に表示されます。色合いが見る角度によって変化することなく、鮮やかな表示が可能です。

また、ディスプレイを取り囲むフレームが細くなっていて、洗練された印象があります。画面を広く使えますし、細くなった分、本体の小型化と軽量化につながっています。

価格が安いモデルにも、フルHD・IPS液晶が搭載されているので、お得感がとてもあります。














インターフェース


周辺機器との接続に必要なインターフェースは下の写真のようになっています。





HDMIポートがありプレゼンに活用できます。

USBポートは2種類あり、USB Type-C、フルサイズのUSBポート(USB3.1)×2となっています。最近増えてきたUSB Type-Cポートを備えたスマホの接続もできますし、複数のUSB機器を同時に接続することも問題ありません。

ただ、SDカードスロットが搭載されていません。HDMIやUSBポートと比較すると使用頻度は低いのですが、必要であればUSBポートに挿して使うSDカードリーダーを別途用意してください。










Windows 10 Proを選択可能


ThinkBook 13sはOSにWindows 10 Homeだけでなく、Windows 10 Proも選択することができます。

Windows 10 Proを選択すると、リモートデスクトップという機能を使うことができます。自宅や外出先から、オフィスのパソコンにログインできるようになります。

また、bitlockerと呼ばれる機能が使えるようになり、ストレージ全体を暗号化することができます。外に持ち出したときに万が一パソコンが盗難にあっても、ストレージが暗号化されているのでデータを盗み見られる心配がなくなります。大事なデータを守ることができるので安心です。






最大13時間のバッテリーとACアダプター


ThinkBook 13sのバッテリー持続時間は約13時間です。1回の充電で、ほぼ1日使うのは問題ないでしょう。

ACアダプターは下の写真のように手のひらに収まるサイズになっています。




ACアダプターと電源コードを含めて、重さは約279gでした。まずまず問題ないですが、電源コードが少し太いので、若干かさばる感じがしました。




電源コネクタは下のような形状をしています。挿す向きを気にする必要はなく、どちらの面を上にしてもスッと挿せます。急速充電にも対応していて、1時間で約80%の充電が完了します。








スペックと仕様の確認


Lenovo ThinkBook 13sのスペックを確認してみましょう。

 OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-8265U / Core i7-8565U 
メモリー 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
無線LAN
有線LAN -
光学ドライブ -
SDカードスロット -
 HDMI
USBポート USB3.1 × 2
USB Type-C × 2  
ディスプレイ Full HD IPS液晶(1920x1080)
光沢なし
サイズ 13.3インチ
 Officeソフト Office Home and Business 
厚み 15.9mm
重さ 1.34kg
バッテリー持続時間 約13.1時間
価格  7万円台~



今回のレビューで使用したのは、以下のものです。

CPU: Core i5-8265U
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB


Lenovo ThinkBook 13sでは、CPUはCore i5またはCore i7を選択することができます。メモリは8GBまたは16GBから選べます。

ネットを見たり、Officeソフトで書類を作成する、メールを送受信する、SNSをするというような一般的な使い方であれば、CPUはCore i5、メモリ8GBの構成を選択すれば快適に動作します。この構成であれば、価格も抑えられてコストパフォーマンスがとても高いです。

もし、より高い性能ということであれば、Core i7、メモリ16GBの構成を選択してみてください。この組み合わせの構成でも、他のノートPCと比較しても十分に割安で購入できます。






外観のチェック


それではThinkBook 13sの外観を確認してみましょう。

天板のカラーはシルバーとなっていて、左右の両隅にLenovoとThinkBookのロゴが刻印されています。中央に何もないので、全体的にシンプルな印象を受けます。




電源をONにしたところです。








ディスプレイは180度開きます。対面に座った人に見せるのにも便利です。




背面から見たところです。








排気口は後ろ側にあります。アルミニウムのボディにうまく溶け込み、デザイン的にも良い感じがします。




本体の各側面の写真になります。













まとめ


Lenovo ThinkBook 13sは高い性能を持っているうえに、7万円台から購入できる非常にリーズナブルなノートパソコンです。

持ち運んで使うのに便利な大きさと軽さを備えていて、しかも丈夫でセキュリティもしっかりと対策がされています。ビジネス用途に使うのに最適な1台です。

仕事などでノートパソコンを外に持ち出すことが多いような場合には非常に便利ですので、是非検討してみてはいかがでしょうか。


詳細はこちら →  Lenovo ThinkBook 13S(直販サイト)






  1. [レビュー]ThinkPad X390はビジネスで使えるコンパクトで軽量なモバイルノートPC
  2. [レビュー]レノボIdeapad S540(15)は持ち運べる軽い15.6インチノートPC
  3. [レビュー]DELL Latitude 13 3000(3301)は出張などに持ち運びがしやすい軽量ビジネスノートパソコン
  4. [レビュー]DELL Latitude 14 7400はテレワークにも便利なビジネスノートパソコン
  5. 指紋センサー搭載のノートパソコン
  6. SIMフリー/LTE対応ノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー