ホーム » おすすめ » DELL New Inspiron 15 7000

[レビュー]DELL Inspiron 15 7000はGeForce GTXを搭載した持ち運びもできる軽量なノートPC



DELL Inspiron 15 7000はHシリーズのCPUとNVIDIA GeForce GTXシリーズのグラフィックスを搭載した、とても高性能なノートパソコンです。

インターネットやメール、Officeソフトを使った書類作成はもちろんのこと、画像や動画編集、プログラミング、イラストやデザインなどの負荷のかかりやすい作業にも使うことができます。

ハイスペックなノートパソコンとしては軽量で、移動や持ち運びにも対応することができます。

実際にDELL Inspiron 15 7000を使ってみましたので、レビューをご紹介します。

DELL Inspiron 15 7000は割引価格で購入することができます。以下のリンクよりクーポンをご利用ください。

割引クーポンはこちら:割引クーポン


詳細はこちら →  DELL Inspiron 15 7000(直販サイト)






このページの内容



   

画像や動画編集、デザインなどのクリエイティブな用途や負荷のかかる作業に使える高い性能


DELL Inspiron 15 7000にはCore i7-10750HまたはCore i5-10300Hという、とても性能の高いCPUが搭載されています。

13.3インチサイズのモバイルノートパソコンや、一般的な15.6インチのホームノートPCに搭載されていることが多いUシリーズのCPU(Core i7-10510UやCore i5-10210Uなど)よりも、性能が1.5~2倍程度高いです。そのため、パソコンに負荷のかかる作業をしてもより高速に実行でき、そして処理時間も短くなります。




搭載されているグラフィックスも高性能で、NVIDIA製のGeForce GTX 1650または1650Tiを搭載することができます。

画像や動画編集、デザイン、イラスト制作など、高いグラフィックス性能を必要とする作業をすることが可能となります。




また、一般的なノートパソコンではフォートナイトなどのゲームをプレイするのは難しいのですが、このパソコンであれば快適にプレイを楽しむこともできます。普段の作業の合間にゲームを楽しむのも良さそうです。






持ち運ぶこともできる15.6インチのハイスペックノートPC


ハイスペックな15.6インチノートパソコンというと、これまでは分厚くて重そうというイメージがありましたが、DELL Inspiron 15 7000はとても薄くて軽い作りになっています。初めてこのPCを触ったときには、軽くてとてもスッキリとした筐体にびっくりしました。

ハイスペックなノートパソコンを持って部屋を移動したり、カバンに入れて外出先に持って行きたいという場合もあると思います。そのような場合でも、DELL Inspiron 15 7000は良い選択肢になるのではないかと思います。


実際、A4ノートと大きさを比べてみると、下の写真のようになっています。A4サイズよりは大きくなるのですが、一般的な15.6インチのノートパソコンよりも奥行き、幅ともにコンパクトにできています。




重さを計量すると約1.87kgでした。メーカーのホームページには1.75kg~とありますので、個々によって多少の誤差はあるようです。とはいえ、2.0kg以下の重さになるととても使いやすいですし、持ち運びもしやすくなります。




本体を指で挟んで真横から見たところです。厚さは20mm未満となっていてとてもスリムです。両手で持ったときにすっきり持てるので、実際の重さよりも軽く感じます。PCを持って部屋を移動するなど、ちょっとした移動も気軽にできます。




実際にカバンに入れてみたところです。A4ノートよりも大きめのものが入るカバンであれば問題なく入ります。




ノートPCをカバンに入れたところです。スリムなのでカバンの中のスペースにも余裕があります。





ただ、下でも紹介しているように、ACアダプターは重いです。車で移動するような場合にはACアダプターとセットでも問題ないと思いますが、徒歩で外出先に持ち出して作業をする場合は、なるべくノートPC単独で持ち運び、バッテリー駆動だけで作業できるような短時間の使用がおすすめです。


それでも、重さが約1.75kg~となっていて、従来のハイスペックなノートパソコンと比べて持ち運びがしやすいというのはとても使い勝手が良いです。普段は自宅やオフィスなどを中心にして使いながらも、部屋を移動して使ってみたり、時々は持ち出すという使い方ができるノートパソコンです。




   

清涼感のあるデザイン


高性能なCPUとグラフィックスを搭載したノートパソコンというとゲーミングノートPCのイメージがありますが、ゲーミングノートPCのキラキラしたデザインよりも落ち着いたデザインのものが良いという人も多いのではないでしょうか。

DELL Inspiron 15 7000は下の写真のように、本体カラーがシルバーとなっていて、とても清涼感のあるデザインとなっています。




インターネットやWord、Excelなどのソフトを使った書類作成から、画像・動画編集、デザインなどの負荷のかかる作業まで、爽やかに気持ちよく作業ができます。




キーボードやディスプレイもスリムになっていて、とてもスッキリしています。








キーボード


15.6インチの大きさがあるので、キーボードはゆったりと使えます。テンキーも搭載されていて、数字や金額などの情報を入力する時に便利です。




キーの大きさや間隔、配列など、特に気になるところはありません。問題なく入力できるでしょう。




打鍵感も程よくあり快適に作業ができます。




タッチパッドです。




バックライトも搭載しています。プレゼンやセミナーが行われるような照明が暗くなる部屋で作業する場合などに便利です。






ディスプレイ


sRGBカバー率が97.4%となっていて、色域の広いディスプレイが搭載されています。画像や動画編集など、作品の色彩が重要になるような作業を行うのにも適した画面です。




視野角も広く、上や横など角度を変えて見てもしっかりと表示されます。とても見やすい画面です。




ディスプレイのフレームはとてもスリムで、画面占有率が非常に高いです。とてもスタイリッシュに見えます。




ディスプレイは非光沢液晶で、蛍光灯などの映り込みが抑えられます。また解像度は1920×1080のフルHDとなっています。




Windows 10 Proを選択可能


OSはWindows 10 Home、またはWindows 10 Proを選択することができます。

Windows 10 Proを選択すると、ストレージ全体を暗号化できるbitlockerという機能を使うことができるようになります。万が一ノートパソコンが盗難にあったり紛失したりしてストレージを抜き取られたとしても、大事なデータを読み出すことができなくなります。

また、Hyper-Vと呼ばれる仮想化機能を使うこともできます。プログラミングをする場合にとても役に立つ機能です。今流行りのDockerを使った開発も便利になります。

他にもビジネス用途でWindows 10 Proを選択する場合がありますので、仕事で必要な場合には検討してみてください。

一般的な用途であればWindows 10 Homeで全く問題ありません。




指紋センサーとTPMチップ搭載で安心のセキュリティ


電源ボタンは指紋センサーを兼ねていて、ワンタッチでログインすることが可能になります。パスワードを入力する手間が省けるのは便利ですね。




また、セキュリティを高めることにもつながりますので、大事なデータを見られたり、パソコンを勝手に操作されたりということを防ぐことができます。

仕事で使う大事なデータや、苦労して作り上げた作品を守ることができます。





撮影防止用カバー搭載のカメラとマイク、スピーカーを搭載し、テレワークにも活用できる


最近はテレワークが進んでいて、自宅からパソコンを使って仕事をすることが増えてきました。

DELL Inspiron 15 7000にはカメラとマイク、そしてスピーカーが搭載されているので、ZoomやTeams、Skypeといったビデオ会議ソフトを使ったテレワークやリモートワークにも対応することができます。

カメラはディスプレイを開いて顔の正面に来る位置に搭載されています。カメラには撮影を防止するカバーが搭載されていて、撮影のONとOFFを手動で切り替えることができます。Zoomなどを使っていると、カメラに映りたくないというときもあります。アプリの設定では不安になることも多いですが、このようにカバーをかけることで確実に撮影をOFFにできるので安心です。




スピーカーは底面に左右1つずつ搭載されています。音質はとても良いと感じました。テレワークで相手の声を聞くだけでなく、音楽を楽しむこともできそうです。






ポート類はバランスよく搭載


DELL Inspiron 15 7000に搭載されたインターフェースは、以下のようになっています。よく使われるポート類がバランスよく搭載されていますので、様々な周辺機器を接続することができるでしょう。

・HDMIポート
・USB3.1ポート×2
・USB Type-Cポート×1
・マイク・ヘッドフォンジャック







SDカードスロットはmicro SDに対応しています。写真や動画編集に使う場合など、デジカメやビデオカメラで使われることが多いフルサイズのSDカードを扱う場合には、別途SDカードリーダーをご用意ください。Amazonで1,000円前後で購入することが可能です。

詳細はこちら →  SDカードリーダー




ACアダプター


ACアダプターは下の写真のようになっています。ハイスペックなノートパソコンなので、ACアダプターは大きくなっています。




手のひらいっぱいの大きさです。




重さは500gです。一般的なノートパソコンのものと比べると重いです。







性能と仕様の確認


DELL New Inspiron 15 7000の仕様と性能は以下のようになっています。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-10300H
Core i7-10750H
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 512GB / 1TB
 ディスプレイ  フルHD(解像度:1920×1080)
非光沢
光学ドライブ -
 グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650 / 1650Ti
SDカード
(micro SDカードスロット)
有線LAN -
無線LAN
指紋認証
USBポート USB3.1 × 2
USB Type-C × 1
HDMIポート
Office 選択可
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
Microsoft Office Professional
 カラー シルバー
 重さ  約1.75kg~



今回のレビューで使用したDELL Inspiron 15 7000の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-10U750H
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 1TB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1650Ti
ディスプレイ:フルHD(解像度:1920×1080)


OSはWindows 10 HomeまたはWindows 10 Proを選択することができます。ビジネスなどで必要な場合や、暗号化機能のbitlocker、仮想化技術のHyper-Vを使いたい場合はWindows 10 Proを選択してください。

ただ、仕事用途であっても、メールやネット、Officeソフトを使った書類作成などの一般的な用途であればWindows 10 Homeで全く問題ありません。通常はWindows 10 Homeを選択すればよいでしょう。

CPUはCore i5またはCore i7から選択できます。性能はCore i5 < Core i7となります。両者ともハイスペックなCPUですので、一般的なノートパソコンに搭載されているCPUよりも1.5~2倍程度高性能です。価格を重視するならCore i5、パフォーマンスを重視するならCore i7を選択すると良いと思います。

メモリは8GBまたは16GBを選択することができます。

グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX 1650または1650Tiから選択できます。性能はGeForce GTX 1650 < 1650Tiとなります。GTX 1650よりも GTX 1650Tiの方が約20%ほど高性能になります。


Officeは3種類から選ぶことができます。Office Home and BusinessにはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookが入っています。Office PersonalにはWord、Excel、Outlookだけとなります。Office ProfessionalはOffice Home and Businessに含まれるソフトに加えて、データベースソフトやDTPソフトが加わります。




ベンチマーク


Passmarkというソフトを使って、CPUとストレージのベンチマークを測定しました。測定に用いたパソコンのスペックは、この上の性能と仕様の項を参照してください。

まずCPUです。スコアは13278となり、とても高い値となりました。一般的なノートパソコンに搭載されることが多いCore i5-10210Uが8400程度のスコアを示すので、それと比較すると約1.6倍高性能です。非常に高速な処理が可能です。





続いてストレージです。スコアは22677となり、非常に高速な動作が可能となっています。SSDの中でもかなり高速な方です。パソコンの起動や終了、アプリの動作やデータの読み書きが高速化されます。





続いてグラフィックスの性能を3DMarkというソフトを使って測定しました。NVIDIA GeForce GTX 1650Tiでは、指標となるFireStrikeのスコアは8889となりました。一般的なノートパソコンに搭載されるIntel UHDグラフィックスと比較しても約9倍も高い性能です。高いグラフィックス性能を必要とする作業でも快適に動作します。







外観のチェック


DELL Inspiron 15 7000の外観をチェックしてみましょう。

天板を閉じたところです。とても爽やかな色合いです。中央にDELLのロゴが刻印されています。





筐体は薄くできているので、15.6インチの大きさがあってもスッキリ置いておくことができます。




本体の背面にあたる部分は、下の写真のようになっています。ギリシアの柱のような形状がオシャレに感じます。




正面から見たところです。ディスプレイのフレームが細くなっていて、画面占有率がとても高いです。







ディスプレイを開くと、本体の奥側が少し持ち上がり、キーボードにゆるやかな傾斜がつくようになっています。入力がしやすくなるようになっています。







後ろ側から見たところです。










各側面です。













まとめ


DELL Inspiron 15 7000は、2.0kgを切る持ち運びがしやすい薄くて軽いハイスペックなノートパソコンです。

インターネットやメール、WordやExcelを用いた書類作成はもちろんのこと、画像や動画編集、プログラミング、イラストやデザイン、ゲームなどの負荷のかかる作業もこなすことができます。

清涼感のあるデザインというのも良いポイントです。とても爽やかに使うことができます。

ハイスペックなノートパソコンで持ち運びがしやすいもの、そしてデザインの良い製品を探している方は、ぜひ検討してみてください。

DELL Inspiron 15 7000は割引価格で購入することができます。以下のリンクよりクーポンをご利用ください。

割引クーポンはこちら:割引クーポン


詳細はこちら →  DELL Inspiron 15 7000(直販サイト)




  1. [レビュー]DELL New Inspiron 13はコストパフォーマンスの高いモバイルノートパソコン
  2. [レビュー]DELL Inspiron 14 5000は上品なデザインで軽量なノートパソコン
  3. [レビュー]DELL New XPS 13はコンパクトで出張に最適な高性能ノートPC
  4. DELLの持ち運びに便利な薄型で軽いノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー