ホーム » おすすめ » HP ENVY 13x360 2020年モデル

[レビュー]ENVY x360 13 2020年モデルは高性能でコンパクトな軽量ノートパソコン


HP ENVY x360 13の2020年モデルは、スリムでコンパクト、そして軽いという使い勝手の良いノートパソコンです。

最新のCPUを搭載していて、とても性能が良いです。タブレットPCとしても使うことができてデジタルペンでの入力にも対応し、幅広い使い方ができるのも便利です。映りの良いディスプレイを搭載し、セキュリティ機能もしっかりしています。

これだけの充実の性能を持っているにもかかわらず、7万円前後の価格から購入でき、とてもコストパフォーマンスに優れています。

今回HP ENVY x360 13の2020年モデルを使ってみましたので、レビューをご紹介します。


当サイト限定割引クーポン配布中です。合計価格が12万円以上の場合7%の割引となります。詳しくは下記リンクをご参照ください。ENVY x360 13は個人向けPC用のクーポンを利用すると割引が適用されます。

当サイト限定割引クーポン → HP限定クーポン


詳細はこちら →  HP ENVY x360 13 (直販サイト)




このページの内容


ノートパソコンとしてもタブレットとしても使える便利なPC


HP ENVY x360 13はノートパソコンとしてだけではなく、タブレットPCとしても使うことができます。1台で2役の使い方ができてとても便利です。




タブレットPCとして使う場合は、下の写真のような形になります。ディスプレイをくるっと後ろ側に回すことで実現できます。PCが角度を感知してくれるので、スマホと同じように、縦向きに持つと縦長表示、横向きに持つと横長表示という具合に、画面に合わせて表示を自動的に変えてくれます。




ディスプレイの回転角度を変えれば、下の写真のような使い方もできます。ディスプレイを立てることができます。キーボードに水がかかる心配をすることなく、レシピや動画を見ながら料理を作る、というような使い方ができます。








高い性能を持ちながらも購入しやすい価格帯


CPUにはRyzenというAMD製のものが搭載されています。最新世代のCPUとなっていて、一つ前の世代のCPUよりも大幅に性能が向上しています。



一番抑えめの性能であるRyzen 3 4300Uでも、高速な動作が可能です。一番性能が高いRyzen 7 4700Uでは、ハイスペックノートPCに搭載されるCPUと同等の性能を持っていて非常に高性能です。

性能がとても高いのですが、価格は最安で7万円台からととてもリーズナブルです。高性能なノートパソコンがお手頃な価格で手に入ります。実際、HPの直販サイトでは常にこのHP ENVY x360 13が売れ筋No.1となっていて、高い人気を保っています。

   

SNS映えするコンテンツや議事録の作成など、手書き作業が便利


ディスプレイはタッチパネルとなっていて、スマホのように指で操作したり、デジタルペンで入力することができます。

タブレットPCとして使うと、デジタルペンでの作業がとてもやりやすくなります。

たとえば、写真や画像に手書きでメッセージを加えてSNSにアップすることで、SNS映えするコンテンツを投稿することができます。また、手書きメッセージを添えた写真や文章を友人や家族に送れば、より温かみのあるやり取りができます。




仕事で使う場合は、議事録の作成がはかどります。パソコンに直接議事録がとれるので、会議終了後は書き込んだ内容をデジタル化し、関係者に配布することが簡単にできます。手書きアプリとしては、Microsoft Officeに含まれるOneNoteやWordがあります。フリーのソフトとしては、OneNote for Windows 10などが使えます。

会議の議事録をとっている様子。色を変えたりすることが簡単にできる。OneNote for Windows 10というアプリを使っている。



また、PCとモニターをつなげば、モニターをホワイトボードの代わりとして使うことも可能です。色を変えたり、線を引いたりということが問題なくできますので、会議をわかりやすく進行することができます。


4096段階の筆圧を検知して書き心地が自然なHP MPPアクティブペンという専用のものが販売されていて、直販サイトでこのPCとセットで購入することが可能です。



コンパクトで軽いから気軽に使えて、持ち運びにも便利


本体はとてもスリムです。一番厚い部分でも16.5mmしかなく、下の写真のように、指で挟むと細く感じます。




大きさは13.3インチですが、一般的な13.3インチノートPCよりもコンパクトです。下の写真はA4ノート(青色の部分)の上にHP ENVY x360 13を重ねたところですが、縦方向がA4ノートよりも小さくできています。前モデルよりも、さらにコンパクトになっています。




コンパクトでスリムなノートパソコンなので、机の上に置いても爽やかです。圧迫感なく使えて邪魔になりません。


 

重さは約1.2kgと軽量です。片手でも楽々持てるので、ちょっと場所を変えて使ったりするのも簡単にできます。




最近はテレワークも進んできているので、カバンにノートパソコンを入れて自宅とオフィスとを往復することも簡単です。A4ノート程度の大きさでスリムなPCなので、カバンにスッと入ります。




カバンの中には十分なスペースがあります。ノートや資料を入れるのも全く問題ありません。かさばらずに持ち運ぶことができます。軽いノートパソコンなので、カバンに入れて持ち運んでも疲れにくいです。








鮮やかな表示のIPS液晶ディスプレイ


ディスプレイはIPS液晶が搭載されています。最大1677万色が表示可能で、鮮やかな表現が可能です。実際、色域は広く、sRGBカバー率は94.1%、sRGB比は99.0%となっています。




IPS液晶なので視野角は広く、上や横からなど、違う角度から見ても見え方に変化はありません。




ディスプレイのフレームは前モデルよりもさらにスリム化されていて、非常に洗練された印象があります。かっこ良く使えるでしょう。また、ディスプレイはタッチパネルとなっていて指で触れて操作することが可能です。光沢液晶で解像度は1920×1080(フルHD)です。








キーボード


本体はコンパクトな作りになっていますが、キーボードは15.6インチノートPCに搭載されるようなフルサイズのキーボードとなっていて、入力作業が快適に行えるようになっています。キーの大きさや間隔は問題なく、打鍵感も良いです。手を置くスペースも問題ありませんので、快適に入力することができます。

今回のレビューでは英語配列のキーボードを搭載した製品を使用しましたが、実際は日本語配列のキーボードとなりますのでご安心ください。




タッチパッドです。




キーボードのバックライトにも対応しています。セミナー会場など、照明が落ちる場所で入力する場合などに使えます。




また、この下でも解説していますが、マイクやカメラ、スピーカーの制御もキーボードからできるようになっています。マウス操作をすることなく、手元で操作が完結できるような仕組みになっています。




安心のセキュリティ機能をしっかり搭載


セキュリティ機能も充実しています。大事なデータをしっかり守りながら、パソコンを使うことができます。


指紋センサー


キーボードに指紋センサーが搭載されています。

他人が勝手にパソコンを操作されて大事なデータを見られてしまったり、編集されてしまうというようなことを防ぐことができます。また、ワンタッチでログインすることが可能ですので、面倒なパスワードの入力を省くことが可能です。





撮影防止用カメラフィルター


ディスプレイを開いて顔の正面に来る位置にカメラが搭載されています。このカメラのレンズにはフィルターをかぶせることが可能で、カメラに映らなくなります。

必要な時だけカメラをONにしておいて、あとは常にOFFの状態にしておけば、知らない間にアプリが起動していてカメラから丸見えになっていた、ということを防ぐことができます。ソフトウェアの設定でOFFにするのではなく、レンズ自体にカバーをかけるので安心です。




この機能を利用するためには、キーボードにあるボタンを押すだけです。もう一度押せば解除されます。カメラの撮影が不可になっているときは、赤いランプが点灯しますのでわかりやすいです。





   

TPMセキュリティチップ


指紋情報など、機密性の高い情報はTPMセキュリティチップの中に保存されます。非常に安全性の高いチップで、大事な指紋データを守ることができます。






周辺機器との接続に用いるポート類


周辺機器との接続に必要なポート類は以下のようになっています。

・USB Type-Aポート×2
・USB Type-Cポート×1
・マイク・ヘッドフォンジャック
・micro SDカードスロット








USB Type-Aポートは標準サイズのUSBポートになります。スリムな設計になっているので、このポートを使う際は入口を少し広げると良いです。

Type-A,Type-Cの2種類のUSBポートが搭載されているので、多くのUSB機器に対応することができます。

ただ、HDMIポートは搭載されていません。プレゼンなどに対応するためには、次で解説しているように、アダプターがあると便利です。




プレゼンをしたりモニターを追加する場合にはアダプターがあると安心


HDMIポートが搭載されていないので、プレゼンをしたりする場合には、USBポートをHDMIポートに変換するアダプターがあると便利です。

下の写真のように、手のひらに収まる小型のものがAmazonなどで販売されています。

詳細はこちら → USB Type-C & HDMI変換アダプター





実際、このアダプターを使うことで、問題なくPCの画面をモニターに映し出すことができました。PCの画面と同じものを表示するだけでなく、PCの画面を拡張することも可能です。

(左)ノートPCと同じ画面をモニターに映し出したところ。
(右)ノートPCの画面を拡張したところ。PCのモニター + 新モニターでディスプレイを2つ使うことが可能。



テレワークで使えるカメラ、マイク、スピーカーを搭載


カメラとマイク、スピーカーが搭載されているので、このPC1台でZoomやTeams、Skypeなどを使ったテレワークや、オンラインミーティングに活用することができます。


ディスプレイの上側にはカメラが搭載されている。


スピーカーは本体の底面に搭載されています。デンマークのメーカーであるBANG & OLUFSEN社製のスピーカーで、良い品質のサウンドを聞くことができます。

本体の底面部には左右に1つずつスピーカーが搭載されている。






テレワークなど、ビデオ通話をしていると、カメラやマイクをOFFにしたり、ボリュームの調整を行ったりします。パソコンの設定から操作するのは面倒ですし、ソフトウェアの設定を間違えると大変ですが、HP ENVY x360 13のキーボードには、これらの設定のためのキーが配置されていて、とても簡単に操作することができます。


カメラの撮影のON・OFFを切り替えることができるキー。OFFの場合は、オレンジ色のランプが点灯する。

マイクのON・OFFを切り替えることができるキー。OFFの場合は、オレンジ色のランプが点灯する。


スピーカーのボリュームを調整できるキー。ミュートにするとオレンジ色のランプが点灯する。






CPUの性能を制御でき、パソコンの動作音をコントロールできる


HP ENVY x360 13はCPUの性能を制御することが可能です。普段はHP推奨モードとなっていて、より性能を高めたい場合はパフォーマンスモードに設定すると、より高い性能を発揮するようになります。

また、パソコンの動作音が気になる場合には、静音モードを利用すると良いです。CPUの性能が少し抑えられますが、パソコンの動作音がほとんどしなくなるくらい静かに使うことができるようになります。




このツールもキーボードからワンタッチで表示することが可能です。下の写真のキーを押すことで、いつでも設定することが可能です。






バッテリーの持続時間は最大17時間


バッテリーの持続時間は最大17時間となっています。充電をしっかりしておけば、ACアダプターなしでも大丈夫そうです。

ACアダプター全体の重さは約270gとなっていて、手のひらよりも小さな小型タイプのものになっています。本体とあわせても軽量で、持ち運びがしやすいです。











性能と仕様


HP ENVY x360 13のスペックは、以下の表のようになります。

  ベーシックモデル スタンダードモデル  パフォーマンスモデル 
OS Windows 10 Home  
CPU AMD Ryzen 3 4300U AMD Ryzen 5 4500U  AMD Ryzen 7 4700U
メモリ 8GB  16GB 
ストレージ SSD 256GB(PCle NVMe M2)  SSD 256GB / 512GB(PCle NVMe M2)  SSD 512GB(PCle NVMe M2) 
光学ドライブ  なし
有線LAN -
無線LAN 
サイズ 13.3インチ
液晶 Full HD
IPS液晶
解像度:1920×1080
タッチパネル+
タブレット変形
HDMI  -
USBポート USB3.1×2
USB Type-C×1
SDカード micro SDカードスロット
Office 選択可 
Office Home and Business
Office Personal Premium 
カラー ナイトフォールブラック 
重量 約1.25kg  
バッテリー持続時間 最大17時間 
保証期間 1年(有償:3年)  



今回のレビューで使用したものはベーシックモデルです。

OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 4300
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB (PCIe)
カラー:ナイトフォールブラック


CPUはRyzen 3 / Ryzen 5 / Ryzen 7から選ぶことができ、メモリは8GB /16GBから選ぶことができます。性能はRyzen 3 < Ryzen 5 < Ryzen 7となります。

上でも紹介した通り、Ryzen 3でも高い性能を持っていますので、価格を抑えたい場合はRyzen 3でも良い選択肢になります。

ただ、もともと価格設定が良心的なので、一つ上のRyzen 5を選択しておくと、より長く快適に使えるでしょう。

SSDはPCIe NVMeタイプのものが搭載されていて、非常に高速に動作します。パソコンの動作が高速化されサクサク快適に動作します。

Microsoft Officeソフトも選択できます。Word、Excel、PowerPoint、Outlookが必要であればMicrosoft Office Home and Businessを選択してください。PowerPointが不要で、Word、Excel、OutlookだけでよければMicrosoft Office Personalを選択してください。




ベンチマーク


CPUとストレージのベンチマークを、PassMarkという専用のソフトを使って計測しました。

まず、CPUです。HP推奨モードで測定すると9078というスコアになりました。高い値で快適に使用することができます。


HP推奨モードでのスコア。


静音モードに設定して計測してみました。10%程スコアは下がりましたが、十分に高い値です。Intel製の最新世代のCPUであるCore i5-1035G1と同等の性能です。


静音モードでのスコア。


ストレージのベンチマークです。スコアは11688となりました。高い値で高速な動作が可能です。






外観のチェック


それでは、ENVY x360 13の外観をチェックしてみましょう。

まず、天板です。ナイトフォールブラックという上品なブラックのボディです。高級感のある質感です。




背面には製品名であるENVYのロゴが刻印されています。さりげないところにも上品なデザインが施されています。




前側から見たところです。ディスプレイのフレームが細くなっていて、とても洗練された印象があります。










後ろ側から見たところです。







真横から見たところです。ディスプレイ、キーボードともにスリムです。




タブレットPCにしたところです。




本体の各側面の写真です。










まとめ


HP ENVY x360 13は性能が良くて、10万円以内から購入できる、とてもコストパフォーマンスの良いノートパソコンです。

CPUの性能だけでなく、ストレージやディスプレイなども品質が高いです。また、タブレットPCとしても活用できるなど、様々な使い方ができるのも便利です。

薄くてコンパクトで軽く、持ち運びに便利です。自宅だけでなく、仕事用としてオフィスに持って行くことも可能です。

とても性能が良くて使い勝手も良く、リーズナブルな価格で購入できるので是非検討してみてはいかがでしょうか?


当サイト限定割引クーポン配布中です。合計価格が12万円以上の場合7%の割引となります。詳しくは下記リンクをご参照ください。ENVY x360 13は個人向けPC用のクーポンを利用すると割引が適用されます。

当サイト限定割引クーポン → HP限定クーポン


詳細はこちら →  HP ENVY x360 13 (直販サイト)



  1. HPの持ち運びに最適な薄くて軽量なノートパソコン
  2. [レビュー]HP Elite Dragonflyはセキュリティ機能が充実した999gの超軽量ノートPC
  3. HP Spectre x360 13評価レビュー プライベートでも仕事でもかっこよく使えるノートパソコン
  4. Lavie Direct NMのレビュー~1kgを切るコンパクトなモバイルノートPC
  5. テレワークや在宅勤務におすすめのノートパソコン
  6. おしゃれで持ち運びできる軽量ノートパソコン
  7. [レビュー]ENVY x360 13 2019年モデルはコストパフォーマンスに優れたノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー