ホーム » おすすめ » HP ENVY 13x360レビュー

[レビュー]ENVY x360 13はコストパフォーマンスに優れたノートパソコン


ENVY x360 13は13.3インチの大きさで重さが約1.28kgの、薄くて軽いノートパソコンです。ディスプレイを回転させるとタブレットとしても使え、専用のペンで手書き入力にも対応しています。

スッキリとした本体に美しいデザインが施されていて、とてもスタイリッシュな見た目をしています。

性能も高く、サクサクと快適に動作します。さらに驚くことに、このような高いスペックを持っているのにもかかわらず、10万円を大きく切る価格から購入することができ、非常にお得感があります。

今回HP ENVY x360 13を使ってみましたので、レビューをご紹介します。


当サイト限定割引クーポン配布中です。合計価格が12万円以上の場合7%の割引となります。詳しくは下記リンクをご参照ください。ENVY x360 13は個人向けPC用のクーポンを利用すると割引が適用されます。

当サイト限定割引クーポン → HP限定クーポン


詳細はこちら →  HP ENVY x360 13 (直販サイト)




このページの内容


カバンにスッキリ入って持ち運びやすい、薄くて軽いノートPC


ENVY x360 13は重さが約1.28kgの軽量なノートパソコンです。片手でも楽々持ち上げることができます。1kg前後の重量なので、持ち運んで使うのに最適です。







本体はとても薄く作られています。横から見るとその薄さがよくわかります。とても洗練された印象があります。薄いと、手に持った時に実際よりも軽く感じるから不思議です。








本体の大きさは13.3インチで、A4ノートとほぼ同じです。仕事で使うノートや資料と一緒に運びやすいです。






実際に筆者が使っている仕事カバンに入れてみました。上側にA4ノート、その下にENVY x360 13です。厚みが抑えられているので、A4ノートと違和感なくスッキリと収まりました。軽いノートパソコンなので、肩から提げても疲れにくいのがうれしいです。









CPUにRyzenを搭載して高い性能を保ちながら、10万円を切る価格だから購入しやすい


ENVY x360 13に搭載されているCPUはAMD製のRyzenというものです。性能はIntel製のものとほとんど変わらず、しかもIntel製のものよりも安価なのが大きな魅力です。

ENVY x360 13に搭載されているCPUはRyzen 3 3300U / Ryzen 5 3500U / Ryzen 7 3700Uで、性能をIntel製のCore iシリーズのCPUと比較すると以下のようになります。

[性能比較]
Core i3-8145U < Ryzen 3 3300U < Core i5-8265U < Core i7-8565U < Ryzen 5 3500U(Core i5-10210U) < Ryzen 7 3700U




Ryzen 3を搭載したモデルを選べば、Core i3を搭載したノートパソコンよりも性能が高く、しかも価格は同等か、もしくは安くなります。また、Ryzen 5を選択すれば、Core i7-8565Uよりも高い性能になります。そして、最新のCPUであるCore i5-10210Uと同じくらいの性能になり、価格も安くなりますので非常に魅力的です。

また、下の「性能と仕様」の項でも書いていますが、高速に動作するSSDを搭載していることもあり、パソコンの動作が高速です。

実際、今回のレビューではRyzen 3、メモリ8GBを搭載したモデルとRyzen 5、メモリ8GBを搭載したモデルの2つを利用しましたが、どちらもインターネットやメール、動画鑑賞など、とても快適に使うことができました。もちろん、Officeソフトを使った書類作成などの作業も軽快に行うことができます。プライベートでも、ビジネスでも、とても快適に使うことができると思います。

ENVY x360 13は10万円を大きく切る価格から購入することができ、非常にお得感があります。


   

タブレットとしても使え、専用のペンを使えば議事録の作成がはかどったり、アイデアやイラストを書きこむことができる


ENVY x360 13はディスプレイを回転させることで、タブレットに変形することが可能です。





上の写真のように完全なタブレットとして使うことも可能ですし、下の写真のように、角度をつけた状態にすることも可能です。手で持つのが疲れる場合には、この形状が良さそうですね。




タブレットとして使える大きな利点は、専用のデジタルペンを使うことでPCに直接手書き入力ができることです。仕事で使う場合は、議事録を作成するときにとても便利です。パソコンに直接書いてデジタル化してしまえば、メールで関係者に送るのも簡単です。わざわざ清書する必要もありません。仕事の効率化が進みそうです。働き方改革で仕事の進め方が見直されていますが、会議にかかる時間を減らすという意味でも役に立ちます。なお、デジタルペンは別売りとなっています。







他にも、イラストを描いたり、アイデアメモをとるというような使い方もできます。




指紋センサーとTPMチップを搭載し、大事なデータを守る


指紋センサーが搭載されていて、ワンタッチでログインすることが可能です。しかも、他人が勝手にパソコンを操作されて大事なデータを見られてしまったり、編集されてしまうというようなことを防ぐことができるので、セキュリティの向上にも役立ちます。




指紋情報はTPMセキュリティチップの中に保存されます。非常に安全性の高いチップで、大事な指紋データを守ることができます。



高級感のあるスタイリッシュなデザイン


ENVY x360 13はデザインも優れています。まず、薄くできたボディは、とてもスタイリッシュです。




製品名が背面部分にさりげなく刻印されています。主張しすぎない感じがとても良い感じです。





本体は美しく落ち着いたブラックでできています。デキる大人のノートパソコンという感じです。




また、HP ENVY x360 13には、ウッド・エディション(Wood Edition)と呼ばれるカラーモデルもラインナップされています。キーボードの手を置く場所(パームレスト)のところが木でできています。ウォールナットという木材が使われていて、優しい質感があります。詳しくはこのページの最後の方の「外観のチェック」のところで紹介しています。







鮮やかな表示のIPS液晶ディスプレイ


ディスプレイはIPS液晶が搭載されていて、とても映りが良いです。色表示もクリアで、テキスト情報だけでなく、動画や画像などもしっかりと楽しめます。




角度を変えて見ても、映り方に変化はありません。見やすい液晶画面です。




解像度は1920×1080(フルHD)となっています。光沢液晶なので、画面への映り込みはありますが、鮮やかな表示が可能です。







作業がはかどる入力しやすいキーボード


キーボードはとても使いやすくなっています。アルファベットや数字、記号などのキーの大きさが異なるということはありません。Enterキーやスペースキー、半角・全角切り替えキー、Shiftキーなども十分に使いやすい大きさです。打鍵感もしっかり感じられて、作業がはかどると思います。




キーボードの左と右側をそれぞれ拡大しています。






キーボードを拡大したところです。




タッチパッドです。十分な広さが確保されていて、使いやすいです。




キーボードの上部にはスピーカーが搭載されています。







標準サイズのUSBポートが2つ搭載で便利だが、HDMIポートはない


周辺機器との接続に必要なインターフェースを確認してみましょう。

まず、多くの機器が対応している標準サイズのUSBポートが2つ搭載されています。2つ同時にUSB機器と接続できるので安心ですね。

最新のUSB Type-Cポートにも対応しています。対応機器が増えてきていますので、最新機器への接続も大丈夫です。






SDカードスロットはmicro SDカードに対応しています。標準サイズのSDカードは挿すことができません。


残念なのはHDMIポートが搭載されていないことです。プレゼンに使うためには、下の写真のようなUSBポートに挿してHDMIポートなどが使えるようになるアダプターを用意する必要があります。数千円程度で販売されていますので、必要な場合はご用意ください。




詳細はこちら → USB Type-C & HDMI変換アダプター




Skypeで利用できるカメラとプライバシーを守る機能を搭載


ディスプレイの上側にはカメラとマイクが搭載されています。仕事でSkypeを使ってオンライン・ミーティングをする場合でも、問題なく使うことができます。追加で機材を購入する必要はありません。テレワークや在宅勤務でも安心して使うことができます。




自宅でSkypeを使うような場合、「ぼさぼさの髪の毛を見られたくない」、「子供が近くにやってきた」、「洗濯物が映りこんでしまいそう」、というようにカメラで撮られたくない状況が発生することもあります。そのような場合に役立つのが、プライバシースイッチです。本体の右側面に下の写真のようなスイッチがあり、これを切り替えることで、カメラの撮影機能を強制的にOFFにすることができるようになります。




他にも、カメラの部分にポストイットを貼っている人や、何となく見られているようで気持ち悪いと普段から感じている人にとっては、カメラの撮影機能が使えなくなるので、安心してパソコン作業に集中できると思います。





のぞき見防止機能を搭載(ウッド・エディション限定機能)


ウッド・エディション(Wood Edition)に限定された機能なのですが、のぞき見防止機能を利用することができます。

ノートパソコンを外に持ち出して、電車の中やカフェで使う場合、どうしても周りから画面をのぞき込まれてしまいます。仕事上秘密にしておきたい大事なデータやメールの内容などを見られるのは良くないですし、ブログの更新をするような場合でも、ブログの管理人として同定されるのは恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。

そのような場合、のぞき見防止機能を使うと良いです。下の写真のように、この機能をONにすると、斜めから見た時に画面にフィルターがかかって真っ白に見えるようになります。画面の内容を判別することがとても難しくなりますので、安心して作業をすることができます。もちろん、真正面に座っている本人には画面がしっかりと見えますので、しっかりと作業を続けることができます。




のぞき見防止機能を使うには、キーボードの左側にあるキーを押すだけです。ウッド・エディション(Wood Edition)には下の写真のようなキーが搭載されていますので、これを押すことで機能のON/OFFを切り替えることができます。








バッテリーの持続時間は約14時間30分


バッテリーの持続時間は約14時間30分となっています。ACアダプターなしでも大丈夫そうです。

ACアダプター全体の重さは約282gとなっていて、手のひらよりも小さな小型タイプのものになっています。持ち運びがしやすい点も良いですね。






性能と仕様


HP ENVY x360 13のスペックは、以下の表のようになります。

  ベーシックモデル スタンダードモデル  パフォーマンスモデル 
OS Windows 10 Home  
CPU AMD Ryzen 3 3300U AMD Ryzen 5 3500U  AMD Ryzen 7 3700U
メモリ 8GB  16GB 
ストレージ SSD 256GB(PCle NVMe M2)  SSD 256GB / 512GB(PCle NVMe M2)  SSD 512GB(PCle NVMe M2) 
光学ドライブ  なし
有線LAN -
無線LAN 
サイズ 13.3インチ
液晶 Full HD
IPS液晶
解像度:1920×1080
タッチパネル+
タブレット変形
HDMI  -
VGA  -
USBポート USB3.1×2
USB Type-C×1
SDカード micro SDカードスロット
Office 選択可 
Office Home and Business
Office Personal Premium 
カラー ナイトフォールブラック 
セラミックホワイト
Woodエディション
バッテリー 約14時間30分 
重量 約1.28kg  
保証期間 1年(有償:3年)  



今回のレビューで使用したものはスタンダードモデル(ナイトフォールブラック)とベーシックモデル(ウッド・エディション)です。

OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 5 3500
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB (PCIe)
カラー:ナイトフォールブラック

OS: Windows 10 Home
CPU: AMD Ryzen 3 3300
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB (PCIe)
カラー:Woodエディション



ENVY x360 13には3つのモデルがラインナップされています。

CPUはRyzen 3 / Ryzen 5 / Ryzen 7から選ぶことができ、メモリは8GB /16GBから選ぶことができます。

使用用途を決めれば、どのモデルを選べばよいかが判断できます。

インターネット、メール、Officeソフトを使った書類作成、SNSなどの軽めの作業を中心にするのであれば、ベーシックモデルまたはスタンダードモデルを選択すればよいでしょう。CPUの性能はRyzen 3よりもRyzen 5の方が高いです。メモリは8GBあるので、同時に実行できる処理が増えます。価格がお手頃なので、Ryzen 5を選択しておくと、長く快適に使い続けることができておすすめです。

画像や動画処理を行ったり、プログラミングなど重めの処理をするようなときは、パフォーマンスモデルを選ぶと良いでしょう。CPUの性能が高くなりますし、メモリも16GBに増えてパフォーマンスがアップします。

SSDはPCIe NVMeタイプのものが搭載されていて、非常に高速に動作します。パソコンの動作が高速化され、Ryzen 3を搭載したモデルでもサクサク快適に動作します。

Microsoft Officeソフトも選択できます。Word、Excel、PowerPoint、Outlookが必要であればMicrosoft Office Home and Businessを選択してください。PowerPointが不要で、Word、Excel、OutlookだけでよければMicrosoft Office Personalを選択してください。




外観のチェック


それでは、ENVY x360 13の外観をチェックしてみましょう。今回はナイトフォールブラックのカラーモデルとウッド・エディション(Wood Edition)のカラーモデルの2つをご紹介します。




まず、ナイトフォールブラックのカラーモデルです。

天板部分です。シックな黒にhpのロゴが美しいです。




ボディは薄くできています。




正面から見たところです。










後方から見たところです。










タブレットに変形したところです。




本体の各側面の写真です。














続いて、ウッド・エディション(Wood Edition)です。キーボードの手を置く場所(パームレスト)のところが木でできているのと、のぞき見防止機能用のキーが搭載されている以外は、ナイトフォールブラックのカラーモデルと同じです。

正面から見たところです。







キーボードです。




木目もあって雰囲気があります。




木になっているのはパームレストだけで、側面のカラーはナイトフォールブラックです。




天板もナイトフォールブラックのカラーモデルと同じです。








まとめ


ENVY x360 13は性能が良くて、しかも軽くて持ち運びに便利なのにもかかわらず、お手頃な価格で購入できるのがとても魅力的だなと感じました。スタイリッシュな見た目というのもポイントが高いです。

仕事でもプライベートでも使えそうです。こういうシャキっとしたノートパソコンを使っていると、とてもかっこよく見えそうですよね。ビジネスで使えば、仕事ができそうという印象を与えられそうです。


当サイト限定割引クーポン配布中です。合計価格が12万円以上の場合7%の割引となります。詳しくは下記リンクをご参照ください。ENVY x360 13は個人向けPC用のクーポンを利用すると割引が適用されます。

当サイト限定割引クーポン → HP限定クーポン


詳細はこちら →  HP ENVY x360 13 (直販サイト)



  1. HP Spectre x360最新モデルレビュー セキュリティ機能充実の安心ノートPC
  2. HPの持ち運びに最適な薄くて軽量なノートパソコン
  3. Lavie Direct NMのレビュー~1kgを切るコンパクトなモバイルノートPC
  4. 1kg以下の超軽量ノートパソコン
  5. 持ち運びに便利なおすすめの軽量ノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加












プライバシー・ポリシー