ホーム » おすすめ » MacBook Proは持ち運びに便利で高性能なノートPC

MacBook Proは持ち運びに便利で高性能なノートPC



MacBook Proは薄くて軽く、持ち運びに便利なノートパソコンです。13インチモデルが2つと15インチモデルが1つ、合計3つのモデルがラインナップされていて、どれも高性能で非常に快適に使うことができます。


詳細はこちら →   MacBook Pro (Apple公式サイト)

詳細はこちら →  学生・教職員向けストア (Apple公式サイト)



このページの内容



MacBook Proの仕様・性能と価格


MacBook Proには3つのモデルがラインナップされています。まずは、13インチMacBook Pro。このモデルは13インチで光学ドライブや有線LANポートが搭載されています。


そして残る2つは、13インチRetinaモデルと15インチのRetinaモデルです。Retinaモデルの特徴は光学ドライブと有線LANポートはありませんが、1.8cmの薄くてすっきりしたボディとRetinaディスプレイと呼ばれる非常に美しい高精細な画面が特徴です。


以下に各モデルの仕様と性能をまとめています。特徴的な部分を赤で示しています。

サイズ 13インチ 13インチ(Retina) 15インチ(Retina) 
厚み 2.41cm 1.8cm 1.8cm
重さ 2.06kg 1.58kg 2.04kg
バッテリー持続時間 7時間 10時間 9時間
ディスプレイ LEDバックライト  Retina
(高精細)
CPU Core i5 / i7 
メモリー 4GB / 8GB  8GB/16GB
ストレージ HDD 500GB / 1TB SSD 128GB / 256GB / 512GB SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
無線LAN ○   
有線LAN
光学ドライブ -
SDカードスロット  ○ 
USBポート 2つ  
HDMI端子 ○ 
Thunderbolt端子  ○ 
価格  126,800円~  148,800円~  224,800円~




持ち歩きに便利でコスパが一番優れているのは13インチRetinaモデル


MacBook Proは基本的にどれも持ち運ぶことができますが、中でも特に13インチRetinaモデルが一番持ち運びに適していてコストパフォーマンスも良いと思います。


その理由はまず、重さと厚さです。重さは1.58kg、厚さは1.8cmで同じ13インチのMacBook Proは重さが2.06kg、厚さは2.41cmです。同じ大きさなのにRetinaモデルの方が軽くてスッキリと持ち運べます。持ち歩くのであれば少しでも薄くて軽い方が楽ですよね。


そして、性能の高さとストレージ、バッテリー持続時間が挙げられます。CPUは同じCore i5またはCore i7ですが、Retinaモデルの方が性能が高いCPUを搭載しています。メモリもRetinaモデルの方が8GBまたは16GBとたくさんのメモリを積むことができます。少しでも速い処理を行いたいのであれば、高性能のCPUで、メモリをたくさん積んでいる方が良いです。


ストレージについては、13インチMacBook Proモデルがハードディスクなのに対して、RetinaモデルはSSDです。SSDの方が動作速度が速く、PC本体の起動やアプリケーションの動作、ファイル入出力が高速です。新幹線の移動時間中に仕事をしたり、空き時間にカフェでメールをサッと読むような場合などに俊敏に動作してくれます。わずかな時間も無駄にせず、ササっと仕事ができるのが良いところです。


SSDは振動や衝撃にも強く、持ち歩きによる衝撃によって大切なデータが消えてしまうというようなアクシデントにあうことも少なくなります。


バッテリー持続時間も3つのモデルの中では一番長いです。持ち運んで使う場合に、電源なしで動ける時間が長くなるので、電源を持ち運ばなくても良くなくなり、荷物を軽くすることができるようになります。


さらにRetinaディスプレイは非常に高精細な画面です。きれいな画面で文字もくっきり鮮やかですし、画像や動画も鮮やかに表示されます。Windowsのノートパソコンではなかなか見られないディスプレイです。





光学ドライブや有線LANなど、全部入りなら13インチMacBook Proモデル


13インチRetinaモデルがとてもコスパが良いと言っても、使いかたによっては通常の13インチMacBook Proモデルの方が良い場合もあります。


というのも、13インチMacBook ProモデルにはDVDドライブと有線LANポートが搭載されています。Retinaモデルではこれらは搭載されておらず、対応する場合には外付けDVDドライブや有線LANアダプターを使う必要があります。これらの使用頻度が高い場合には、いちいち外付けで接続するのは面倒ですので、全部入りの13インチMacBook Proモデルの方が使い勝手が良いでしょう。


持ち運ぶにしても、重さ約2.0kgで厚さ2.41cmはやや重いかなという感じはしますが、持ち歩けないわけではありません。



15インチMacノートでも持ち歩き可能


15インチのMacBook Pro RetinaモデルはA4ノートよりもやや大きいサイズです。通常15インチのノートパソコンは、持ち歩きには不便だと感じるものが多いです。しかし、MacBook Proの15インチは意外と持ち運べるところがすごいです。


なぜ持ち運べるかというと、15インチのモデルでは最軽量クラスの2.04kgです。これは13インチMacBook Proモデルとほぼ同じ重さです。そして、何よりも15インチのノートPCで厚さが1.8cmというのは非常に薄いです。カバンに入れてもすっきりしていてカバンが分厚くなりません。下の写真はMacBook Airと並べてみたもので、MacBook Pro15インチとMacBook Airの厚さが同じであることがわかります。それくらいすっきりしています。




実際、私の回りでも15インチのMacBook Pro Retinaモデルを持ち歩いている人が何人かいます。大きな画面で作業する方が見やすくてはかどるし、意外と重くなくかさばらないので持ち歩ける、というのがその理由でした。ただ、15インチのモデルを持ち歩いているのはいずれも男性です。女性にとっては15インチは大きくてかさばるのでカバンに入らず、しかも重く感じるかもしれません。




外観のチェック


見た目のチェックをしてみましょう。MacBook Proは非常に薄くてスッキリしたデザインです。以下で紹介するのは15インチRetinaモデルですが、13インチRetinaモデルもキーボード横のスピーカーがないだけで、搭載しているインターフェースや厚さ、デザインなどは基本的に同じです。


天板を閉じたところです。




斜めから見たところです。





真横から見たところです。薄くてすっきりしています。




斜め前から見たところです。




キーボードです。15インチRetinaモデルには左右にスピーカーがついています。13インチRetinaモデルにはついていません。





スピーカーです。音質はクリアで良いサウンドです。





右側面です。横から見るととても薄くてすっきりしているのがわかります。
SDカードスロット、HDMIポート、USBポートが搭載されています。




左側面です。電源、Thunderbolt×2つ、USBポート、ヘッドフォンジャックが搭載されています。




手前部分です。




背面部です。



インターフェースの充実度


USBポートはいずれのモデルにも2つ搭載されています。他の機器をつなぐのは問題ないでしょう。


HDMIポートは13インチMacBook Proモデルには搭載されておらず、もし外部出力する必要がある場合は外付けのアダプターで対応しなければなりません。万が一忘れた場合には対応できなくなる心配があります。一方、13インチと15インチのRetinaモデルには搭載されています。プレゼン等でモニターやプロジェクターに出力するような場合にはRetinaモデルの方がアダプターを忘れる心配がないので安心で便利です。


光学ドライブと有線LANポートは13インチMacBook Proモデルにしかありません。Retinaモデルでは外付けDVD ドライブやアダプターで対応する必要があります。Retinaモデルで有線LANを利用するには、Thunderbolt端子もしくはUSBポートにアダプターを接続すれば大丈夫です。



ソフトウェアについて


写真管理ソフトや動画鑑賞用ソフト、音楽管理ソフトなどが最初からインストールされています。インターネット用のブラウザ、メールソフトももちろん最初から利用することができます。一般的な使いかたをするうえで特に問題になることはないでしょう。


Office(Word, Excel, PowerPoint)はもちろん問題なく使えます。Windowsとの互換性もほとんど問題ありません。出張中にWordで書類を作成するという使いかたができます。



詳細はこちら →  MacBook Pro (Apple公式サイト)

詳細はこちら →  学生・教職員向けストア (Apple公式サイト)






  1. MacBook Airは持ち運びに最適なノートパソコン
  2. Macの整備品は新品並みの品質で安く買えてお得
  3. Macbook AirとMacbook Proの比較~旅行や出張などに最適!
  4. 持ち運び用ノートパソコンに潜む故障のリスクとは?
  5. 国内・海外のホテルでノートパソコンを使う時に気をつけたい5つのこと
  6. カフェや空港など公衆wifiの危険性とセキュリティ対策
  7. 出張や旅行時に安全にインターネットに接続する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加














プライバシー・ポリシー