ホーム » おすすめ » YOGA 650(AMD)

[レビュー]YOGA 650(AMD)は軽くてタブレットとしても使えるスタイリッシュなノートパソコン



Lenovo YOGA 650(AMD)は13.3インチで約1.3kgのノートパソコンです。軽くて使いやすく、外出先にも気軽に持って行くことができます。

CPUにRyzenを搭載していて、とても性能が高く高速な処理が可能です。天板にはデニム生地のようなファブリックが使用されていて、とてもスタイリッシュな外観です。

ディスプレイを回転させることができ、タブレットとしても使用することができます。デジタルペンが標準で搭載されていて、イラストを描いたり文字を書き込んだりすることがすぐにできます。

Lenovo YOGA 650(AMD)を実際に使用してみましたので、レビューをご紹介します。


詳細はこちら →  レノボYOGA 650(AMD)(直販サイト)





このページの内容



CPUにRyzenを搭載しとても性能の良いノートパソコン


レノボYOGA 650(AMD)はCPUにRyzenシリーズ(Ryzen 5 4500U / Ryzen 5 4650 PRO / Ryzen 7 4700U)を搭載していて、とても性能の良いノートパソコンです。

Ryzenシリーズを搭載したノートパソコンは、性能が良いにも関わらず価格が安くなっていることが多く、コストパフォーマンスにとても優れています。




今回のレビューでは、Ryzen 5 4500Uを搭載したモデルを使いました。実際試してみると、キビキビと動いてとても快適に使うことができました。価格は10万円以内で購入できるモデルが多く揃っているので、購入しやすいでしょう。



ノートパソコンにタブレット、デジタルペンが使える


ディスプレイを回転させると、タブレットに変形させることができます。ディスプレイに触って、指で操作することが可能です。




回転角度を調整することで、下の写真のような使い方も可能です。画面だけに集中することができるので、動画を見たり、電子書籍を読んだりするのに便利です。手で持つ必要がなく、画面の角度も調整できるので、楽に使うことができます。




デジタルペンが標準で付属しています。手で持つと下の写真のような感じになります。一般的なペンと同じくらいの太さで持ちやすいです。ディスプレイに書き込む際は、少しツルツルする感じがしましたが、慣れれば問題なく使えると思います。




タブレットとペンが使えると、イラストを描いたりすることがしやすくなります。趣味で絵やマンガを描くのも良さそうです。




仕事で使う場合は議事録の作成などに使えます。直接手書きでき、デジタル化することも簡単にできます。手書きアプリはいろいろありますが、Microsoft Officeに入っているOneNoteがおすすめです。







13.3インチで約1.3kgの軽さだから使いやすい


サイズは13.3インチで重さは約1.3kgです。片手でも楽々持ち上げることができます。気軽に使えるので良いですね。ちょっとした移動も便利です。




実際に重さを計測したところです。




本体の上にA4ノートを置いて、大きさを比較してみました。下の写真のように、本体のサイズはA4ノートとほぼ同じです。




A4ノートと同じくらいの大きさなので、カバンに入れてもかさばりません。他の資料や私物もしっかり入る余裕があります。約1.3kgなので、カバンに入れて持ち運ぶことも楽にできます。カフェや旅行に持って行ったり、出張やテレワークで自宅と会社の往復するのも問題ないでしょう。







デニム生地のようなファブリックカバー


天板は金属でできていますが、表面にデニム生地のようなファブリックが使用されています。とてもファッショナブルなデザインです。色合いも良い感じで、インテリアの一部としても部屋になじみそうです。




ファブリックはしっかりと貼り付けてあるのか、たわみやシワなどは全くありません。しっかりていて、しかも手になじむ感触です。




ディスプレイ側は通常のノートパソコンです。






映りが良く見やすいディスプレイ


ディスプレイのフレームは細く、見た目的にもスッキリしています。sRGBカバー率は99.0%となっていて、正しい色合いで表示することができます。画像や動画など、しっかり楽しむことができるでしょう。




IPS液晶が搭載されていますので、角度を変えて見ても綺麗に表示されます。




タッチパネルになっているので、指で触って操作することが可能です。






キーボード


キーボードは日本語配列のものとなっていて、打鍵感も程よく感じられ使いやすいものに仕上がっています。




キーボードは特に問題ありません。快適に入力できると思います。




EnterキーやBackspaceキーとその隣のキーがくっついていますが、それぞれのキーに十分な大きさがあるので、問題なく入力できました。




タッチパッドです。




バックライトにも対応しています。照明が暗くなるセミナーやプレゼン発表の場などでPC入力を行う場合に便利でしょう。




キーボードの両サイドにはスピーカーが搭載されています。ドルビー・アトモスが採用されているということもあり、実際に音楽を聴いてみたところ、良いサウンドだと思いました。とても聞きやすいスピーカーだと思います。動画や音楽を楽しんだり、テレワークやオンラインレッスンなどで音声を聞くのにも使いやすいと思います。







周辺機器との接続に使用するポート類


周辺機器との接続に使用するポート類は次のようになっています。

・USB3.0ポート×2
・USB Type-Cポート(左側面:電源コネクタ兼用、Power Delivery、DisplayPort)
・USB Type-Cポート(右側面:DisplayPort)
・マイク・ヘッドフォンジャック







搭載されているポート類はややシンプルです。残念ながらHDMIポートやSDカードスロットが搭載されていません。これらのインターフェースを使いたい場合は、アダプターなどを利用するのが良いでしょう。

USBポートは標準サイズ(Type-A)とUSB Type-Cポートが2つずつあるので、
USB機器を接続するのは問題ないでしょう。本体左側面にあるType-Cポートは電源コネクタを兼用します。




プレゼンに使ったりモニターを追加したい時はHDMIに変換するアダプターがあると安心


上述したようにHDMIポートは搭載されていません。USB Type-Cポートがディスプレイ出力に対応しているので、USB Type-Cポートを持つモニターやプロジェクターであればケーブルをつなげばプレゼンなどに使えるのですが、現状はHDMIをサポートする機器の方が圧倒的に多いです。そのため、下の写真のようにUSB Type-CポートをHDMIポートに変換するアダプターがあると安心です。




実際、このアダプターを利用してPCとモニターを接続してみたところ、問題なくPCの画面を映し出すことができました。

詳細はこちら → USB Type-C & HDMI変換アダプター





また、モニターと接続して、PCのディスプレイとモニターの2画面で作業することも可能になります。より多くの作業スペースを確保できるので、作業効率が高まります。テレワークなどで活用するととても良いでしょう。



安心のセキュリティ


キーボードに指紋センサーが搭載されています。ワンタッチでログインが可能になるだけでなく、他人が勝手に使用するのを防止することができます。大事なデータや人に見られたくない情報を守ることができます。




カメラには撮影を防止するカバーが搭載されています。レンズのすぐ上にあるレバーを手で動かすことによって、カバーをかけたり開いたりすることができます。カメラに映りたくないときはカバーをかけておくと安心です。部屋の中や身だしなみなど、プライベートな情報が不用意に見られる心配が低減します。

なお、このカメラは顔認証には対応していません。









テレワークやオンラインレッスンにも使える


レノボYOGA 650(AMD)には、カメラとマイク、スピーカーが搭載されていますので、ZoomやTeams、Skypeなどのソフトを問題なく使うことができます。

テレワークに活用することができますし、英語や資格取得などのオンラインレッスンを受けることも可能になります。

追加で機器を購入しなくても良いので便利ですね。





バッテリー駆動時間は最大21.5時間


バッテリー駆動時間は最大で21.5時間ととても長いです。フル充電しておけば、しっかり使えると思います。

ACアダプターについては、下の写真のようになっています。



手のひらに収まる小型サイズです。重さはケーブルを含めて約300gとなっています。







スペックと仕様の確認


Lenovo YOGA 650(AMD)のスペックと仕様は以下のようになっています。

 OS Windows 10 Home  
CPU Ryzen 5 4500U
Ryzen 5 PRO 4650U
Ryzen 7 4700U
メモリー 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
無線LAN
有線LAN -
光学ドライブ -
SDカードスロット -
 HDMI
USBポート USB3.0 × 2
USB Type-C × 2
ディスプレイ Full HD IPS液晶(1920x1080)
サイズ 14インチ
重さ 約1.5kg


今回のレビューで使用したLenovo YOGA 650(AMD)の主な仕様は以下の通りです(メーカー貸出機)。

OS:Windows 10 Home
CPU:Ryzen 5 4500U
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB


CPUはRyzen 5 4500U、Ryzen 5 PRO 4650U、Ryzen 7 4700Uから選択することができます。性能はRyzen 5 4500U < Ryzen 5 PRO 4650U < Ryzen 7 4700Uとなりますが、どれも十分に高い性能を持っていて、とても快適に使うことができます。普通に使う分にはRyzen 5 4500Uで全く問題ないです。

Ryzen 7 4700Uは非常に性能が高く、ハイスペックノートPCとほぼ同等の性能です。それでいて価格がハイスペックノートPCよりも安くなるのでお買い得です。ただ、Ryzenシリーズを搭載したノートPCは人気があるので在庫なしの状態になっていることも多いです。もし購入できる状態になっていれば早めに行動すると確実に手に入るでしょう。

メモリは8GBまたは16GBから選択でき、ストレージは256GBまたは512GBです。

Officeソフトを搭載したモデルも販売されています。Office Home and Businessが搭載されますので、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteを使うことができます。




ベンチマーク


CPUとストレージののベンチマークをPassmarkという専用のソフトを使って計測しました。使用したパソコンのスペックは上述の性能と仕様の確認の項をご参照ください。


まず、CPUです。Ryzen 5 4500Uのスコアは11414となりました。非常に高いスコアです。インターネットやメール、SNS、Officeソフトを使った書類作成などの作業はもちろんのこと、負荷のかかる処理にもしっかりと使うことができます。




続いてストレージのベンチマークです。スコアは9279となりました。こちらも問題なく使える性能です。パソコンが高速に動作して快適に使えるでしょう。






外観のチェック


それではLenovo YOGA 650(AMD)の外観を確認してみましょう。

まずは、天板を閉じたところです。製品名のYOGAのロゴが左上、Lenovoのロゴが右下にあります。ファブリックカバーが良い感じです。







ディスプレイを開いて前から見たところです。










後ろ側から見たところです。










本体の各側面の写真になります。












まとめ


Lenovo YOGA 650(AMD)はCPUにRyzenを搭載していて、とても高速な動作が可能なノートパソコンです。サクサク動いて作業がはかどるでしょう。

13.3インチで約1.3kgの軽いノートパソコンなので、気軽に使いやすいです。ちょっとした移動や外出先への持ち運びも簡単です。

天板にファブリックカバーを使用しているのも、とてもファッショナブルで魅力的です。とてもスタイリッシュに使えるでしょう。


詳細はこちら →  レノボYOGA 650(AMD)(直販サイト)




  1. Lenovoの持ち運びに便利な軽いノートパソコン
  2. [レビュー]Lenovo Yoga Slim 750i (14)は自宅でも仕事でも使いやすい軽いノートPC
  3. [レビュー]レノボIdeapad Flex 550(14)シリーズはペン標準付属でタブレットにもなる軽量ノートPC
  4. [レビュー]レノボIdeapad Flex 550i (15)は持ち運べる軽量な15.6インチノートPC
  5. 指紋センサー搭載のノートパソコン
  6. おしゃれで持ち運びできる軽量ノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー