記事内に広告を含む場合があります。

誇大な宣伝や表現とならないよう配慮し、コンテンツを制作しておりますのでご安心ください。万が一、不適切な表現など見つけられましたら、お問合せフォームからご連絡頂けると幸いです。

ホーム » おすすめ » DELL Inspiron 14 AMD

10万円以内の高性能ノートPC DELL Inspiron 14 AMD (5445)体験レビュー

【アフィリエイト広告】

【機材貸出:デル・テクノロジーズ株式会社】

DELLのInspiron 14 AMD (5445)は高性能なCPUを搭載し、WordやExcel等を用いた書類作成やインターネット、テレワーク、動画鑑賞など、多くの作業を快適にこなすことができるノートパソコンです。

14インチの見やすい画面を搭載し、清涼感のあるデザインで、プライベートから仕事まで幅広く使うことができます。

性能と機能が充実しているうえに10万円以内の価格で購入でき、とても購入しやすくなっています。

実際にDELL Inspiron 14 AMD (5445)を使ってみましたので、レビューをご紹介します。


詳細はこちら →  Inspiron 14 AMD (5445)(直販サイト)







このページの内容





DELL Inspiron 14 AMD (5445)の特徴



DELL Inspiron 14 AMD (5445)には下のような特徴があります。


良いところ


・性能が良くて快適に作業ができる
・10万円を切る価格で購入できる(最安6~7万円台)
・爽やかで使いやすいデザイン
・作業がしやすいキーボード
・見やすいディスプレイ



気になる点


・指紋センサー、顔認証は搭載されていない
・長時間持ち歩くよりは、短時間の方が良い
・プライバシーシャッターは非搭載


これらについて、以下で詳しく解説しています。


詳細はこちら →  DELL Inspiron 14 AMD(直販サイト)





高い性能で高速な処理が可能


Inspiron 14 AMD (5445)には、CPUにAMD製のRyzenが搭載されていて、非常に高速な動作が可能です。サクサク動いて作業がとてもはかどります。



ネットもメールもWordやExcelも、とても軽快に動作します。普段使っていて、処理性能が遅くて困るということはあまりないと思います。

また、メモリは8GBまたは16GBを搭載することが可能で、ネットをしながらメールを確認したり、WordやExcelで書類作成をし、Teamsなどを使ってビデオ会議やテレワークを行ったりということを同時にこなすことも問題ありません。

CPUもメモリもしっかりとした性能を発揮できますので、快適に使うことができるでしょう。


最近のノートパソコンは自分でメモリを増設したり換装したりすることができないモデルがほとんどなのですが、このInspiron 14 AMD (5445)では自分でメモリを増設・換装することができるようになっています。14インチ以下のノートパソコンで、自分でメモリを増設・換装できる製品はほとんどないのでとても貴重です。

もし性能不足を感じるようになったらメモリを増設してみるのも良いと思います。新しいパソコンを買い替えずにすみ、より長く快適に使い続けられるでしょう。

メモリの増設・換装は本体の裏蓋を開けて行います。プラスのドライバーを使えば外すことが開けることができるようになっています。






10万円以内の価格で買える


Inspiron 14 AMD (5445)は上述のように、CPUやメモリの性能がとても高くて、高速且つ快適に使えるノートパソコンです。

CPUの種類やメモリ容量などの構成をカスタマイズすることができますが、いろいろな構成を試しても10万円以下で購入できる場合がとても多いです。16GBのメモリを搭載したモデルでも10万円を大きく切っています。

ただ、Officeソフトをセットで購入する場合には10万円を超えてくるかもしれません。

注意点としては、指紋認証や顔認証、カメラのプライバシーシャッターがないことです。これらが搭載されていないことで価格が下がっている側面があります。これらの機能を使わない人にとっては購入しやすくてとても良いでしょう。

最近は円安ということもあり、ノートパソコンの価格が大きく上昇しています。その中で、Officeなしで10万円切り、Office搭載で10万円ちょっとで購入できるというのは、パソコン市場全体の中でも割安に感じます。とてもコストパフォーマンスに優れるノートパソコンだといえるでしょう。






   

スリムで使いやすく、短時間の持ち運びもOK


Inspiron 14 AMD (5445)は14インチのサイズがあります。比較的広めの画面で、キーボードにも余裕があり、作業を快適に行うことが可能です。

本体の大きさをA4ノートと比較してみました。下の写真の通り、幅・奥行きともにA4ノートよりもわずかに大きい程度です。ほぼA4サイズなので、とても使いやすいです。





本体はスリムにできていて、スッキリ使うことができます。





重さは実測で1.61kgでした。14インチのノートパソコンとしてはやや重たいかなと思いますが、短時間であれば十分にの持ち運ぶことができます。

たとえば、自宅で使う場合は普段は自室で使いつつ、気分を変えてリビングで作業したりといったように、場所を変えて作業をするということが簡単にできます。また、仕事で使う場合は、会議室やミーティングルームへ持って行ってプレゼンを行ったりというようなことが楽にできます。




実際に筆者の使っているカバンに、Inspiron 14 AMD (5445)とA4ノートを入れてみました。本体がスリムにできているので、カバンにスッと入りますし、A4ノートとサイズがそろうので、かさばることもありません。スペースにも余裕があって、他の荷物も入れることができます。




Inspiron 14 AMD (5445)は持ち運びに便利なノートパソコンで、自宅やオフィス内で部屋から部屋へ移動して使うことが簡単にできます。ただ、約1.61kgという重さは、長時間の移動や毎日のように外に持ち出して使うというような場合には疲れるかもしれません。

普段は自宅やオフィスなどに据え置いて使い、時々持ち出すという使い方が良いでしょう。カバンに入れて持ち運ぶ場合は、持ち歩く時間が短いほうが疲れなくてすむと思います。




   

プライベートから仕事までマッチする清涼感のあるデザイン


今回のレビューで使用したアイスブルーのカラーモデルは、多くの人が使いやすいデザインに仕上がっています。




PCのディスプレイ側から見ても背面側から見ても、色合いが爽やかで良いです。自宅や職場など、どこで使用してもその場の雰囲気にしっかり溶け込んで爽やかに使うことができそうです。




キーの色はブラックです。本体との調和もとれていて良い感じです。








キーボード


キーボード全体は下の写真のようになります。実際にタイピングしてみた感じは良かったです。JIS配列の日本語キーボードで、キーの並び方や間隔、大きさも問題なく、自然な入力が可能です。








今回のモデルではキーボードにCopilotキーが搭載されるようになりました。左矢印キーのすぐ左隣に配置されています。MicrosoftのAIアシスタントをワンタッチで利用することができるようになります。




タッチパッドも問題ありません。クリックだけでなく、スクロールや二本指での操作も問題なく行うことができます。








ディスプレイ


正面からだけでなく、別の角度から見ても見やすいです。

sRGBカバー率は62.8%となっています。画像や動画編集などのクリエイティブな用途には少し物足りないかもしれませんが、WordやExcelなどを使って書類作成をしたり、ネットサーフィンや動画鑑賞を行ったりというような一般的な使い方には全く問題なく使うことができます。






解像度は1920×1200となっていて、一般的なディスプレイよりも表示できる情報量が少し多くなります。長い画面を表示する場合、スクロールする回数が減ることにつながるので画面に集中できる時間が長くなり、作業がしやすくなります。








周辺機器との接続に使用するポート類


Inspiron 14 AMD (5445)に搭載されているポート類は、下の写真のようになっています。

・USB 3.2ポート×2
・USB Type-Cポート×1
・HDMIポート
・SDカードスロット
・オーディオジャック






USBポートは全部で3つ搭載されています。USB Type-Aポートが2つ(USB3.2×2)、USB Type-Cポートが1つとなっています。USB Type-Aポートが複数あるので安心ですね。また、USB Type-Cポートもあるので、対応するUSB製品をつないで連携するということも簡単にできます。


ディスプレイ出力は、HDMIポートとUSB Type-Cポートが対応しています。HDMIはほとんどのモニターに搭載されているので安心ですね。プレゼンにもすぐ使うことができます。

実際、下の写真のように、Inspiron 14 AMD (5445)とモニターをHDMIケーブル、そしてUSB Type-Cケーブルで接続したところ、問題なく画面表示ができました。




HDMIとUSB Type-Cの2つのポートを使えば、PCの画面と合わせて最大3画面に表示することができます。上の写真ではPCと同じ画面を1つのモニターに表示し、もう一つのモニターには別の画面を表示していますが、すべて違う画面にすることもできます。つまり、モニターを2つつないで3つの画面でそれぞれ別の作業を行うこともできるようになります(マルチモニター)。






オンライン講座の受講やテレワーク、リモート会議もOK


Inspiron 14 AMD (5445)にはカメラとマイク、そしてスピーカーが搭載されています。

インターネット上では、ビデオ通話ソフトを使った資格講座や英会話講座などを受講できるサービスがありますが、これらの受講も全く問題なく行うことができます。自宅にいながら、自己啓発に取り組むことが可能です。

また、最近はテレワークやオンライン会議でZoomやTeams、Skypeなどのビデオ会議ソフトを使うことが増えていますが、問題なく対応することができます。


[カメラとマイク]








ACアダプターとバッテリー


ACアダプターは下の写真のようになっています。




手のひらサイズで、ケーブルを含めた全体の重さは324gとなっていました。ノートパソコンのものとしては若干重たいですが、問題なく使うことができます。






USB Type-CポートはPower Deliveryに対応しています。今回、45W以上の出力が可能な充電器を使用することで、Inspiron 14 AMD (5445)の充電を行うことができました。

もし、ACアダプターを持ち歩きたくないという場合は、スマホ用のモバイルバッテリーが使えますので(要出力ワット数確認)、検討してみてください。







Windows 11 Homeだけでなく、Windows 11 Proも選択できる


パソコンのOSに関してですが、Windows 11 Home、またはWindows 11 Proを選択することができます。

通常はWindows 11 Homeを使うので問題ないのですが、仕事用途で使ったりセキュリティ面を強化したい場合には、Windows 11 Proを選びたい人も多いでしょう。

Windows 11 Proを選ぶと、ストレージ全体を暗号化できるBitlockerが使えます。万が一、PCを紛失したり盗難にあったりした場合、中のSSDを抜き取られても暗号化されているのでデータを読み取られる心配がありません。

また、Windows 11 Proではプログラミングをするときなどに便利な仮想化技術であるHyper-Vも使えます。

仕事で使いたい時や、よりセキュリティを強化したい時にはWindows 11 Proを選択してみてください。




セキュリティ


前モデルでは、セキュリティ機能として指紋認証とプライバシーシャッターが搭載されていたのですが、このモデルでは両方とも非搭載となりました。顔認証機能は引き続き搭載されていません。

その分価格が安くなって良いのですが、セキュリティ機能を重視する方はご注意ください。





主な仕様と選び方


DELL Inspiron 14 AMD (5445)の仕様と性能は以下のようになっています。

OS Windows 11 Home / Pro
CPU Ryzen 5 8540U
Ryzen 7 8840U
メモリ 8GB
16GB
ストレージ SSD 512GB / 1TB
ディスプレイ フルHD+(解像度:1920×1200)
広視野角液晶
ノングレア
ポート類 USB 3.2ポート×2
USB Type-Cポート×1
HDMIポート
SDカードスロット
Office 選択可
Microsoft Office Personal
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Professional
重さ  約1.61kg



今回のレビューで使用したDELL Inspiron 14 AMD(5445)の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 11 Home
CPU: Ryzen 5 8540U
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 512GB



OSはWindows 11 HomeまたはProから選ぶことができます。普通の使い方であればWindows 11 Homeで全く問題ありません。仕事で使用したり、SSD全体を暗号化してセキュリティを高めた使い方をしたい、というような場合はWindows 11 Proを選択してみてください。

CPUは最新のRyzen 5またはRyzen 7から選択できます。性能はRyzen 5 < Ryzen 7となりますが、両者ともにとても高い性能です。通常はRyzen 5で全く問題なく使うことができます。もし、少しでも高い性能をということであればRyzen 7を選択してみてください。

メモリは8GBまたは16GBから選ぶことができます。

グラフィックスはAMD Radeonグラフィックスが搭載されます。Radeonグラフィックスの性能を十分に引き出すには、16GBのメモリを選択するのが良いです。8GBでは本来の性能が出し切れません。もし、ゲームをしたりライトな画像・動画編集など、グラフィックス性能を使うような処理を考えているのであれば、メモリが16GBと書かれたモデルを選択してください。これらの作業をしないようであれば8GBのメモリでも全く問題ありません。

Microsoft Officeソフトを搭載したモデルも選択できます。Office Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。

それぞれ以下のものが含まれています。通常は、Office Home and Businessを選択すれば大丈夫でしょう。Office ProfessionalはOffice Home and Businessに、PublisherというDTPソフトとAccessというデータベースがさらに追加されています。

Office Personal:Word、Excel、Outlook

Office Home and Business: Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook

Office Professional:Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access


    


ベンチマーク


CPUとSSD(ストレージ)の性能をPassmark 11というソフトを使って測定しました。使用した製品のスペックについては、性能と仕様の確認の項をご参照ください。

まずCPUです。スコアは25926となりました。とても高いスコアです。前モデルよりも30%近く性能がアップしています。高速な処理を実行することが可能ですので、とても快適に使うことができるでしょう。





続いてSSDのアクセス速度です。25716というとても高いスコアが出ました。パソコンの起動や終了、アプリの動作などが高速化されます。








デザインの確認


最後に全体的なデザインを見てみましょう。本レビューではアイスブルーのカラーモデルを使用しています。

ディスプレイのフレームがスリムで、見た目的にも良いです。







さわやかなカラーで使いやすいです。




ディスプレイを開くとキーボードの奥が少し持ち上がって緩やかな傾斜がつくようになっています。タイピングがしやすくなる効果があります。




各側面の様子になります。













まとめ


DELL Inspiron 14 AMD (5445)は性能が高く、WordやExcel等を用いた書類作成作業やインターネット、テレワークなど、多くの作業をとても快適に使うことができるノートパソコンです。

デザインも爽やかで、プライベートでも仕事でも、いろいろな場面で使うことができます。しかも、多くのモデルが10万円以内で購入することができ、コストパフォーマンスがとても良いです。

快適に使えて購入しやすい価格帯のノートパソコンを探している方は、是非検討してみてください。


詳細はこちら →  Inspiron 14 AMD (5445)(直販サイト)






  1. DELLの持ち運びに便利な薄型で軽いノートパソコン
  2. [レビュー]DELL New XPS 13はコンパクトで出張に最適な高性能ノートPC
  3. 1kg以下の超軽量ノートパソコン
  4. 持ち運びに便利なおすすめの軽量ノートパソコン
  5. 指紋認証センサー搭載ノートパソコン















プライバシー・ポリシー