ホーム » おすすめ » HP Spectre x360 13

HP Spectre x360 13評価レビュー プライベートでも仕事でもかっこよく使えるノートパソコン


HPのSpectre x360 13は性能が高い上に、とても上品で洗練されたデザインのノートパソコンです。13インチのノートパソコンとしてはとてもコンパクトで軽く、とても使いやすいです。

性能がとても高く、非常に快適に使うことができます。プライベートからビジネス用途まで幅広く使えるとても高性能なノートパソコンです。

Windows 10 HomeだけでなくProも選択できたり、指紋認証や顔認証も搭載されています。WEBカメラの動作切り替えスイッチが搭載されていたりするなど、セキュリティ機能がとても充実しています。

実際にSpectre x360 13を使ってみましたので、レビューをご紹介します。

当サイト限定割引クーポン配布中です。合計価格が12万円以上の場合7%の割引となります。詳しくは下記リンクをご参照ください。Spectre x360 13は個人向けPC用のクーポンを利用すると割引が適用されます。

当サイト限定割引クーポン → HP限定クーポン


詳細はこちら →  HP Spectre x360 13 (直販サイト)




このページの内容




高速に動作するからとても快適に使える


HP Spectre x360 13は最新のCPUが搭載されていて、メモリは8GBまたは16GBを選択することができます。ストレージはSSDの中でも一番高速に動作するタイプのものが搭載されているので、パソコンの起動やアプリの動作が非常に高速です。

また、Optaneメモリが搭載されているモデルもあり、SSDがより高速に動作します。アプリの動作などが高速化されるため、非常に快適に使うことができます。

実際、インターネットやメール、ブログ更新などはもちろんのこと、動画鑑賞やOfficeソフトを使った書類作成などもとても快適に動作しました。

プライベートから仕事まで、幅広い用途に快適に用いることができます。





カバンにスッキリ入る薄くて軽いノートパソコン


HP Spectre x360 13は13.3インチのノートパソコンです。とても薄くてスッキリしています。手で挟んで持ったら、思わず「薄いなぁ」と感想が出てしまいました。薄いと強度が心配になりますが、本体はアルミニウムを削り出して作られていて強度も高いということです。実際に触った感触としては、金属の剛健さが感じられました。




横から見てみるとその薄さがよくわかります。非常にスリムでクールな印象です。




重さは1268グラムでした。持ち運びをするのにも問題ない重さです。自宅で使う場合でも気軽に移動することができますし、収納も簡単です。




片手でも簡単に持つことができます。



A4ノートと重ねてみたところ、A4ノートよりも奥行きがずいぶん小さくなっていました。これまでいろいろなノートパソコンを操作してきましたが、13.3インチのノートパソコンでは、おそらく一番コンパクトな製品だと思います。実際、HPの公式サイトにも、世界最小13インチPCと記載されています。




A4ノートとの重なり部分をアップにしてみました。横幅は若干オーバーしましたが、奥行きはかなりコンパクトになっています。




実際に私が普段仕事で使っているビジネスカバンに入れてみました。上側の白いものがA4ノートで、下の黄色がかって見えるのがHP Spectre x360 13です。カバンの中に綺麗に収まってくれて、しかも厚みが抑えられているので、スッキリと持ち運ぶことができます。また、軽いので、肩からカバンを下げても疲れにくいです。






  

スタイリッシュなデザインでかっこいい


Spectre x360 13のデザインは先進的でとてもスタイリッシュです。



天板とキーボードは落ち着いた上品なブラックで統一され、側面の部分が美しいゴールドとなっています。高級感が感じられるといってもいいでしょう。




ノートパソコンというと四角形というのが定番ですが、Spectre x360 13はその常識を破るようなデザインになっています。下の写真のように、角の部分が少し削られていて、そこにUSB Type-Cポートと電源ボタンが配置されています。薄型ノートPCですが、うまく空間を作り出して、デザインと調和させながら上手に機能を追加しているなと感じました。






このパソコンを持っていると、とても洗練されていてセンスのある人に見えてきます。カフェでこのノートパソコンを使っている人を見たら、「おっ!」と注目してしまいそうです。顧客先に持っていく場合でも、「この人に任せておけば大丈夫そう」と思ってもらえそうな雰囲気があります。かっこよさと上品さがうまく共存しているなと感じました。






   

インターネットへはWi-Fiでの接続、またはSIMカードによる4G/LTE通信が可能


インターネットにはすべてのモデルでWi-Fiでの接続が可能です。WWANモデルを選択すると、SIMカードを用いた4G/LTE通信によるネット接続が可能です。

下の写真はWWANモデルで、左側面にSIMカードスロットが搭載されています。WWANモデル以外にはSIMカードスロットはありません。

SIMカードはnano SIMに対応していて、SIMフリーとなっています。通信費を抑えながらインターネットに接続することができます。また、自宅に光回線などの固定回線を引いていない場合や、外出先でネット接続することが多い場合には、SIMカードを使うととても便利にインターネットを利用することができます。





タブレットPCとしても使えるから、スペースが取れなくても作業ができる


HP Spectre x360 13は下の写真のようにディスプレイを360度回転させると、タブレットとしても使うことができます。




移動中などにパソコンを取り出して作業をしたくても、置き場所に困るような場合、タブレットとして使えると手にもって作業できるので非常に便利です。


また、ディスプレイの回転角度は自由に調整できるので、下の写真のような使い方もできます。







議事録の作成やセミナー受講メモの作成が簡単に行える


HP Spectre x360 13には専用のアクティブペンが同梱されています。




このペンを使って、タブレットとして使うと簡単に手書きでパソコンに入力することができるようになります。

顧客との打ち合わせや社内ミーティングの際に、直接パソコンに書き込んでしまえば簡単に議事録を作成することができます。後から清書しなおす必要もなく、デジタル化してメール添付で送ってしまえば、議事録作成の時間を削減することができます。




同じように、セミナーを受講したときなどに内容の報告書を提出するといった場合でも、直接手書きでパソコンに入力してデジタル化すれば、あとで清書する時間を大きく省くことができるようになります。


入力しやすいキーボード


HP Spectre x360 13は13.3インチのサイズで、キーボードも十分な広さがあり使いやすいです。快適に作業ができるでしょう。

最新モデルでは前モデルよりも奥行が短くなってコンパクト化されていますが、手を置くスペースも十分でしっかりと入力することができます。




キーボードの左右それぞれの写真です。横幅いっぱいにキーボードが使えるようになっていて、キーの配置におかしな点もなく、またキーの大きさもそろっていて、とても使いやすいです




Enterキーや半角全角切り替えキーなど、頻繁に使われるキーも十分な大きさが確保されています。




キーボードを拡大したところです。キー同士の間隔やキーを押したときの深さなど、特に気になる点はありません。使いやすいと思います。




タッチパッドです。縁の部分は光の当たり方によってゴールドに輝くようになっています。Spectre x360 13は、このように細部に至るまで妥協のない美しさが感じられます。





バックライトもついていて、暗いところで作業をする場合もOKです。






IPS液晶を搭載し、鮮やかな画面を見ることができる


Spectre x360 13はディスプレイを360度回転してタブレットとしても使えるため、タッチパネルとなっています。指で操作したり、ペンで書き込んだりすることが可能です。

搭載されている液晶ディスプレイはとてもきれいな表示が可能になっています。どの角度から見ても色鮮やかな表示が可能なIPS液晶です。とてもきれいに映し出されました。画像や映像を楽しみたいという人にも良いディスプレイだと思います。






解像度はフルHD(1920×1080)のものとUHD(3840×2160)の2種類があります。今回のレビューではフルHD(1920×1080)のものを使用しています。とても美しい表示が可能ですが、クリエーターの人など、より鮮明で精細な表示が必要な場合は、UHD(3840×2160)を搭載したモデルを検討してみてください。







顔と指紋で認証が可能だからセキュリティも安心


大事なデータがたくさん入ったノートパソコンを守るためのセキュリティ機能も充実しています。

Spectre x360 13には指紋と顔による認証が可能となっています。本人以外はパソコンを操作できなくなり、安全にデータを守ることができます。







指紋認証をONにするとワンタッチでログインできます。顔認証をONにすると、パソコンの起動時に顔パスでログインできます。いずれも、パスワードなしで簡単にログインでき、とても便利です。

カメラが搭載際されていることで、テレワークや在宅勤務などの際にビデオ会議をすることも可能になります。マイクも搭載されていますので、追加で機器を購入することなく仕事を進めることが可能です。

なお、このカメラ機能については、次で説明しているように、物理的に遮断して使えなくしてしまうことが可能です。


カメラの動作を遮断できるスイッチ機能を搭載


Skype会議などでカメラ機能を使ってないと思ったのに、顔が映っていて恥ずかしい思いをしたというようなことがないでしょうか。また、テレワークなどで自宅の様子を映したくないということもあると思います。

さらに、最近はパソコンのカメラを乗っ取って、操作している人の情報を盗むウイルスも登場していて非常に怖いです。

このようなことがあるため、パソコンのカメラに付箋を貼って隠す人も増えてきています。でも、このようにすると見た目もカッコ悪いですよね。

Spectre x360 13にはノートパソコンのカメラを物理的に使えなくしてしまう機能が搭載されていて、このような悩みから解放してくれます。

カメラのON/OFFの切り替えスイッチは、本体の右側に搭載されています。




このスイッチがONになっているときは、デバイスマネージャーにカメラがちゃんと認識されています。






しかし、スイッチをOFFにすると、デバイスマネージャーからカメラが認識されなくなってしまいます。つまり、パソコンからカメラを使えなくしてしまっているため、どのようにしてもカメラを操作することができません。





カメラを使う時だけONにしておけば、勝手にカメラが作動する心配がなくなります。



Windows 10 Pro選択可能、TPMセキュリティチップ内蔵


Spectre x360 13では、Windows 10 Homeだけでなく、Windows 10 Proも選択することができます。

ビジネス用途で使う場合などには、Windows 10 Proを選択する人も多いと思います。

Spectre x360 13ではWindows 10 Proを搭載することができるので、bitlockerによるストレージ全体の暗号化などが使え、セキュリティをより高めることができるようになります。

また、TPMセキュリティチップを搭載しているので、暗号化に使ったキーや指紋・顔認証による情報を安全に保存することが可能です。

Windows 10 Proでは仮想環境(Hyper-V)を使うことができるので、プログラミングで活用することも可能です。




周りからPCの画面を覗かれる心配がない(2020年5月頃搭載予定)


新幹線でパソコンを使って作業をしているときによく思うのですが、隣の人や後ろの席の人からPCの画面が丸見えではないかと心配になります。

仕事では企業秘密の情報を扱うことも多いので、メールや書類作成の画面を見られると困ります。

Spectre x360 13にはプライバシーモードといって、周りの人にはPCの画面が見えにくくなる機能が2020年5月ごろに搭載される予定です。

Spectre x360 13の前モデルにも、同様のプライバシーモードが搭載されていました。前モデルでは、下の写真の青で囲まれたボタンを押すだけで、ワンタッチでプライバシーモードのON/OFFができるようになっていました。新モデルでも、同様の操作で実現できるのではないかと思われます。




以下の写真も前モデルのものですが、この機能をONにするとスクリーンがくもります。作業している本人から見ると、内容はちゃんとわかるのですが、少し斜めから見ると何をやっているのか全く分からなくなります。前モデルではディスプレイが白くなっていたのですが、新しいプライバシーモードでは画面が黒くなるようです。





良質なサウンドが楽しめる


スピーカーは北欧のメーカーであるBANG & OLUFSEN社のものが搭載されています。良質のサウンドで音声を聞くことができます。



直接スピーカーからの聞こえるサウンドは良いと感じました。また、ヘッドフォンからのサウンドも心地よく聞こえました。



ノイズキャンセル機能があるから、Skype会議でもクリアな音声


出張やテレワークなどで会社以外の場所からSkypeでビデオ会議に参加する場合、周囲のノイズが邪魔になってうまく伝わらないことがあります。何回も言い直すのは非常にストレスがかかりますが、このパソコンにはノイズキャンセル機能が搭載されています。




マイク機能が最適化されるため、周りのノイズをキャンセルしてクリアな音が伝えられます。Skype会議がスムーズに進むようになってとても便利です。




インターフェースはUSBポートとmicro SDカードスロット プレゼンにはアダプターが必要になるかも


周辺機器との接続に必要なポート類は、以下のものが搭載されています。

まず、USB3.1ポートが1つあります。フルサイズですので、一般的なUSBメモリや外付けハードディスクなど、多くの製品をつなぐことができます。




このUSBポートは下の写真のようにコンパクトになっています。使う際は手で少し広げてあげるか、USBをうまくひっかけるようにして広げるとスッと差し込むことができます。







ほかにはmicro SDカードスロットとUSB Type-Cポートが2つあります。

USB Type-Cに対応した機器が増えてきているので、複数の機器を同時に接続することができ、とても使い勝手が良いです。

一方で、フルサイズのUSBポートも非常によく使われているので、このUSBポートが1つしかないと、複数のUSB機器を接続するのに不便さを感じるかもしれません。

また、仕事などで使う場合には、HDMIポートがあるとプレゼンに使えて便利だと思ったのですが、残念ながら搭載されていません。必要であれば、下の写真のようにUSB Type-Cポートに接続してHDMIが使えるようにできるアダプターを要しておくと良いでしょう。







バッテリー持続時間は最大22時間


バッテリーの持続時間は最大で22時間もあります。とても長いです。現在販売されているノートパソコンの中でも上位のバッテリー時間です。ただ、UHDディスプレイを搭載したパフォーマンスプラスモデルは、約10時間と短くなっていますのでご注意ください。


ACアダプターを持ち歩きたくない人は、なるべくバッテリー持続時間が長いものを選択してみてください。バッテリー持続時間が長いので、フルに充電してパソコン本体だけを持っていけば、余裕で一日作業ができます。


ACアダプターは下の写真のようになっています。コードをくるくるとアダプタに巻き付けることができて便利です。手のひらサイズの大きさで、重さは全体で約294グラムとなりました。




ACアダプターに接続するコンセントは2種類同梱されていて、1つは上の写真でもあるようにアダプターにコードを接続するタイプで、もう一つは下の写真のようにACアダプターに直接コンセントを接続するタイプのものです。コンセントを直接挿すタイプだと、とてもコンパクトで軽くなり232gとなります。







ノートPCの温度とファンの音が制御可能だから、快適な環境で作業ができる


ノートパソコンの温度とファンの動きを調整できる機能が搭載されています。


膝の上に乗せて作業をしていると、熱で足が熱く感じられることがありますが、そのような場合でも適度な状態にして作業ができます。


また、顧客先や図書館、カフェなど、静かにしないといけないような場所でパソコンを使用する際に、ファンの音がしないように制御することも可能です。非常に静かに使えます。






性能と仕様の確認


HP Spectre x360 13の性能と仕様は以下のようになっています。


 モデル ベーシック ベーシックプラス スタンダード パフォーマンス パフォーマンスプラス  WWAN 
 OS Windows 10 Home   Windows 10 Pro  
 CPU Core i5-1035G4  Core i7-1065G7  
メモリ 8GB   16GB   
ストレージ   SSD 256GB
(PCIe NVMe M.2)
SSD 512GB
(PCIe NVMe M.2)
 SSD 1TB 
(PCIe NVMe M.2)
 Optane
メモリ
 - Optaneメモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ (32GB / NVMe M.2) 
 光学ドライブ  なし 
 LTE
(nano SIM)
有線LAN
無線LAN ○ 
 HDMI
 SDカード  micro SD 
 USB USB 3.1 × 1
USB Type-C × 2 
 サイズ 13.3インチ      
 液晶 Full HD
IPS液晶
1920×1080
 UHD(4K) IPS液晶
3840×2160
Full HD
IPS液晶
1920×1080 
 タッチパネル+
タブレット変形
○   
 Office 選択可 
Office Home and Business
Office Personal
 カラー アッシュブラック
ポセイドンブルー 
アッシュブラック  
 バッテリー 22時間 10時間   22時間
 重量 約1.22kg   
 保証期間 1年(有償:3年)   
  


今回のレビューでは、以下のモデルを使用しました。

モデル名: WWANモデル
OS: Windows 10 Pro
CPU: Core i7-1065G7
メモリ: 16GB
ストレージ:SSD 1TB
Optaneメモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ (32GB / NVMe M.2) 
カラー:アッシュブラック

CPUはCore i7でメモリは16GBを搭載しています。パソコンの起動も速く、インターネットの閲覧や書類作成などもサクサクと動作して非常に快適でした。

CPUの性能を考えると、Core i5でも全く問題なく使えるでしょう。最新世代のCPUですし、実際にとても高速に動作します。

SSDはPCIe NVMe M.2という規格で高速に動作するものが搭載されています。PCIe NVMe M.2規格のSSDは、現在利用できるSSDの中で一番高速に動作するタイプのものになります。非常に快適に使うことができるでしょう。ベーシックモデルからWWANモデルまですべてのモデルに搭載されています。

ベーシックプラスモデル以上の製品には、Optaneメモリーも搭載されています。SSDをさらに高速化する技術で、アプリの動作などがより快適になります。余裕があれば、Optaneメモリを搭載したモデルを選択すると良いでしょう。

持ち運ぶためのパソコンということで注意する点としては、バッテリー持続時間があります。パフォーマンスプラスモデルを選択すると、バッテリー持続時間が最大で約10時間になって他のモデルよりも短くなります。

また、パフォーマンスプラスモデルはディスプレイが4K液晶となり非常に鮮やかになります。画質にこだわった使い方をする場合は、こちらのモデルを選択すると良いでしょう。

WWANモデルにはSIMカードスロットが搭載され、SIMカードによる4G/LTE通信ができます。nano SIMに対応しています。




CPUのパフォーマンスチェック


CPUの性能をPASSMARKという専用のソフトで計測しました。

HP Spectre x360 13は上述したように、CPUのパフォーマンスを調整することが可能です。今回はHP推奨モードと静音モードでパフォーマンスの違いを見てみました。

まず、HP推奨モードです。12208となり、非常に高い結果が得られました。とても高速な動作です。




続いて静音モードです。HP推奨モードと比較すると、CPUのパフォーマンスは下がりましたが、それでもとても高い結果です。静かな動作で、しかも高速な動作が期待できます。






外観のチェック


HP Spectre x360 13の外観をチェックしてみましょう。カラーモデルはアッシュブラックになります。

上品なブラックの天板にHPのロゴが刻まれています。とても上品な質感です。




ディスプレイを開いて起動したところです。








洗練されたフォルムです。









ディスプレイは360度回転するので、下の写真のようにペタッと開くこともできます。







タブレットに変形したところです。






本体右側です。micro SDカードスロット、カメラON/OFF切り替えスイッチ、USB Type-Cポート×2があります。





本体左側です。電源ボタン、マイク・ヘッドフォン端子、USB3.1ポート、SIMカードスロット(WWANモデルのみ)が搭載されています。




手前側です。




背面側です。






まとめ


HP Spectre x360 13はとても洗練された上品なデザインをしていて、しかも性能が高いノートパソコンです。

このパソコンで仕事をしていたら、とてもかっこよく見えるんじゃないだろうかと思ってしまいました。それくらいエレガントなデザインです。

性能も高いので、サクサクと快適に動作するのも良いなと思いました。プライベートで使うのも良し、仕事で使うのも良し。幅広く使えるノートパソコンです。

当サイト限定割引クーポン配布中です。合計価格が12万円以上の場合7%の割引となります。詳しくは下記リンクをご参照ください。Spectre x360 13は個人向けPC用のクーポンを利用すると割引が適用されます。

当サイト限定割引クーポン → HP限定クーポン


詳細はこちら →  HP Spectre x360 13 (直販サイト)





  1. 1kg以下の超軽量ノートパソコン
  2. SIMフリー/LTE対応ノートパソコン
  3. [レビュー]LIFEBOOK UHシリーズWU2/D2はビジネス用途に便利な超軽量ノートPC
  4. dynabook RZ63レビュー 出張やプレゼンに強い軽量ノートPC

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー