ホーム » おすすめ » dynabook RZ63レビュー 出張やプレゼンに強い軽量ノートPC

dynabook RZ63レビュー 出張やプレゼンに強い軽量ノートPC



dynabook RZ63はA4ノートとほぼ同じ13.3インチの大きさで、カバンに入れても他の書類と違和感なく収まり、持ち運んでも疲れにくい重さ1.2kgの軽量なノートパソコンです。

Wi-Fiでも有線でもインターネットに接続することができ、プレゼンはHDMIでもVGA(RGB)でも標準でどちらでも対応することができます。

CPU、メモリの性能も高く、非常に快適に動作します。外に持ち運んでも、ストレスのないキビキビとした動作なのでとても仕事がはかどります。

dynabook RZ63を実際に使用してみましたので、レビューをご紹介します。


東芝の無料会員になると、表示価格よりも大幅な割引価格で購入できます。

詳細はこちら →  dynabook RZ63/F (直販サイト)




このページの内容



スペックの確認 高性能CPUと大容量メモリを選択可能だからサクサク快適な動作


dynabook RZ63のスペックを確認してみましょう。

OS Windows 10 Pro
Window 7 Professional 
CPU Core i3 / Core i5 / Core i7
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB
光学ドライブ -
有線LAN
無線LAN
指紋認証
(ただし、Windows 7 Professionalを
選択した場合は搭載されない。)
グラフィック インテルHD
液晶  フルHD液晶 / HD液晶
Office 選択可 
Office Home and Business Premium  
HDMIポート
VGAポート
重さ  約1.2kg
カラー コスモシルバー
保証期間  1年(有償:3年/5年)  


今回のレビューで使用したのは、以下のものです。東芝様よりお借りしました。

モデル名:dynabook RZ63/C
CPU: Core i7
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 512GB


CPUもメモリもハイスペックな構成で、非常に高速に動作しました。パソコンの起動も5秒程度で、アプリケーションの起動やネット閲覧もサクサク動作しました。


dynabook RZ63はCPUにCore i3 、Core i5またはCore i7を選択することができます。Core i7の方が処理性能は上ですが、Core i5でも十分に性能が高いです。メモリは4GBから選択でき、8GBまで積むことができます。


CPUはCore i5、メモリは4GBを選択するとスタンダードな構成になります。Core i5で8GBにすると、とても快適に使用することができます。8GBのメモリがあると、複数のアプリケーションを同時に使用してもサクサク動作しますし、少々重い処理を行ってもパソコン自体の動作が遅くなることもあまりありません。

また、今後OSやソフトウェアがより高度化して多くのメモリが必要になっても、8GBあれば十分に対応できます。そのため、余裕があればメモリは8GB以上を選択することをおすすめします。



13.3インチ、約1.2kgの軽量ノートPCで持ち運びしやすい


dynabook RZ63の重さは約1.2kgです。光学ドライブが搭載されていないため、dynabook RZシリーズの他のモデルと比べても軽量です。1.2kgは持ち運びしやすい軽さです。カバンに入れても肩が凝らない重さで、女性でも持ち運びしやすいです。


サイズは13.3インチで、下の写真のようにA4ノートとほぼ同程度の大きさです。仕事ではA4ノートを使ったり、A4サイズの紙を持ち歩くことが多いと思いますが、それらと一緒にカバンに入れもぴったり収まりますので、かさばることはありません。






下の写真は、実際にカバンに入れてみたところです。dynabook RZ63の上にA4ノートがあります。写真のようにA4ノート違和感なくカバンの中に収まっているのがわかります。




ノートパソコンをカバンから少しだけ出してみたところです。サイズ的にも、カバンにぴったりと収まります。





Wi-Fiでも有線でもネット接続が可能


最近はWi-Fiが当たり前のように使えるので、ノートパソコンを持っての移動中や、カフェなどで無線LANを使用してインターネットに接続することは簡単になりました。しかし、Wi-Fiで接続するときはセキュリティや通信料を気にしなければならなかったり、またビジネスとして、顧客先でノートパソコンを使用する場合には、無線LANでの接続が許可されなかったりする場合もあります。


そのようなときに、有線でのインターネット接続ができると非常に重宝します。dynabook RZ63には有線LANポートが搭載されていて、LANケーブルを挿すだけでインターネットに接続することができます。出張先でインターネットに接続しなければならなくなったときに、有線、無線のどちらでも対応できるのは非常にありがたいです。有線LANポートが無いタイプのノートPCでは、有線LANアダプターを常時携帯しなければならず持ち運ぶのを忘れる心配がありましたが、dynabook RZ63はもともと有線LANポートが搭載されているので、そのような心配はありません。安心して出かけることができます。







カメラを搭載していて、スカイプミーティングも可能


天板を開くと顔の正面に位置する場所にカメラが搭載されています。これを使えば、WEBを使ったスカイプミーティングも行うことができます。






HDMIポートもVGA(RGB)ポートも搭載しているから、プレゼン対応も万全




プレゼンを行う場合には、HDMIもしくはVGA(RGB)ケーブルをパソコンに挿して、モニターやプロジェクターに出力することが多いです。最近のモニターやプロジェクターにはたいていHDMIポートが搭載されているので、HDMIさえあれば問題ないことが多くなってきてはいますが、まだまだVGA(RGB)しか使用できない機器も多く使われています。


社内などの特定の組織の中だけであれば、どのような出力様式に対応した機器があるかはあらかじめ判断できるので、必要な外部出力ポートを選択できるのですが、ビジネス用途として顧客先でプレゼンを行う必要があるような場合には、HDMIとVGAの両方に対応できるようにしておくと、顧客からの印象も良いですし仕事の話も早く進みます。


その点、dynabook RZ63にはHDMIポートとVGAポートの両方が搭載されていて安心です。持ち運びに便利な軽量ノートPCはたいていHDMIポートだけしか搭載されていなかったり、まだまだマイナーなminiDisplayポートだけしか搭載されていないことが多いので、両方の出力形式に対応しているのはうれしいポイントです。




快適に入力できるフルサイズキーボード搭載


ノートパソコンのサイズが小さくなるときになるのが、キーボードの打ちやすさです。dynabook RZ63のキーボードは、キーの間隔が19mm、キーを押したときの深さが1.5mmで、フルサイズのキーボードと呼ばれる物が搭載されています。15インチ以上のノートパソコンで搭載されているのと同じタイプのものになっていて、ゆったりとした感じで打鍵感を感じながらタイピングできます。




キーボードを拡大したものです。




キーボードをよく見ると、アルファベットのキーは問題ないのですが、Enterキーのすぐ左横のキーとBACKSPACEキーと「0」キーの間の3つのキーが若干小さくなっていますが、使用頻度が低いのであまり問題になることはないでしょう。また、入力することがあっても、しばらく使っていると慣れてきます。




そのほかファンクションキーや矢印キー、Shiftキーや半角・全角切り替えキーも、一般的なサイズになっていますので使用にあたっても問題は無いといえるでしょう。






持ち運びに便利なサイズに収まっていながら、キー入力がしやすい作りになっているので安心です。







14時間のバッテリー持続時間と小型ACアダプター


dynabook RZ63はバッテリーの持続時間が最大で14時間もあります。バッテリーをフルで充電していれば、ACアダプターを持たなくても一日中作業ができる安心感があります。ネットやメール、Officeを用いた書類作成程度であれば、ACアダプターなしでもいけそうです。


ただ、そうはいっても複数のアプリを起動しながら作業したり、重い処理をするような場合には、バッテリーの減りも早くなります。大事な仕事のときなどで失敗できないような場合や数日間ノートパソコンを持ち運ぶ必要があるような場合には、どうしてもACアダプターによる電力供給は必要になります。


ACアダプターを持ち歩く必要がある場合でも、dynabook RZ63のACアダプターは非常に小型で軽量です。下の写真のように、手のひらに収まるサイズで、とても軽いです。パソコン自体も軽い物ですが、さらにACアダプターも小型で軽量なので、持ち運びに便利にできています。







ボイスレコーダー搭載で議事録の作成も簡単


会議の議事録を作成するときなど、もう一度内容を振り返りたいときがあります。そのときにdynabookに標準でインストールされているTrue Recorderというボイスレコーダー用アプリを用いるととても便利です。




録音状態にもよるのですが、参加メンバーごとの声がビジュアル的に表示され、誰がどんな内容を言ったかということを、あとから振り返ることが簡単にできます。仕事で会議などにパソコンを持ち込む時には、会議内容を記録するための大きな助けになりそうです。





Office搭載なら単独で購入するよりも割安


dynabook RZ63を購入する際には、Officeの有無を選択することができます。Office Home and Business Premiumの搭載・非搭載を選択できます。Office Home and Business PremiumにはWord, Excel, PowerPoint, Outlookが含まれていますので、書類作成や閲覧などビジネスで必要な作業に対応できます。


Office Home and Businessは個別に購入すると約37,000円かかります。一方で、dynabook RZ63の場合は本体と同時に購入するとOfficeを19,000円で購入できます。Officeの購入を検討しているのであれば、同時に購入する方が割安になりお得です。





外観のチェック


それではdynabook RZ63の外観を確認してみましょう。

まずは、天板を閉じたところです。コスモシルバーの色合いが落ち着いた高級感を感じさせます。




前方斜めから見たところです。




横から見ると、本体は薄くてスッキリしています。




後ろ側から見たところです。







左側面です。電源端子接続部、VGAポート、HDMIポート、USB3.0ポート、マイク・ヘッドホン端子が搭載されています。




右側面です。
SDカードスロット、USB3.0ポート×2、有線LANポート、セキュリティロックスロットが搭載されています。SDカードスロットはフルサイズのものです。




本体手前部分です。




本体背面部です。




まとめ


dynabook RZ63は持ち運びに便りな薄くて軽いノートパソコンです。光学ドライブは搭載されていない分、同じdynabook RZシリーズの他モデルと比べても軽くなっています。A4ノートと同じくらいの大きさでバッテリーも14時間と長持ち。ACアダプターは手のひらサイズの小型で軽量なタイプです。


インターネットには有線でもWi-Fiでも接続でき、外部出力はHDMIでもVGA(RGB)でも対応できるので、外に持ち出したときにどんな環境になっても困ることがないという安心感があります。


仕事などでノートパソコンを外に持ち出すことが多いような場合には非常に便利ですので、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。


東芝の無料会員になると、表示価格よりも大幅な割引価格で購入できます。

詳細はこちら →  dynabook RZ63/F (直販サイト)





  1. Lavie HZ(D) 11.6インチはLTE通信可能でタブレットにもなる持ち運びに便利な2in1 PC
  2. MacBook Proは持ち運びに便利で高性能なノートPC
  3. Macbook AirとMacbook Proの比較~旅行や出張などに最適!
  4. 持ち運び用ノートパソコンに潜む故障のリスクとは?
  5. 国内・海外のホテルでノートパソコンを使う時に気をつけたい5つのこと
  6. カフェや空港など公衆wifiの危険性とセキュリティ対策
  7. 出張や旅行時に安全にインターネットに接続する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加












プライバシー・ポリシー