ホーム » おすすめ » Lenovo Ideapad S540(15)レビュー

[レビュー]レノボIdeapad S540(15)は持ち運べる軽い15.6インチノートPC


Lenovo Ideapad S540(15)は15.6インチのノートパソコンですが、一般的な15.6インチノートPCとは異なり、重さが1.7kgというとても軽量な仕上がりになっています。これまで15.6インチは持ち運ぶのには重いと思われていましたが、Lenovo Ideapad S540(15)であれば持ち運ぶことができます。

それだけではなく、性能面、デザイン面でも優れていて、サクサクと高速に動作し、シンプルでスタイリッシュなデザインなので気持ちよく使うことができます。

これだけのクオリティがあるにもかかわらず、最安で5万円台から購入できるモデルがラインナップされていて、非常にリーズナブルです。

実際にIdeapad S540(15)を使ってみましたので、レビューをご紹介します。

直販サイトでは割引クーポン(Eクーポン)があり、割引価格で購入できます

詳細はこちら → Lenovo Ideapad S540(15) (直販サイト)




このページの内容




15.6インチなのに2kg以下の薄くて軽いノートパソコン


Lenovo Ideapad S540(15)は15.6インチのノートパソコンです。A4ノートと比較すると一回り大きいです。しかし、下で解説しているように、ディスプレイ周りのフレームが細くなっていることもあり、他メーカーの15.6インチノートPCと比較してもコンパクトにできています。サイズの小型化に成功しているようです。




一般的な15.6インチのノートパソコンの重さは2.4kg前後のものが多いです。しかし、Lenovo Ideapad S540(15)はたったの約1.7kgしかなく、15.6インチのノートパソコンとしては非常に軽いです。アルミニウム製のボディで強度も高そうなので、見た目的にずしっと重いのかと思っていたのですが、軽くできていてとてもびっくりしました。




横から見ると11~13インチのモバイルノートPC並みにとてもスリムです。光学ドライブが搭載されていないということもありますが、15型のノートPCでこれほど薄いととても使いやすいです。





15.6インチのサイズはA4ノートよりも大きくなりますので、A4ノートがギリギリ入るような小さなカバンを使っている場合は、Lenovo Ideapad S540(15)は入らないかもしれません。

ただ、筆者が普段使っているビジネスカバンの中にはLenovo Ideapad S540(15)は綺麗に入ってくれました。厚みも抑えられているので、スペースに余裕もあります。男性向けのビジネスカバンや背中に背負うリュックサックを使っている場合は、しっかりと入るのではないかと思います。








15.6インチサイズのノートパソコンは広い画面で作業できるのが大きな魅力ですが、持ち運びづらいのが難点でした。しかし、このLenovo Ideapad S540(15)なら持ち運ぶこともできるようになります。顧客にPCの画面を直接見せながらプレゼンを行ったり、場所を変えて作業をするような場合などには良い選択肢になりそうです。


ただ、それでも1kg前後の軽量なモバイルノートPCと比べると、1.7kgというのは重く感じます。そのため、普段は自宅やオフィスで据え置いて使うのが中心で、時々外に持ち出して使うこともある、というスタイルが使いやすいのではないかと思います。




  

快適に使える高い性能 グラフィックス性能を強化したモデルもあり


Lenovo Ideapad S540(15)はCPU、メモリ、ストレージともにノートパソコンが高速に動作する構成をしています。

CPUはCore i3 / Core i5 / Core i7から選べ、メモリは4GB / 8GB / 12GB、ストレージはSSD 256GB / 512GB / 1TBとなっていて、エントリー、スタンダード、ハイスペックなモデルが揃っています。

インターネットで調べものをしたり、ネットショッピングを楽しむのはもちろんのこと、Officeソフトで仕事の書類作成をするのも全く問題ありません。快適に使うことができます。

また、ゲーミングエディションというモデルもラインナップされています。CPUはモバイル向けのUシリーズ(Core i5-8265UやCore i7-8565U)ですが、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1650が搭載されています。ゲームプレイを楽しんでみたいという方や、高いグラフィックス性能を使う作業を予定している方は検討してみると良いでしょう。


プライベートにもビジネスにも合うスリムでシンプルなデザイン


Lenovo Ideapad S540(15)はディスプレイを閉じると、天板にLenovoのロゴが控えめにあるだけのシンプルなデザインになっています。そして、マグネシウム合金の質感がとても上品に感じられました。Macbook AirやMacbook Proのスペースグレーのカラーと同じ色合いです。




本体もスリムにできています。自宅やオフィスで圧迫感なく使えます。







キーボードはマグネシウムの金属色と合うようにグレーのキーが配置され、良い雰囲気です。








落ち着いた色合いでシンプルなデザインなので、ビジネス用途にもプライベートにも良い感じで使うことができます。




指紋センサー搭載で高いセキュリティと簡単ログインを実現


外出先などに持ち運んで使う場合にはセキュリティが心配になりますが、Ideapad S540(15)には指紋センサーが搭載されていて、他人が勝手にパソコンを使うことを防止することができます。

また、パスワードを入力する代わりに指先をタッチするだけでログインすることができますので、とても操作が楽になります。外出時は無駄に使える時間があまりないことも多いので、ワンタッチでログインできるのは時間短縮につながり便利です。パスワードを誰かに盗み見られる心配もありません。







キーボード


キーボードはテンキーがついたものとなっています。




よく使われるキー(アルファベット、数字、Shift、スペース)などは特に問題ありません。大きさも十分ですし、キーの間隔も大丈夫です。




BackSpaceキーと「\」キーがくっついていて、「¥」キーが小さくなっているのが気になりました。ブラインドタッチで入力してみましたが、Backspaceキーは問題なくタイピングすることができました。ただ、「\」キーは小さいので、どうしても目視で確認しながらの入力となってしまいました。使う頻度は少ないかもしれませんが、最初は慣れるのに時間が必要かもしれません。




タッチパッドです。左右のクリックだけでなく、二本指スクロールやピンチ操作、二本指タップによる右クリックなどにも対応しています。





バックライトも利用することができます。セミナー会場などで照明が落ちるような暗い場所で作業をすることがあっても、キーボードが見やすくなります。










IPS液晶搭載で鮮やかな表示が可能なディスプレイ


ディスプレイを取り囲むフレームは細くなっていて、見た目にもとてもかっこ良いです。画面への没入感があるので、作業をするときもしっかりと画面に集中できます。






ディスプレイはフルHDで解像度は1920×1080となっています。ノングレア液晶です。

IPS液晶が搭載されているので、視野角が広いです。どの角度から見ても鮮やかな表示が可能です。ネットで動画を見たり、写真がたくさん使われたウェブサイトを見るような場合でも綺麗に表示されます。
















カメラシャッターを搭載し、プライバシーを守る


ディスプレイの上側にはカメラが搭載されています。Skypeを使ったビデオ会議などに使うことができます。

このカメラはシャッターが搭載されていて、すぐ上にあるレバーを切り替えることによって、カメラを物理的に遮断することができます。

最近は働き方改革でテレワークで仕事をする機会も増えてきています。Skypeミーティングに自宅から参加する場合、ボサボサの頭など身だしなみがちゃんとできていない格好でも、カメラのシャッターを閉じておけばビデオで相手側に見られる心配もありません。




また、ビジュアルハッキングと呼ばれるパソコンのカメラを乗っ取るウィルスからも守ることができます。カメラが物理的に遮断されていれば、自分の姿を見られる心配はありません。




周辺機器との接続に必要なインターフェースは問題なし


Ideapad S540(15)に搭載されているインターフェースは、ほぼ問題ないといって大丈夫です。使用頻度が高いものが搭載されています。

HDMIポートが搭載されているのでプレゼンに使うことができます。SDカードスロットはフルサイズのものに対応しています。USBポートは標準サイズのものが2つとUSB Type-Cポートが1つあります。複数のUSB機器を同時に使うのも問題ありません。







15.6インチなのですが、DVDドライブと有線LANポートは搭載されていません。その点は少し残念なのですが、13.3インチのモバイルノートPCなどによく搭載されているインターフェースとなっているので、一般的な使用には問題なく使えるでしょう。




バッテリー持続時間は最大16.9時間


バッテリーの持続時間は最大で16.9時間です。フル充電しておけば、バッテリーだけでほぼ問題なく使えるでしょう。

ACアダプターは下の写真のように手のひらサイズの小型のものです。プラグは出っ放しで収納することはできません。その点が少し残念ではあります。




ただ、重さは197gとなっていてとても軽いです。カバンに入れても楽々運べます。





性能と仕様の確認


Lenovo Ideapad S540(15)の性能と仕様は以下のようになっています。

OS Windows 10 Home  
CPU Core i3-8145U
Core i5-8265U
Core i7-8565U
メモリー 4GB / 8GB / 12GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB
無線LAN
有線LAN -
光学ドライブ -
SDカードスロット
HDMI
USBポート USB3.0 × 2
USB Type-C × 1
ディスプレイ Full HD IPS液晶(1920x1080)
光沢なし
サイズ 15.6インチ
グラフィックス Intel UHD 620 /
NVIDIA GeForce GTX 1650 
重さ 1.78kg
バッテリー持続時間 約16.9時間



OSはWindows 10 Homeとなります。Windows 10 Proは選ぶことができません。そのため、リモートデスクトップやbitlockerによるストレージの暗号化はできません。

CPUはCore i3/Core i5/Core i7から選択できます。メモリは4GB/8GB/12GB、ストレージはSSD 256GB/512GB/1TBとなっています。

今回のレビューではCPU:Core i5、メモリ:8GB、ストレージ:256GBのものを使用していますが、とても高速に動作し快適に使うことができました。CPUの性能は高く、しかもSSDがPCIe NVMe M.2タイプのものになっているので、非常に高速に動作します。メモリも8GBあれば問題なく使うことができます。

グラフィックスはIntel UHD 620を搭載したモデルと、NVIDIA GeForce GTX 1650を搭載したモデル(ゲーミングエディション)を選ぶことができます。ネットやメール、SNS、Officeソフトでの書類作成などの一般的な作業であれば、Intel UHD 620を搭載したモデルで大丈夫です。

ゲームをしたりデザインなどの高いグラフィックス性能を要する作業をするのであれば、NVIDIA GeForce GTX 1650を選択すると良いでしょう。

Microsoft Office Home and Businessを搭載したモデルを選択することができます。Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteが含まれていますので、ビジネス用途にも問題なく使えます。




Lenovo Ideapad S540(15)の外観チェック


Lenovo Ideapad S540(15)の外観をチェックしてみましょう。

天板はとてもシンプルです。Lenovoのロゴが隅っこに小さくあるだけです。マグネシウム合金の色合いも良い感じです。




スリムにできています。




正面から見たところです。
















ディスプレイは180度まで開くことができます。




後方から見たところです。









右側面です。




左側面です。





手前側です。





後ろ側です。








まとめ


Lenovo Ideapad S540(15)は15.6インチのノートパソコンなのに、重さが1.7kgととても軽く、性能面、デザイン面でもとても高いクオリティだなと感じました。液晶ディスプレイの品質も高いですし、周辺機器との接続も問題ありません。

これだけの高いレベルを持つノートパソコンが、最安で5万円台から購入できるのが本当にすごいなと思いました。

非常にお買い得なノートパソコンだと思います。

直販サイトでは割引クーポン(Eクーポン)があり、割引価格で購入できます


詳細はこちら → Lenovo Ideapad S540(15) (直販サイト)






  1. [レビュー]レノボIdeapad S530は軽量でシンプルなデザインのノートパソコンン
  2. 持ち運びに便利なおすすめの軽量ノートパソコン

このエントリーをはてなブックマークに追加












プライバシー・ポリシー