ホーム » おすすめ » HP Spectre x360 2017年最新モデルレビュー

HP Spectre x360 2017年11月最新モデルレビュー セキュリティ機能充実の安心ノートPC


HPのSpectre x360の2017年11月発売の最新モデルは、高い性能で快適に動作するうえに、美しいデザインを持ったノートパソコンです。しかも、のぞき見防止機能や指紋認証機能などのセキュリティ機能も充実していて、持ち運び用として安心して使えます。

実際にSpectre x360を使ってみましたので、レビューをご紹介します。

詳細はこちら →  HP Spectre x360 icon (直販サイト)


当サイト限定クーポン配布中です。詳しくは下記リンクをご参照ください。Spectre x360は個人向けPC用のクーポンを利用すると割引が適用されます。

当サイト限定クーポン → HP限定クーポン




このページの内容




厚さ15.5mm 重さ1.29kgの薄くて軽いA4サイズのノートPC


HPのSpectre x360は持ち運んで使うのにとても便利なノートパソコンです。下の写真のように、一番厚い部分でもわずか15.5mmしかなく、非常に薄い作りになっています。





大きさは下の写真のように、A4ノートとほぼ同じ大きさです。仕事で使う資料やノート類と一緒にカバンに入れてもかさばることなく、スッキリと収まります。





しかも、重さは1.29kgで軽いボディをしています。片手でも簡単に持ち上げられます。カバンに入れて運んでも疲れにくいのがうれしいです。





  

とても高速に動作するから外出先でも時間を無駄にしない


仕事で電車などに乗って移動し、空き時間にノートパソコンを開いてメールチェックや書類を書いて仕事をする、というようなことをする場合には、動作が遅いパソコンだとイライラしてしまいますよね。仕事を進めるためには、わずかな時間でも有効に活用したいものです。


HPのSpectre x360は搭載しているCPUがCore i5またはCore i7で、メモリが8GBまたは16GB、ストレージがSSDになっていて、非常に高速に動作します。


今回のレビューではCore i5、8GBメモリ、256GBのSSDを搭載したSpectre x360を使用してみたところ、パソコンの起動も速く、インターネットの閲覧や書類作成などもサクサクと動作してとても快適でした。


移動する際のすき間時間でも、サクサクと仕事を片づけられる高い性能を持っているので時間を無駄にしないですみます。



のぞき見防止機能があるから、重要な書類やデータを見られる心配がない


新幹線に乗ったときに備えつけのテーブルにノートPCを置いて作業をしたり、カフェでパソコンに向かうような場合、周りにいる人からディスプレイが丸見えになってしまいます。

仕事で扱っている情報は機密性の高いものである場合が多く、のぞき見をされると問題があることも多いです。

Spectre x360の2017年11月最新モデルには、プライバシーモード(のぞき見防止機能)が搭載され、この機能を使用すると、作業をしている自分以外はディスプレイが見えなくなるようにすることができます。


実際にのぞき見防止機能を利用すると、下の写真のように、斜めから見ると画面が真っ白に見え、何が映っているかを判別するのは難しくなります。しかし、真正面に座って作業をしている本人には、しっかりと画面の内容がわかります。

[のぞき見防止機能OFFの状態]



[のぞき見防止機能ONの状態]



機能の切り替えは下の写真の青で囲まれたボタンを押すだけです。ワンタッチでON/OFFができるのでとても手軽です。




周りからはどんな作業をしているのか、画面にどんな内容が映し出されているのかを判読するのが難しくなるので、非常に便利です。


この機能が搭載されているのは、ベーシック・スタンダード・プロフェッショナルの各モデルの、カラーがアッシュブラックのものだけになります。パフォーマンスモデルとナチュラルシルバーのカラーのものには搭載されていませんので、ご注意ください。



指紋センサー搭載だから他人に使用されるのを防止できる


ノートパソコンには大事なデータがたくさん保存されています。仕事のデータであったり、日記やファイルであったりなどなど、人に知られては困る情報です。

セキュリティを高める方法はいくつかありますが、Spectre x360の2017年11月最新モデルには指紋センサーが搭載されています。下の写真のように、本体右側のセンサー部分をタッチすれば大丈夫です。






指紋認証機能を使ってログインするようにすれば、他人が勝手にパソコンを使うことを防止できるようになります。また、毎回パスワードを入力する手間が省けるというメリットもあります。



タブレットPCとしても使えるから、スペースが取れないところでも作業できる


HP Spectre x360は下の写真のようにディスプレイを360度回転させると、タブレットとしても使うことができます。




移動中などにパソコンを取り出して作業をしたくても、置き場所に困るような場合、タブレットとして使えると手にもって作業できるので非常に便利です。


また、ディスプレイの回転角度は自由に調整できるので、下の写真のような使い方もできます。




入力しやすいキーボード


HP Spectre x360は13.3インチのサイズで、キーボードも十分な広さがあり使いやすいです。




アルファベットキー、数字キー、スペースキーやShiftキー、半角/全角切り替えキー、Enterキーなど、よく使うキーは十分な大きさが確保してあります。homeやendキー、pg upキーなどは、一般的なキーボードとは配置が異なっています。



キーボードの拡大写真です。キーとキーの間隔(キーピッチ)は18.7mmで標準的です。キーを押したときの深さ(キーストローク)は1.3mmとなっていますが、それほど浅いとは感じませんでした。キーがしっかり指にフィットするので、入力しやすかったです。




タッチパッドです。十分な大きさが確保されています。






ノイズキャンセル機能があるから、外出先で周りの音があってもクリアに伝わる


仕事などで外出先からSkypeやGoogle Hangoutなどでビデオ会議に参加する場合、周囲のノイズが邪魔になってうまく伝わらないことがあります。何回も言い直すのは非常にストレスがかかりますが、2017年11月発売の最新モデルのHP Spectre x360には、ノイズキャンセル機能が搭載されています。




マイク機能が最適化されるため、周りのノイズをキャンセルしてクリアな音が伝えられます。Skype会議がスムーズに進むようになってとても便利です。



インターフェースはUSBポートとSDカードスロット 必要に応じてアダプターを使おう


HP Spectre x360に搭載されているインターフェースは、USB3.1ポートが1つ、USB Type-Cポートが2つ、micro SDカードスロットが1つ、マイク・ヘッドフォン端子が1つとなっています。










プレゼンをしたい場合やLANケーブルを接続したい場合には、このパソコンにはそれらのポートが搭載されていませんので、アダプターを利用するのが便利です。


アダプターは下の写真のように、USBポートや有線LAN、HDMIポートなどがまとまっていて、パソコン本体のUSBポートに接続するだけで使用できるようになります。USB3.0(USB3.1)ポートやUSB Type-Cポートに接続して使用するタイプのものが販売されています。手のひらサイズで100g以下のものなので、手軽に持ち運べます。値段は数千円程度からになります。





バッテリー持続時間は最大16時間でACアダプターは手のひらサイズ


HP Spectre x360のACアダプターは、下の写真のように小型のものになります。手のひらサイズなので、カバンに入れて持ち運ぶのも便利です。







下の性能のところでも紹介しているように、スタンダード、ベーシック、プロフェッショナルモデルを選択すると、バッテリーの持続時間は最大約17時間となりますが、パフォーマンスモデルを選択すると約10時間となります。


ACアダプターを持ち歩きたくない人は、なるべくバッテリー持続時間が長いものを選択してみてください。




暗いところでも使えるバックライトキーボード


夜行バスや飛行機に乗って移動する際にノートPCを使う場合、バックライト機能があると便利です。

HP Spectre x360には、下の写真のように、暗いところでもキーボードが光るようになっていて、キー操作がしやすくなっています。





性能と仕様の確認 選ぶモデルによってバッテリー持続時間とディスプレイが変わる


HP Spectre x360の性能と仕様は以下のようになっています。

  ベーシックモデル  スタンダードモデル  プロフェッショナルモデル  パフォーマンスモデル 
 OS Windows 10 Home   Windows 10 Pro 
 CPU Core i5 Core i7 
メモリ 8GB 16GB  
ストレージ
SSD 
SSD 256GB SSD 512GB  SSD 1TB
 光学ドライブ  なし
有線LAN -
無線LAN
 HDMI -
 SDカード  micro SD
 USB USB 3.1 × 1
USB Type-C × 2
 サイズ 13.3インチ     
 液晶 Full HD
IPS液晶
1920×1080
 プライバシーモード機能(アッシュブラックのみ)
 UHD(4K) IPS液晶
3840×2160
タッチパネル+
タブレット変形
○  
 Office 選択可 
Office Home and Business Premium
Office Personal Premium  
 カラー アッシュブラック
ナチュラルシルバー
アッシュブラック  
 重量 約1.29kg  
バッテリー持続時間  約16時間45分 約10時間 
 保証期間 1年(有償:3年)  
  


今回のレビューではCore i5、8GBメモリ、256GBのSSDを搭載したベーシックモデルで、カラーはアッシュブラックのものを使用しました。パソコンの起動も速く、インターネットの閲覧や書類作成などもサクサクと動作してとても快適でした。


CPUもメモリも高性能ですし、SSDはPCIeという規格で高速に動作するものなので性能も高く、バッテリー時間も長いですし、価格も一番安くて購入しやすいと思います。


持ち運ぶためのパソコンということで注意する点としては、バッテリー持続時間があります。パフォーマンスモデルを選択すると、バッテリー持続時間が最大で約10時間になって他のモデルよりも短くなります。


また、パフォーマンスモデルはディスプレイが4K液晶となり非常に鮮やかになりますが、解像度が上がるため、文字の表示が小さくなります。




外観のチェック


HP Spectre x360の外観をチェックしてみましょう。

天板を閉じたところです。hpのロゴが美しいです。












デザインが美しくて高級感があります。






タブレットにしたところです。









本体右側です。音量ボタン、指紋センサー、USB Type-Cポートが2つ搭載されています。




本体左側です。USB 3.1ポートとマイク・ヘッドフォン端子、電源ボタン、micro SDカードスロットがあります。




手前側です。




背面側です。





まとめ


HPのSpectre x360の最新モデルは、薄くて軽く、そしてセキュリティ機能が強化されていて、持ち運びにとても便利になっています。

性能も高いためサクサク動作し、移動中のわずかな空き時間で作業するのも快適です。仕事が進むでしょう。

とても使いやすいノートパソコンですので、是非検討してみてはいかがでしょうか?


詳細はこちら →  HP Spectre x360 icon (直販サイト)


当サイト限定クーポン配布中です。詳しくは下記リンクをご参照ください。Spectre x360は個人向けPC用のクーポンを利用すると割引が適用されます。

当サイト限定クーポン → HP限定クーポン




  1. 1kg以下の超軽量ノートパソコン
  2. Lavie HZ 13.3インチは1kg以下で世界最軽量の持ち運びに便利なノートパソコン
  3. dynabook RZ63レビュー 出張やプレゼンに強い軽量ノートPC
  4. Macの整備品は新品並みの品質で安く買えてお得
  5. 持ち運び用ノートパソコンに潜む故障のリスクとは?
  6. 国内・海外のホテルでノートパソコンを使う時に気をつけたい5つのこと
  7. カフェや空港など公衆wifiの危険性とセキュリティ対策
  8. 出張や旅行時に安全にインターネットに接続する方法
  9. HP ENVY 15-as100レビュー
  10. HP Spectre x360(2017年2月発売モデル)レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加












プライバシー・ポリシー