ホーム » おすすめ » DELL New Inspiron 13 2-in-1

[レビュー]DELL New Inspiron 13 2-in-1はデジタルペンの使い勝手が良い軽量なノートパソコン


DELL Inspiron 13 7000 2-in-1は、タブレットPCとしても使える便利なノートパソコンです。標準で付属する専用のデジタルペンは、手で持ったホールド感や書き味が良く、しかもPC本体にしっかりと収納できるようになっています。

最新のCPUが搭載されていて性能も良く、快適に動作します。品質の高いディスプレイが搭載され、周辺機器との接続に必要なポート類もバランス良く搭載されています。

実際にDELL Inspiron 13 7000 2-in-1を使ってみましたので、レビューをご紹介します。


Inspiron 13 7000 2-in-1は割引価格で購入することができます。以下のリンクよりクーポンをご利用ください。

割引クーポンはこちら:割引クーポン


詳細はこちら →  DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(直販サイト)




このページの内容




標準付属のデジタルペンを収納でき、置き忘れることがない


DELL Inspiron 13 7000 2-in-1にはデジタルペンが標準で付属しています。手書きで直接PCに入力できて非常に便利です。専用ペンですので、書いている途中で線が途切れたりすることもありません。ディスプレイがツルツルしているので、紙に書く時と同じような摩擦を感じることはないのですが、手で持った時のホールド感も良く、書き込みがしやすいペンだと思います。




デジタルペンを使う時に問題になるのが、持ち運ぶのを忘れてしまうことです。PCとは別に持って行かなければならないので、必要な時にペンがない!ということが起こります。しかし、DELL Inspiron 13 7000 2-in-1では、写真のようにキーボードの上部にペンを収納するスペースが確保されていて、使い終わったらここに収納しておけば大丈夫です。収納したままディスプレイを閉じることが可能なので、ペンを持ち運ぶのを忘れる心配がなくなります。しかも、ここに置いておけば、自動的にペンを充電してくれるので、ペンが電池切れで使えないという心配もありません。とても便利なペン置き場です。


ペンを置くための収納スペース。ペンを置いておくと、自動的にペンの充電も可能。




ペンを置いたところ。このままディスプレイを閉じて持ち運ぶことができる。ペンをどこかに置き忘れる心配がない。




タブレットPCとしても使え、付属のペンを使って議事録の作成やホワイトボードの代用、イラストの描画が可能


DELL Inspiron 13 7000 2-in-1はディスプレイを360度回転させることで、タブレットPCとしても使うことができます。普段の作業はノートパソコンで行い、寝転がって電子書籍を読んだり、ネットサーフィンをしたいと思った時はタブレットPCで、という使い方ができます。一台二役の活躍です。




もちろん、ディスプレイはタッチパネルですので、指でタッチして操作することが可能です。両手で持って使うことももちろんできるのですが、重さが約1.3kg前後あるので、長時間両手で持って使うのは疲れるかもしれません。そのため、テーブルの上に置いて使ったり、回転角度を270度くらいに調整してディスプレイを斜めになるようにするととても使いやすいです。



ペンで書き込んで議事録を作成したところ。


標準で付属するデジタルペンを使えば、議事録を作成したりイラストを描いたりすることができます。特にビジネスの現場では、ホワイトボードの代わりに書き込んだり議事録が作成できると、とても便利です。PCに直接書き込んだ内容をPDF化してメール添付で関係者に配布することができますので、議事録作成に要する時間を短縮化することができますし、資料として共有することが簡単になります。

手書き入力で使えるソフトはいろいろありますが、Officeソフトに入っているWordやOneNoteが手書きに対応しています。仕事用で使っている人も多いと思いますので、問題なく対応できるでしょう。


また、イラストを描くこともできます。絵を描いたり、マンガを描いたりするのにも良さそうです。






スリムでかっこいいデザイン


DELL Inspiron 13 7000 2-in-1はブラックの色合いがとても上品なノートパソコンです。ディスプレイのフレームも細くなっていて、洗練された印象があります。




高級感のある素材で、本体もスリムなので、とても洗練された印象があります。




ディスプレイとキーボードをつなぐヒンジです。キラリと光り、落ち着きの中にささやかながらも優雅な華やかさがあります。




キーは本体の色よりも少し明るめのグレーとなっていて、文字色のホワイトによって、アクセントが添えられているように感じます。









薄くて軽いから持ち運びに便利


DELL Inspiron 13 7000 2-in-1は薄くて軽く、持ち運びに便利なノートパソコンです。

重さを計測してみたところ、約1.31kgでした。めちゃめちゃ軽いというわけではありませんが、自宅で使う場所を変えるためにPCを動かすのはもちろんのこと、カバンに入れて持ち運ぶのも問題ない重さです。




厚みも抑えらえていて、とてもすっきりとした感じがします。本体が薄いとかっこよく見えます。仕事で使う場合は、デキルビジネスパーソンに見えそうですね。




本体はA4ノートとほぼ同じ大きさです。13.3インチのサイズですが、ディスプレイを取り囲むフレームが細くできているので、他社の13.3インチノートPCと比較してコンパクトにできています。





私が実際に使っているビジネスカバンにA4ノートと一緒に入れてみました。スリムかつA4ノートと同じ大きさなので、違和感なく収まります。他の資料とも一緒にスッと入り、楽々持ち運ぶことができます。また、本体がブラックなので、黒のカバンによく合います。








   

最新の高性能CPUを搭載しているから快適に動作する


Inspiron 13 7000 2-in-1には最新のIntel製CPUが搭載され、メモリは最小8GB/最大16GBです。ストレージは最も高速に動作するタイプのSSD(PCIe NVMe M.2)が搭載されていて、非常に軽快に動作します。






キーボード


キーボードは以下のようになっています。キーボード右側のEnterキー周辺のキーの間隔が詰まっているところがありますが、それ以外は特に気になる点はありません。打鍵感も程よく感じられ、打ちやすいキーボードです。




キーボードの左側は、特に気になる点はありません。



右側にあるEnterキーと「む」キー、そしてbackspaceキーと「\」キー、Shiftキーと「ろ」キーがくっついています。EnterキーとShitキーはしっかりと大きさが確保されていますので、打ち間違えることはないでしょう。ただ、「¥」キーは少し小さいので、最初は目で確認しながら入力した方が良さそうです。




タッチパッドです。縁の部分が金属加工になっています。見る角度によってエレガントな輝きを放ちます。ブラックのカラーで統一された中で優雅なアクセントになっています。




バックライトにも対応しています。照明が落ちるセミナー中に使用したり、夜行バスなどに乗るなど、暗い場所で作業をすることがあっても大丈夫です。







タッチパネル搭載のディスプレイ フルHDとUHDの2種類から選択可能


ディスプレイはタッチパネルが搭載されていて、指でタッチして操作することが可能です。スマホのように、スクロール操作やピンチ操作(指でつまんだり、押し広げたりするような操作)が可能です。

外出先などでノートパソコンを置く場所がないときに、画面にタッチして操作することができるので操作が楽になります。ビジネスでは、顧客先でプレゼンをするような場合、お客さんに実際に画面を操作してもらいながら確認してもらうことも可能です。自分はマウスやタッチパッド、お客さんは指で操作(逆も可)でという使い方ができるので、プレゼンや打ち合わせがスムーズに進みます。




ディスプレイはフルHD(解像度:1920×1080)とUHD(解像度:3840×2160)の2種類が用意されています。今回のレビューではUHDのディスプレイを搭載したモデルを使用しています。鮮やかな表示が可能で、広視野角ディスプレイなので横から見たり上から見ても色の変化がなく、とても見やすいです。

一般的な用途であればフルHDのディスプレイで全く問題ありません。動画や画像などもしっかりと楽しめます。デザイン作業など、より高精細な表示が必要であればUHD搭載モデルを選択してみてください。


見る角度を変えても、綺麗に表示されます。見やすいディスプレイなので、作業がしやすいです。




sRGBカバー率は95.4%となっていて、広い色域です。色彩表示がしっかりできるので画像や動画鑑賞をするだけでなく、画像や動画の編集、イラスト制作などにも適しています。






Windows 10 HomeまたはProを選択可能


OSはWindows 10 HomeとWindows 10 Proを選択することができます。

自宅で使うなど、個人用途で使う場合にはWindows 10 Homeで問題ありません。

また、プログラミングで使ったりビジネス用途で使うなどの場合に、Windows 10 Proが選べるのはうれしいですね。ストレージ全体を暗号化できるBitlockerや、離れた場所にあるPCにログインできるリモートデスクトップ、過疎化技術であるHyper-Vなどの機能が使えます。





安心のセキュリティ機能


指紋センサーがキーボードの右上に搭載されています。このセンサーは電源ボタンを兼ねています。ワンタッチでログインできるので便利ですね。しかも、他人がPCを使用することを防ぐことができ、セキュリティを高めることができます。

指紋情報はTPMセキュリティチップ内に安全に保存されます。非常に高いセキュリティのチップなので、指紋情報が漏洩することはありません。

また、Windows !0 Proを選択すれば、ストレージ全体の暗号化にも対応できるので、よりセキュリティが強固になります。万が一盗難にあってもデータを盗み見られる心配がほとんどなくなります。暗号に必要となる暗号鍵も、TPMセキュリティチップに安全に保存されます。





カメラにはレンズカバーが搭載されています。すぐ上のレバーを左右に動かすことで、撮影の可/不可を切り替えることができます。付箋をはってレンズを隠すというようなことをしなくても良くなります。カメラで撮られているかも、という心配がなくなりますので安心して使うことができます。







周辺機器との接続に使うポート類


インターフェースはよく使うものが搭載されています。周辺機器との接続に困ることはほとんどないでしょう。

USBポートは一番普及している標準サイズのUSBポート(USB3.2)が1つと、USB Type-Cポートが1つ搭載されています。できればもう一つUSB3.1ポートがあると、複数のUSB機器を同時に接続できて便利だったのですが、1つあればまず大丈夫でしょう。また、USB Type-Cポートは電源コネクタを挿すのにも使われますので、コンセントから電源使用中にUSB Type-Cポートを使う場合は、一旦ケーブルを外す必要があります。頻繁にUSBポートを複数利用するようであれば、USBハブを別途ご用意ください。




SDカードスロットはmicro SDカードに対応しています。




HDMIポートが搭載されていて、プレゼンに使うことができます。出張などでプレゼンをするときにも困らないので安心です。




実際にHDMIケーブルでつなぎ、PCの画面を映し出すことができました。




また、USB Type-Cポートはディスプレイ出力もできますので、USB Type-Cポートを備えたモニターを使うこともできます。




HDMIやUSB Type-Cポートを使うと、2画面で作業ができるので効率的に作業を進めることができます。



バッテリーとACアダプター


急速充電ができるようになっていて、1時間あれば最大80%まで充電できます。急いでいるときには、とても便利な機能です。

ACアダプターは手のひらに収まるサイズですが、13.3インチタイプのノートPCのものとしては若干大きいです。重さはケーブル込みで300gでした。







充電に関して、モバイルバッテリーからの充電にも対応しています。Power Delivery対応のモバイルバッテリー(最大20W出力)を使って、電源OFFの状態で充電することができました。









性能と仕様の確認


DELL New Inspiron 13 7000 2-in-1の仕様と性能は以下のようになっています。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-1135G7  Core i7-1165G7
メモリ 8GB 16GB 
ストレージ SSD 512GB
 ディスプレイ フルHD(解像度:1920×1080)
広視野角、タッチパネル
UHD(解像度:3840×2160) 
広視野角、タッチパネル
 サイズ 13.3インチ 
 タブレット変形 〇 
光学ドライブ -
SDカード micro SDカードスロット
有線LAN -
無線LAN
指紋認証
USBポート USB3.1×1
USB Type-C × 1
HDMIポート
Office 選択可
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
 重さ  約1.27kg~



今回のレビューで使用したDELL Inspiron 13 7000 2in1の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-1165G7
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 512GB
ディスプレイ:UHD(解像度:3840×2160)



OSはWindows 10 HomeまたはProから選ぶことができます。普通の使い方であればWindows 10 Homeで全く問題ありません。ビジネスで使用したり、セキュリティを高めた使い方をしたい、リモートデスクトップでネットワークを介してWindowsにログインしたいというような場合はWindows 10 Proを選択してみてください。

CPUはCore i5またはCore i7を選択できます。どちらも最新の第11世代のCPUなので、現在販売されているノートPCの中でも高い性能を持っています。CPUとメモリ、ディスプレイの対応が決まっていて、CPUがCore i5の場合はメモリ8GB、ディスプレイがフルHD(解像度1920×1080)、Core i7の場合はメモリ16GBでディスプレイがUHD(解像度3840×2160)となります。

一般的にはCore i5を選択しておけば、幅広く対応できるので安心です。負荷のかかる作業を多くしたり、高精細なディスプレイが良い場合には、Core i7を搭載したモデルを選択すれば良いでしょう。

ディスプレイはフルHDまたはUHDの2種類が用意されています。ネットやOfficeソフトを用いた書類作成など、一般的な作業をする場合にはフルHDで全く問題ありません。高精細な画面で動画や写真を楽しみたい人や、グラフィックス処理をする場合など、高精細な画面が必要であればUHD搭載モデルを選択してみてください。

SSDはPCIe NVMe M.2接続のものが搭載されていて、とても高速に動作します。パソコン自体の起動やアプリの動作、データの読み書きが速くなります。


Officeは2種類から選ぶことができます。Office Home and BusinessにはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookが入っています。Office PersonalにはWord、Excel、Outlookだけとなります。




   

ベンチマーク


CPUとストレージの性能を計測しました。使用した製品のスペックについては、性能と仕様の確認の項をご参照ください。


まず、CPUです。Passmarkというソフトを使っています。スコアは10100となりました。高いスコアで快適に使うことができるでしょう。





続いてストレージ(SSD)です。スコアは9049となりました。問題のない速度が出ています。高速な動作が可能なので、パソコンが軽快に動作するでしょう。






外観のチェック


DELL Inspiron 13 7000 2-in-1の外観をチェックしてみましょう。

ディスプレイを閉じたところです。天板の中央にDELLのロゴが刻印されています。上品な色合いと良い質感のある天板です。




ディスプレイを開いたところです。




ディスプレイは360度回転するので、このように180度ペタッと開くこともできます。




タブレットに変形したところです。




後ろ側から見たところです。キーボードの奥側が少し持ち上がっていて、角度が付くようになっています。キー入力がしやすくなるというメリットがあります。










各側面の写真になります。















まとめ


Dell Inspiron 13 7000 2-in-1はノートパソコンとしてもタブレットとしても使えて、とても便利です。デジタルペンも標準で付属していて親切ですし、パソコン本体に収納できるスペースもあり、置き忘れることを防止できます。

性能も高く、搭載しているディスプレイやポート類も問題ありません。デザイン性も良いので、とても良いノートパソコンだと感じました。

Inspiron 13 7000 2-in-1は割引価格で購入することができます。以下のリンクよりクーポンをご利用ください。

割引クーポンはこちら:割引クーポン


詳細はこちら →  DELL Inspiron 13 7000 2-in-1(直販サイト)





  1. DELLの持ち運びに便利な薄型で軽いノートパソコン
  2. [レビュー]DELL Inspiron 14 5000は上品なデザインで軽量なノートパソコン
  3. [レビュー]DELL New Inspiron 13はコストパフォーマンスの高いモバイルノートパソコン
  4. [レビュー]DELL New XPS 13はコンパクトで出張に最適な高性能ノートPC
  5. 持ち運びに便利なおすすめの軽量ノートパソコン
  6. 指紋認証センサー搭載ノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー