ホーム » おすすめ » dynabook SZシリーズ

[レビュー]dynabook SZシリーズ 10万円以下で購入できる持ち運びに便利なノートPC





dynabook SZシリーズは13.3インチの大きさで重さが約1.1~1.2kgという、スリムでコンパクト、そしてとても軽いノートパソコンです。気軽に使えるだけでなく、カバンに入れて外に持ち運ぶことも簡単にできます。

ネットや画像・動画鑑賞、メールの送受信、WordやExcel、PowerPointなどを使った書類作成が快適に行える性能です。映りの良いシャープ製のIGZO液晶を搭載したモデルもラインナップされています。

Officeを搭載しても最安7万円前後(Dynabook無料会員価格)から購入でき、お買い得感のあるノートパソコンです。

実際にdynabook SZシリーズを使用してみたので、レビューをご紹介します。

Dynabookの無料会員(COCORO MEMBERS)に登録すると、大幅に割引された価格で購入することができるようになります。


詳細はこちら →  dynabook SZシリーズ (直販サイト)




このページの内容




約1.1~1.2kgの軽いボディだからとても使いやすい


dynabook SZシリーズはとても軽いノートパソコンです。片手でも楽々持ち上げることができ、とても使いやすいです。PCを持って、自宅やオフィス内を移動することも気軽にできます。




実際に重さを測定してみると約1.17kgでした。パソコンが軽いと、気分的にもパソコンが使いやすくなるからうれしいですね。






   

スリムでコンパクトだから外に持ち運ぶのも便利


本体の大きさは13.3インチです。下の写真はPCの上にA4ノートを重ねてみたところで、dynabook SZはA4ノートとほぼ同じくらいの大きさであることがわかります。これくらいの大きさだと画面も見やすいですし、取り扱いがしやすいです。




約1.1kgでとても軽量なこともあり、本体は厚みが抑えられてとてもスッキリしています。指で挟んで持ってみると、スリムなことがよくわかります。




薄くて軽量、そしてコンパクトなので、カバンに入れて持ち運ぶのも問題ありません。A4ノートが入るカバンであれば簡単にスッと入ります。




もちろん、カバンの中もスッキリとしていて、スペースにも余裕があります。何より、軽いので疲れにくくなるのがうれしいです。




最近はテレワークが進み、オフィスで仕事をするだけでなく、自宅でも作業をすることが増えてきました。自宅と会社で同じノートパソコンを持って移動する、という場合には、dynabook SZのように軽くて持ち運びがしやすいととても便利です。





   

ネットやメール、WordやExcelなどのソフトを使った書類作成など、軽めの作業に適した性能


CPUはIntel製の第8世代のCPUが搭載されています。Core i3 / Core i5 / Core i7が揃っていますが、1つ前のCPUということもあり、全体的にはやや抑えめの性能となっています。




画像や動画編集などの負荷がかかりやすい作業は少し厳しいですが、インターネットで調べ物やショッピングをしたり、メールの送受信、WordやExcelなどのOfficeソフトを使った書類作成などの軽めの作業であれば、とても軽快に動作します。

これらの作業が中心になるのであれば、dynabook SZシリーズは購入しやすい価格帯ということもあり、とても良い選択肢になるでしょう。


Wi-FiとLANケーブルの両方でインターネットに接続できる


インターネットにはWi-Fiで接続できるだけでなく、有線LANポートも搭載されているので、LANケーブルを挿して接続することもできます。

有線・無線の両方で接続できるのでとても便利です。電波の調子が悪い時や、ネット接続が切れてしまうと困るときなどには、LANケーブルを挿してインターネットを利用することができます。


テレワークで重要な会議を行う場合など、ネット接続が切れると困る場合には有線LANが使えるととても便利です。





マイク、スピーカーとカメラを搭載し、テレワークにも対応できる


dynabook SZシリーズにはカメラとマイク、そしてスピーカーがすべて搭載されています。カメラとマイクは、ディスプレイを開いて顔の正面に来る位置に搭載されています。




スピーカーは本体の底面の手前側にあります。




SkypeやTeams、Zoomといったビデオ会議ソフトを使ってテレワークを行う場合でも、追加で機器を購入する必要もなく、簡単に対応することができます。

スピーカーから聞こえてくる音声は問題ないと思いますが、もっとしっかりと聞きたいという場合には、本体の側面にイヤホンやヘッドフォンを挿して使うことができます(イヤホンやヘッドフォンは付属していませんので別途ご用意ください)。







   

キーボード


キーボードは日本語配列のものが搭載されていて、問題なく使うことができます。

キー同士の間隔は19mm、キーを押したときの深さは1.5mmとなっています。コンパクトなノートPCですが、15.6インチノートPCに搭載されるようなフルサイズのキーボードとなっていて、快適な入力作業ができます。




キーについては特に気になることはありません。問題なく使えるでしょう。







キーを拡大したところです。




タッチパッドです。クリックしてタッチパッドを押し込んだときの感触も良いです。左上にあるのは指紋センサーです。








ディスプレイ


今回のレビューではフルHD液晶のものを使用しています。フルHD液晶はシャープ製のIGZO液晶となります。とても綺麗に表示される液晶です。sRGBカバー率が98.2%となっていて色域が広く、豊かな色彩表現が可能です。テキスト情報だけでなく、画像や動画なども楽しめるでしょう。




横や上からなど、角度を変えて見ても画面が見やすいです。しかも非光沢(ノングレア)なので、蛍光灯などの映り込みが少なく、目が疲れにくいディスプレイです。





IGZO液晶を搭載したモデルが最安7万円前後で購入できる(Dynabook無料会員価格)ので、非常にお得感があります。




ディスプレイは今回のレビューで使用したフルHD液晶(解像度:1920×1080)のものだけでなく、解像度の異なるHD液晶(解像度:1366×768)もあります。

HD液晶はIGZO液晶でもなく、高輝度・高色純度・広視野角というわけでもありません。今回のレビューでは使用しておりませんが、IGZO液晶とは見え方が異なると思われます。





指紋センサーが搭載され、セキュリティを確保しながらパソコンが使いやすくなる


タッチパッドの左上には指紋センサーが搭載されています。パスワードを入力することなく、指で触るだけでログインすることができるようになるので、パソコンを使い始めるのがとても簡単になります。




また、指紋認証でログインすることで、他人が勝手にパソコンを使うことを防止することができるようになります。仕事上の大事なデータや、人に知られたくない秘密の情報が保存されているような場合には、指紋認証を使うとセキュリティを向上させることができます。





   

スリムな筐体に使用頻度の高いポート類をしっかり搭載し、周辺機器との接続も安心


周辺機器の接続に必要なポート類は、以下のものが搭載されています。

・HDMIポート
・有線LANポート
・USB3.0ポート×2
・USB Type-Cポート×1
・micro SDカードスロット
・マイク・ヘッドフォンジャック

上述したように有線LANポートがあるので、LANケーブルを挿してネットに接続することが可能です。Wi-Fiも使えるので、必要に応じて使い分けられる便利さがあります。




USBポートもType-A(USB3.0×2)とType-Cの2種類のものがしっかりと搭載されているので、複数のUSB機器を同時に接続することも問題なくできます。




SDカードスロットはmicro SDカードに対応しています。








HDMIポートを使ってプレゼンに対応したり、2画面で作業が行える


HDMIポートが搭載されているのでプレゼンにも対応できます。



実際にdynabook SZとモニターとをHDMIケーブルで接続したところ、下の写真のように問題なくPCの画面を映すことができました。




また、テレワークで使うような場合、モニターをもう1台追加し、画面を拡張して使うこともできます。ノートPCの画面に加えて新しいモニターの画面も活用することができるようになるので、より広い作業領域を使用することができます。作業の効率がアップするので、とても便利になります。






   

最大19時間持続するバッテリーと小型ACアダプター


バッテリー駆動時間は最大19時間となります。モデルによっては7.5時間~9.5時間程度のものがありますので、バッテリー駆動時間の長いものを希望する方は注意が必要です。直販サイトでモデルを選択する際に、バッテリー駆動時間が表示されますので、よくご確認ください。

ちなみに、ACアダプターは下の写真のようになっていて、とても小型のものになっています。




どれくらい小さいかというと、手のひらに収まる小型サイズです。





重さはケーブルとあわせても200gにも満たなくて、たったの179gでした。これくらいであれば、ノートPCと一緒にカバンに入れて持ち運んでも邪魔にならずにすみます。








   

スペックの確認


dynabook SZの仕様は以下のようになっています。


OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i7-8550U
Core i5-8250U
Core i3-7020U
Celeron 
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB
光学ドライブ -
有線LAN
無線LAN
指紋認証
顔認証 -
サイズ 13.3インチ 
液晶  フルHD、高輝度・高色純度・広視野角 IGZO液晶
解像度:1920×1080
ノングレア 

HD、LED液晶
解像度:1366×768
ノングレア
Office 選択可 
Office Home and Business
HDMIポート ○ 
重さ  約1.119kg~
バッテリー 最大19時間 
カラー ブラック
デニムブルー
モデナレッド
保証期間  1年(有償:3年/5年)  


今回のレビューで使用したdynabook SZシリーズの主な仕様は以下の通りです。

モデル:dynabook SZ73
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-8250U
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB
ディスプレイ: フルHD IGZO液晶



CPUはIntel製のCore iシリーズとCeleronから選ぶことができます。Celeronが一番性能が低く、順にCore i3 → Core i5 → Core i7の順に性能が高くなっていきます。

1世代前のCPUを搭載していることもあり、性能は全体的に少し抑えめです。インターネットをしたり、画像や動画の閲覧、メールの送受信やWordやExcel、PowerPointを使った書類作成などの軽めの作業をするのに適しています。

選択するCPUやメモリ、カラーなどによって、ディスプレイとバッテリー駆動時間が変わってきます。下のような画面になっていますので、モデル選択時にはよくご確認ください。






OfficeソフトはMicrosoft Office Home and Businessを選択することができます。Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteを使うことができますので、書類作成や表計算、プレゼン、メールの送受信に活用することができます。


ベンチマーク


CPUとSSD(ストレージ)の性能を測定しました。使用した製品のスペックについては、スペックの確認の項をご参照ください。


まず、CPUです。Passmarkというソフトを使っています。スコアは7390となりました。1世代前のCPUということもあり、少し低めのスコアとなりました。ただ、一般的な使い方(インターネット、メール、Officeソフトの使用など)をするのには全く問題ありません。快適に使える性能です。







続いてSSDの性能です。同じくPassmarkのスコアで4413となりました。PCIe接続のSSDと比べるとスコアは低めですが、パソコンの起動や終了は速く、またアプリもサクサク動き、快適に使うことができます。






外観のチェック


外観の確認をしてみましょう。今回は本体カラーがブラックのものをご紹介します。

天板を閉じたところです。




天板に近づいて見てみると、細い溝が入っていることがわかります。手触りが良いです。




本体はスリムです。




正面から見たところです。







真横から見たところです。




真上から見たところです。




後方から見たところです。










各側面の写真です。












まとめ


dynabook SZシリーズは、約1.1kgのとても軽いノートパソコンでとても気軽に使うことができます。外に持ち運んで使うこともできるので、出張に持って行ったり、テレワーク用のPCとして自宅や会社で使うのも問題ありません。

負荷のかかる作業にはあまり向いていませんが、インターネットやメールの送受信、WordやExcelを使った書類作成などの作業が快適に動作します。色域が広くて映りの良いIGZO液晶を搭載したモデルもラインナップされています。

価格は10万円を切って最安で7万円前後(Dynabook無料会員価格)で購入することができる、とてもお買い得なノートパソコンです。

Dynabookの無料会員(COCORO MEMBERS)に登録すると、大幅に割引された価格で購入することができるようになります。


詳細はこちら →  dynabook SZシリーズ (直販サイト)



  1. [レビュー]dynabook GZシリーズ 持ち運びに便利な1kg未満の超軽量ノートPC
  2. [レビュー]dynabook NZシリーズは軽くて持ち運べる15.6インチノートPC
  3. テレワークや在宅勤務におすすめのノートパソコン
  4. 1kg以下の超軽量ノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー