ホーム » おすすめ » Lenovo YOGA C740(15)

[レビュー]YOGA C740(15) は15.6インチで手書き入力にも対応した持ち運びやすいノートPC



Lenovo YOGA C740(15)は15.6インチのサイズで、一般的な15.6インチノートPCよりもコンパクトで軽くできています。携帯性に優れたノートパソコンです。

ディスプレイを回転させることでタブレットとしても使うことができ、さらにデジタルペンが標準で付属していて、手書きによる入力にも対応しています。イラストやアニメの制作、議事録の作成やPCとモニターを接続してホワイトボードの代わりとしても使うなど、幅広い使い方が可能です。

もちろん、ノートパソコンとしてもとても使いやすく、高い性能と映りの良いディスプレイ、そしてスタイリッシュな外観を兼ね備えています。

Lenovo YOGA C740(15)を実際に使用してみましたので、レビューをご紹介します。

詳細はこちら →  Lenovo YOGA C740(15)(直販サイト)




このページの内容





しっかり快適に使えるサイズで携帯性の良さも実現


Lenovo YOGA C740(15)は15.6インチのサイズのノートパソコンです。15.6インチサイズのノートPCは重くて持ち運びには適さないものが多いのですが、Lenovo YOGA C740(15)は、ディスプレイのフレームがスリムになっていてコンパクトになり、その分軽量化に成功しています。

ディスプレイ周りのフレームが細くなっていて、筐体サイズがコンパクトになっている


A4ノートよりは大きいのですが、一般的な15.6インチサイズのノートパソコンと比べるとコンパクトになっています。




本体サイズがコンパクトになっても画面サイズは15.6インチの大きさが確保されているので、広い画面で快適に作業することができます。


重さは約1.88kgです。1.0kg前後のモバイルノートPCと比較すると重くはなりますが、2.0kgを切っているので、15.6インチサイズのノートPCとしては軽量です。毎日のように外に持ち運ぶというのは疲れるかもしれませんが、普段は自宅やオフィスで据え置いて使い、ときどき外出先に持ち出す、という使い方であれば問題なく使えるでしょう。




本体はとてもスリムです。15.6インチの大きさがありますが、薄くできているので、圧迫感もなく快適に使えます。







A4ノートよりも少し大きいため小さいカバンだと難しいのですが、A4ノートが余裕で入るカバンであれば十分に持ち運ぶことができます。




A4ノートと一緒にカバンに入れてみたところ、スペースにも十分に余裕がありました。本体がスリムなので、かさばりにくく他の資料や荷物を入れることができます。





なるべく広い画面で快適に作業がしたい、普段は自宅やオフィスに据え置いて使うけど時々持ち運ぶことがある、というような場合には良い選択肢になるのではないかと思います。




深みのある色合いとスリムな本体


Lenovo YOGA C740(15)は上品なダークグレーのボディで、上品な質感のある仕上がりになっています。本体はスリムでとてもスタイリッシュです。




プライベート用として自宅で使うのも良いですし、仕事で使うのにも良い感じです。深みのある良い色合いなので、プライベートからビジネスまで幅広く馴染みやすいです。




キーボードもダークグレーで統一されています。







タブレットに変形でき、標準付属のペンでイラストを描いたり文字を手書きしたりできる


Lenovo YOGA C740(15)はノートパソコンとして使えるだけでなく、ディスプレイを360度回転させることでタブレットとしても使うことができます。下の写真のように、ぐるっと一周させると完全なタブレット形態になります。




ディスプレイの回転角度を調整することで、下のような使い方も可能です。キーボードを背面側に持って行き、ディスプレイ側だけを見せることができます。

ネット上のレシピを見ながら料理を作る時など、この形態に変形させると便利です。スマホよりも大きな画面で見やすいですし、料理中に水が飛んでキーボードからPC内部に水が入ってしまうことを防ぐことができます。




また、Lenovo YOGA C740(15)にはデジタルペンが標準で付属しています。手書きでの入力が簡単にできます。




ディスプレイを360度回転させてタブレット形態で使用すると、文字の入力がとてもやりやすくなります。

たとえば、Clip Studio Paintなどのソフトを使ってイラストを描いたりすることもできます。15.6インチの大きさがあるので描きやすいです。




写真に手書きで言葉を添えて、友達に送るといった使い方もできます。手書きで一言あるだけで、温かみが伝わってきます。また、SNSにアップする写真に手書きで加工することで、印象的な投稿になったりもします。




さらに、ビジネスで使う場合には議事録の作成に使うことができます。色を変えたり、線を引いたりすることが簡単にできます。会議が終われば、書いた内容をPDFにして関係者に配信することができます。




また、Lenovo YOGA C740(15)を大きなモニターにつなげば、ホワイトボードの代わりとしても使えます。会議の内容をPCに手書きで入力しながら会議を進行することができます。





Wi-Fi6に対応した高速なインターネットが利用できる


インターネットへの接続はWi-Fiで行います。次世代の規格であるWi-Fi 6(11ax)にも対応しています。11axに対応したルーターが必要になりますが、非常に高速なインターネット通信が可能になります。

もちろん、従来の11ac(Wi-Fi5)なども使えますので、現在使用しているルーターでも問題なく使うことが可能です。



テンキーがついて広々使えるキーボード


Lenovo YOGA C740(15)は15.6インチのサイズがあるので、広々と快適に使うことができます。テンキーも搭載されているので、数字データを入力しやすいです。




アルファベットキーや数字キー、スペースキーなど、良く使うキーはしっかりと大きさがあって入力しやすいです。問題なく使えるでしょう。




Backspaceキーの左隣の「¥」キーはやや小さいです。しかも、Backspaceキーとくっついているので、最初は見ながら入力した方が良いでしょう。Enterキー、Shiftキーについても、左隣のキーとくっついていますが、これらのキーは大きさがしっかりと確保されているので、特に打ち間違えたりする心配はありません。




タッチパッドです。二本指でタップすることで右クリックができたり、スマホのように二本指でスライドさせることでページをスクロールしたりといった操作ができます。とても使い勝手が良いです。




バックライトにも対応しています。プレゼン発表時など、照明を暗くするような部屋で使用する場合に使うと便利です。







IPS液晶を搭載したディスプレイ


ディスプレイにはIPS液晶が搭載されていて、鮮やかな表示が可能です。色合いも良く、綺麗な表示が可能です。




角度を変えて見ても映り方に変化がなく、とても見やすいです。




解像度は1920×1080(フルHD)で光沢液晶となっています。タッチパネルを搭載しているので、画面に触れて操作することも可能です。








指紋センサーを搭載し、ワンタッチログインと高いセキュリティを実現


キーボードのテンキーの下には指紋認証センサーが搭載されています。パスワードを入力するかわりに指紋でログインできるようになります。パスワード入力の手間が省け、ワンタッチでログインできるのはとても便利です。




パスワード認証の場合は、万が一盗み見られた場合には他人のなりすましによって勝手にPCを使われてしまう危険性があるのですが、指紋認証だと本人以外はパソコンを使うことができなくなります。セキュリティを高く保つことができるようになり、大事なデータを守ることができます。




インターフェースはややシンプル


周辺機器の接続に必要なインターフェース(ポート類)は以下のようになっています。
   
・USB Type-C×2
・USB3.0×2
・マイク・ヘッドフォンジャック






Lenovo YOGA C740(15)に搭載されているポート類は、合計4つのUSBポートになっていて、ややシンプルな構成です。Type-Cと通常のUSB3.0ポートが2つずつなので、USB機器との接続には困ることはないでしょう。

ただ、HDMIポートやSDカードスロットがないので、プレゼンに使ったり、デジカメなどのデータをパソコンに取り込みたい場合には、USBポートに接続することでHDMIやSDカードリーダーが使えるようになるUSBアダプターを用意する必要があります。





プレゼンに使ったり、モニターにつないで作業領域を増やしたりするにはアダプターがあると安心


ノートパソコンを使ってプレゼンを行ったりするためにはHDMIポートが良く使われます。対応機器も多く、HDMIが使えるとプレゼンやモニターをつないで作業をするということがやりやすいです。ただ、残念ながらLenovo YOGA C740(15)にはHDMIポートは搭載されていません。

そのため、USBポートに接続することでHDMIポートが使えるようになるアダプターを用意しておくと便利です。下の写真のように小型のもので、Amazonなどで2,000~3,000円程度で購入することができます。





実際、このアダプターを使うことで、下の写真のようにノートパソコンの画面をモニターに映し出すことができました。

詳細はこちら → USB Type-C & HDMI変換アダプター





Lenovo YOGA C740(15)のUSB Type-Cポートはディスプレイ出力に対応しています。USB Type-Cで接続できるモニターがある場合には、直接ノートPCのUSB Type-CポートとモニターのUSB Type-CポートをUSB Type-Cケーブルで接続すればOKです。アダプターが不要になり、よりシンプルにモニターに映し出すことができるようになります。

詳細はこちら → USB Type-C対応モニター


また、最近はテレワークによる働き方も増えてきました。ノートPCとモニターを接続することで、画面を増やして作業する方も多いでしょう。Lenovo YOGA C740(15)は、PCの画面をそのまま映すだけでなく、画面を拡張することもできますので、作業領域を増やすことが可能です。





プライバシーを守ることができるカメラを搭載し、テレワークにも対応できる


Lenovo YOGA C740(15)はカメラが搭載されています。そして、マイクとスピーカーも搭載されているので、ZoomやSkypeなどのビデオ会議ソフトを利用したテレワークに使うことができます。

カメラにはプライバシーを守るカバーが搭載されています。カメラのすぐ上にあるレバーを手動で左右に動かすことによって、カメラの撮影のON/OFFを切り替えることが可能です。




テレワークで作業する際、部屋の中を映したくない、身だしなみが整っていないというような理由でカメラの撮影を行いたくない場合には、この機能を使ってカメラ撮影をOFFにしておくと安心です。

ZoomやSkypeなどのソフトウェアからでもカメラ機能の設定をOFFにできますが、設定ミスや設定のし忘れで映ってしまっていた!ということも起こりえます。しかし、Lenovo YOGA C740(15)の場合には、物理的にカメラ機能をOFFにできますので安心です。しかも、カメラOFFの場合にはカメラ部分が赤く見えるので、視覚的にも確認が容易でわかりやすいです。





最大17.8時間のロングバッテリー


Lenovo YOGA C740(15)のバッテリー持続時間は最大で17.8時間となっています。結構長めのバッテリー持続時間です。

ACアダプターは以下の写真のようになっています。




コードを含めた重さは352gです。若干大きいかなとは思いましたが、手のひらに収まるサイズです。





スペックと仕様の確認


Lenovo YOGA S740(14)のスペックと仕様は以下のようになっています。

 OS Windows 10 Home  
CPU Core i5-10210U / Core i7-10510U 
メモリー 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
無線LAN
有線LAN -
光学ドライブ -
SDカードスロット -
 HDMI
USBポート USB3.0 × 1
USB Type-C × 2
ディスプレイ Full HD IPS液晶(1920x1080)
サイズ 15.6インチ
重さ 約1.9kg


今回のレビューで使用したPCの主な仕様は以下の通りです。

OS:Windows 10 Home
CPU:Core i5-10210U
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB


Lenovo YOGA C740(15)は、CPUにCore i5、メモリ8GB、SSD 256GBのモデルと、CPUにCore i7、メモリ16GB、SSD 512GBのモデルの2種類がラインナップされています。

この2つのモデルそれぞれについて、Officeを搭載したモデルとそうでないモデルの2つがあり、合計で4種類のモデルがあります。

インターネットやメールをしたり、WordやExcelなどのOfficeソフトを使って書類作成や閲覧をするといった一般的な用途であれば、Core i5、メモリ8GBのモデルで問題なく使うことができます。ちょっとしたイラスト制作など、デジタルペンを使った作業なども十分に対応できます。

もし、より負荷のかかる作業をしたり、より高速で快適な環境をということであれば、Core i7、メモリ16GBのモデルを選択すると良いでしょう。

Officeソフトを搭載したモデルには、Office Home and Businessが搭載されますので、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteを使うことができます。




ベンチマーク


CPUとストレージ(SSD)の性能を専門のソフトを使って計測しました。計測に用いたPCのスペックについては、この上の「スペックと仕様の確認」の項をご確認ください。

まず、CPUです。Passmarkというソフトを使って計測した結果、スコアは9868となりました。とても高い値で、快適に使うことができる性能です。




続いてSSDの性能をPassmarkというソフトを使って測定しました。結果は20082という非常に高いスコアでした。読み書きとも非常に高速です。とても快適に使うことができるでしょう。







外観のチェック


それではLenovo YOGA C740(15)の外観を確認してみましょう。

まず、天板になります。製品名が左上に控えめに刻印されていて、全体的にシンプルなデザインになっています。ダークグレーの色合いが良い感じです。




一番薄い部分で約16mmとなっていて、とてもスリムです。




前から見たところです。ディスプレイのフレームが細くなっていて、洗練された外観です。










真横から見たところです。本体の薄さがよくわかります。




後ろ側から見たところです。










キーボードです。




ディスプレイは360度回転します。180度回転させたところで止めると、下の写真のような開き方もできます。




ディスプレイを360度回転させてタブレットに変形したところです。




本体の各側面の写真になります。














まとめ


Lenovo YOGA(15)は15.6インチノートパソコンですが、携帯性にも優れていて、持ち運んで使うこともできます。

また、タブレットに変形することができ、さらにデジタルペンが標準で付属していて手書きで入力できるようになっているので、イラストやアニメの制作、議事録の作成やホワイトボードの代わりとして使用するなど、幅広い使い方ができます。

15.6インチの大きさがあるので、ノートパソコンとして使う場合でもタブレットとして使う場合でも、とても作業がしやすいです。

作業がしやすいノートパソコンで持ち運ぶこともできるものを探している人や、デジタルペンでの作業をしたい人は検討してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら →  Lenovo YOGA C740(15)(直販サイト)




  1. Lenovoの持ち運びに便利な軽いノートパソコン
  2. [レビュー]YOGA C740(14) デジタルペンが標準で付属したスタイリッシュな2in1 PC
  3. [レビュー]レノボIdeapad S540(15)は持ち運べる軽い15.6インチノートPC
  4. [レビュー]YOGA S740(14)はバッテリーが長持ちの高性能モバイルノートパソコン
  5. 持ち運びに便利なおすすめの軽量ノートパソコン
  6. おしゃれで持ち運びできる軽量ノートパソコン
  7. SIMフリー/LTE対応ノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー