ホーム » おすすめ » HP ENVY 13レビュー

HP ENVY 13レビュー スタイリッシュな軽量ノートパソコン



HP ENVY 13は薄いボディにオシャレなデザインが施されたノートパソコンです。見た目だけでなく中身も良く、高速に動作するのでとても作業がはかどります。

A4ノートと同じ13.3インチの大きさで、重さは約1.27kgの持ち運びにも便利です。IPS液晶が搭載され、鮮やかな表示が可能です。指紋センサーも搭載されているので、外出先に持ち運んで使う際にもセキュリティが高められ安心です。

今回HP ENVY 13を使ってみましたので、レビューをご紹介します。


当サイト限定割引クーポン配布中です。7%の割引(金額合計が12万円以上が対象)となります。詳しくは下記リンクをご参照ください。ENVY 13は個人向けモデルになります。

当サイト限定割引クーポン → HP限定クーポン


詳細はこちら →  HP ENVY 13 (直販サイト)




このページの内容



  

13.3インチの軽量でスッキリした薄いボディ


HP ENVY 13の重さは約1.27kgです。1kgを切るタイプのものと比べると重いかもしれませんが、それでも十分に軽量で持ち運びがしやすいノートパソコンになります。


実際、下の写真のように、女性が片手で簡単に持ち上げることができました。カバンに入れて持ち歩いても、疲れることは少ないでしょう。





厚みは一番薄くなっている部分で15mm、一番厚い部分でも16.5mmでした。文庫本よりも薄くなっていて、とてもびっくりしました。以下で少しずつ解説していきますが、実際に薄型軽量化する工夫が随所に施されていました。






サイズは13.3インチです。A4ノートとほぼ同じ大きさです。仕事で使うA4サイズの資料やノートなどと一緒にしても、同じ大きさなので持ち運びがしやすいですね。












  

おしゃれな雰囲気があるデザイン


ボディはシルクゴールドと言われる上品なゴールド色で覆われています。下の写真のように、キーボードや天板の部分もゴールドになっています。きらびやかというよりは抑制が効いた上品さが感じられます。




背面部分にはダマスカス鋼模様となっています。ダマスカス鋼の模様は高級ナイフや包丁によく使われるデザインです。目に入りにくい背面部に施すことによって、細部へのこだわりと、さりげないこだわりが感じられて、オシャレな感じがしました。




素材はアルミニウムでできていますが、表面には梨地処理という滑らかさを出す加工がされているようで、肌触りが良いです。また、ボディが薄いので、スタイリッシュな雰囲気も感じられました。






高い性能を持ち、仕事にスピードが出る




ENVY 13にはベーシックモデルとスタンダードモデルの2種類が用意されています。

ベーシックモデル:Core i3-8130U、メモリ4GB、SSD 256GB (PCIe NVMe M.2)

スタンダードモデル:Core i5-8250U、メモリ8GB、SSD 256GB (PCIe NVMe M.2)

両者はCPUとメモリ容量の違いしかありませんが、どちらも高い性能を持っています。ベーシックモデルよりもスタンダードモデルの方が性能は高くなります。


特にSSDがPCIe NVMeタイプのものになっているので、非常に高速でした。今回のレビューではCore i3-8130U、メモリ4GBのベーシックモデルを利用してみましたが、パソコンやソフトウェアの起動はとても高速で、ストレスを感じませんでした。インターネットをするのも動画を見たり、画像を見たりするのも快適でした。Officeソフトを使った書類作成なども問題ないでしょう。


格安ノートなどで多く見られるCore i3とメモリ4GBの組み合わせだと、スピードがあまり出ないことが多いのですが、ENVY 13はPCIe NVMeタイプのSSDというのが効いているのか、とても快適でした。見た目だけでなく、スピード感もスッキリしているなと感じました。





スタンダードな日本語キーボード


キーボードはキーの配置や大きさなどにイレギュラーなところがなく、とても入力しやすかったです。最近のノートパソコンでは、一部だけ大きさの変わるキーが並んでいるものも見られるのですが、ENVY 13ではそのようなこともなく、とても使いやすいと感じました。




キーとキーの間隔は約19×18.7mm(縦×横)、キーを押したときの深さは約1.3mmとなっています。窮屈な感じはまったくなく、打鍵感もしっかりと感じられる良いキーボードだと思います。





タッチパッドです。十分な広さがあり、問題なく使えると思います。







鮮やかな表示とタッチ操作が可能なIPS液晶ディスプレイ


液晶画面を取り囲む額縁の部分が細くなっていて、非常にスッキリとした印象が感じられました。実際、額縁の部分を狭くすることによって、液晶自体の大きさはそのままでサイズを小さくすることができますし、そうすると重量も軽くなります。

実際下の写真のように、額縁の部分が細くなっていることがわかると思います。

搭載されているのは、IPS液晶となっています。上下左右どの角度から見ても綺麗な色合いで表示され、とても見やすいです。

正面から見たところです。




上から見たところです。




横から見たところです。





このディスプレイはタッチパネルとなっているので、指で触れて操作することもできます。

外出先にパソコンを持ち出して使用するときには、駅の構内で使用するなど、パソコンをしっかりと置く場所が確保できないこともあります。そのような場合に、画面に触れて操作できると非常に便利です。




Skypeミーティングやオンラインチャットに使えるカメラ搭載


ディスプレイの額縁部分が狭くなっても、カメラはちゃんと搭載されています。

下の写真のように、ディスプレイの上部にカメラがあり、パソコンの前に座った人の顔を映すことができます。




働き方改革などで、在宅勤務が可能になった人も多いと思いますが、カメラが搭載されていることで社内の人とのSkypeミーティングが可能になります。

また、出張先などから社内の人や取引先の人との打ち合わせに参加することも可能になります。




ノイズキャンセル機能があるから、Skypeミーティングでもクリアに伝わる


スピーカーは北欧のメーカーであるBANG and OLUFSEN社製のものが搭載されていて、サウンドコントローラーも同社のものが利用できます。



これを利用すると、マイク入力時にノイズキャンセル機能を利用できるようになります。Skypeなどでネット会議をする際に、周囲のノイズが混じって聞き取れないようなことがありますが、このノイズキャンセル機能を使えばクリアな音を伝えることができるようになります。





他人に勝手に使われるのを防止する指紋センサー搭載


ノートパソコンを持ち運ぶ際には、他人にPCを操作される可能性が高まります。下手をすると大事な情報が洩れてしまうことになります。


指紋センサーがあると、他人に勝手に操作される可能性が著しく減りますので安心です。

指紋センサーは本体の右側に搭載されていて、指を添えるだけで使うことができます。









薄型ノートPCとして、USB3.1(Type-A)ポートが2つ搭載されていて周辺機器との接続もOK


ENVY 13は一番厚い部分でも16.5mmしかない薄型ノートパソコンなのですが、USB3.1(Type-A)が2つも搭載されていて、とても使い勝手が良いです。









USB Type-Aポートは薄型ボディに合うように省スペース化されています。通常の状態は上の写真のようになっているのですが、入り口部分が開くようになっていて、USB機器を簡単に挿すことができます。





一般的なUSBメモリを挿してみました。特に何も考えなくても、簡単に挿すことができました。良い設計ですね。




これほどまでに薄いノートパソコンだと通常はUSB Type-Cポートだけということも珍しくないのですが、スリム化のための工夫がされていてとても感動しました。


USB Type-Aに対応した周辺機器は非常に多いので、このUSBが使えるのはとてもうれしいです。


もちろん、USB Type-Cポートも1つ搭載されていますのでご安心ください。




プレゼン用の出力ポートとフルサイズのSDカードスロットはない


ENVY 13にはHDMIなどの外部出力用ポートや、フルサイズのSDカードスロットは搭載されていません。

もし、プレゼンに使用したい、デジカメやビデオカメラのSDカードを管理したいというような場合には、アダプターを購入することをおすすめします。


たとえば、プレゼンをするのに使いたいという場合であれば、下の写真のように、USB Type-CポートをHDMIポートに変換するアダプターが販売されています。




また、それ以外にも、Amazonなどで下の写真のようなUSB Type-Cポートと接続して、HDMIポートや有線LAN、USBポートなどが使えるようになるアダプターが販売されていますので、必要であれば購入してみてください。




いずれも手のひらに乗る小型サイズのものですので、持ち運んでも邪魔にならないと思います。




バッテリー持続時間は約14時間


バッテリー持続時間は約14時間となっています。非常に長持ちです。一度充電すれば、一日中電源なしで使えます。


ACアダプターは手のひらサイズですので持ち運ぶのも大丈夫です。







性能と仕様


HP ENVY 13のスペックは、以下の表のようになります。


 モデル名 ベーシックモデル  スタンダードモデル 
OS Windows 10 Home   
CPU Core i3-8130U  Core i5-8250U
メモリ 4GB 8GB  
ストレージ
SSD 
SSD 256GB (PCIe NVMe M.2) 
光学ドライブ  なし 
有線LAN
無線LAN ○ 
HDMI
SDカード  micro SD 
USB USB3.1 × 2
USB Type-C × 1 
サイズ 13.3インチ      
液晶 Full HD
IPS液晶
1920×1080
光沢 
タッチパネル+
タブレット変形
タッチパネルあり
タブレット変形なし  
Office Microsoft Office Personal 2016
Microsoft Office Home and Business 2016 
バッテリー持続時間 14時間 
カラー シルクゴールド 
重量 約1.27kg 
保証期間 1年(有償:3年)   
  


今回のレビューではCore i3、メモリ4GBのベーシックモデルを使用してみました。SSDがPCIe NVMeタイプのSSDということもあって、とても高速な動作で使い心地が良かったです。

メモリが4GBなので、いくつもの処理を同時に実行しないのであればベーシックモデルでも問題ないと思います。

ただ、メモリを8GBに増やしておくと、より長い期間にわたって快適に使い続けられると思います。特に、ノートパソコンを外に持ち出して使用する人や、限られた時間でもテキパキと作業をしたい人にとっては、CPUとメモリの性能を上げたスタンダードモデルがおすすめです。

Word、Excel、PowerPoint、Outlookが必要であればMicrosoft Office Home and Businessを選択してください。PowerPointが不要で、Word、Excel、OutlookだけでよければMicrosoft Office Personalを選択してください。




外観のチェック


それでは、ENVY 13の外観をチェックしてみましょう。

まず、天板です。シルクゴールドの天板にHPのロゴが刻印されています。




正面から見たところです。








横から見ると、とてもすっきりしていることがわかります。












パームレストの部分です。ENVYのロゴが控えめに刻印されています。




背面部分にもロゴが刻印され、ダマスカス鋼の模様が見えます。




左側面です。マイク・ヘッドフォン端子、USB3.1、USB Type-C、micro SDカードスロットがあります。




右側面になります。指紋センサー、USB3.1ポート、電源端子があります。




手前部分です。




背面部分です。





まとめ


最初にHP ENVY 13を見て、とてもデザインが優れたノートパソコンだなと思いました。

スッキリと厚みを抑えたボディは上品なシルクゴールドのカラーで覆われ、細部まで緻密にデザインされていて、とてもスタイリッシュだなと感じました。

しかも、肝心の性能もとても高くてキビキビと高速に動作し、非常に使いやすかったです。

13.3インチで重さは1.27kgとなっていて、持ち運ぶのにも便利なノートパソコンです。カバンに入れてサッと持ち出すことができそうです。


当サイト限定割引クーポン配布中です。7%の割引(金額合計が12万円以上が対象)となります。詳しくは下記リンクをご参照ください。ENVY 13は個人向けモデルになります。

当サイト限定割引クーポン → HP限定クーポン


詳細はこちら →  HP ENVY 13 (直販サイト)





  1. HP Spectre x360最新モデルレビュー セキュリティ機能充実の安心ノートPC
  2. Lavie HZ 13.3インチは1kg以下で世界最軽量の持ち運びに便利なノートパソコン
  3. Lavie Direct NMのレビュー~1kgを切るコンパクトなモバイルノートPC
  4. 1kg以下の超軽量ノートパソコン
  5. SIMフリー/LTE対応ノートパソコン
  6. HP EliteBook 820G3レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加












プライバシー・ポリシー